育児期の虫歯予防について

 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌はいません。  
 当然虫歯菌がいなければ、虫歯になることも有りません。
 それでも虫歯を多く持つ子供さんがいるのは何故でしょう。いったい虫歯菌はどこから出てくるのでしょう。

 それは、お父さんやお母さんが子供に虫歯菌をうつしてしまったからなのです。赤ちゃんと同じスプーンで食事したり
自分が噛んで柔らかくしたものを赤ちゃんにあげたり、キスをしたりした時に、お父さん、お母さんの口の中から
虫歯菌がうつってしまったのです。
 子供さんが虫歯になったのが自分たちのせいだなんて、驚いたことだと思います。

 ここで一つ間違えないで欲しいのは、「虫歯菌に感染したからといって必ず虫歯になるわけではない。」ということです。
虫歯は、虫歯菌、糖分、そして歯の質の三つの要因が重なってできるものです。だからそのうちの一つを排除すれば
虫歯にはなりません。つまり、フッ素などで歯の質を強くしたり、糖分を制限したりすることは虫歯予防として有効です。
そして虫歯菌の量を0に近づける事も、究極の虫歯予防といえるでしょう。

 最愛の赤ちゃんを虫歯から守るためにして頂きたい事。
赤ちゃんにキスをするな、とか同じスプーンで食べ物をあげないで、なんてことは言いません。
それはとても大事なことだと思います。どうぞたくさんしてあげて下さい。
大切なのは、まず、お父さん、お母さんが自分の口の中に興味を持ち、そして責任を持つことです。
最低限、虫歯の治療をしっかりとして、毎日の歯磨きもきちんと行ってください。
そしてできれば、3DSで虫歯菌の除菌をしてもらいたいものです。
(本当は、お父さん、お母さんだけでなく、お祖父さん、お祖母さんや保母さんたちも併せてまわりの大人たち皆に)
特に注意するのは、1歳半から2歳半くらいの時期です。
この頃に特に注意して感染を防げれば、虫歯菌以外の善玉菌の勢力が強くなり、虫歯菌にとって
居心地の悪い口の中が出来上がります。
そして虫歯にはなりにくくなるというわけです。

      


コラム1 目次に戻る

topに戻る