妊娠中の歯の治療について

 前述のように妊娠中という時期は歯が悪くなりがちであり、また以前よりの虫歯、歯周炎などが
突然痛み始めるという事もあるかと思います。それでは、そういう時期に歯科治療はできるものでしょうか。
不安のある方も多いかと思います。

 時期を分けて考えると、歯科治療の刺激により胎児がもっとも影響を受けやすいのは妊娠初期(〜3,4ヶ月)です。
また妊娠後期(9,10ヶ月)では、出産に向けて準備が整いつつある母体への影響が強くなることがあります。
そのために、この2つの時期の歯科治療は、主に痛み、病状の進行を止めるといった応急処置がメインとなります。
 しかし、安定期となる妊娠中期(5〜8ヶ月)では、殆ど通常どおりの歯科治療が可能です。
殆どの妊婦の方は、育児のために出産後もしばらくは治療のための通院が困難であることが多いので
必要な治療は相談のうえ計画を持って、この時期に行うことがよろしいと思われます。

 その際に、色々と気にかかる点がある事と思います。
それを一つずつ説明して行きましょう。

* レントゲン撮影の影響
    歯科のレントゲンは、もし妊娠に気がつかずに撮影したとしても、まず心配はありません。
   それはまず歯科のレントゲンはその線量が小さいこと、放射線は直進性があるので口の中を撮影した
   レントゲンが子宮の中の胎児に当たることは殆ど無いこと、口と子宮は離れているためにもし子宮まで届いた
   レントゲン線があっても、その線量は距離により大幅に減少してしまうことなどの理由によります。
   そして、その上に防護プロテクタを使用するので全く問題は無いのです。
   しかも当院の様にデジタルレントゲンを使用した場合、その線量は1/5ほどで充分なのでさらに安心です。

* 麻酔注射の影響
    すこし深く進行してしまった虫歯の治療や抜歯などの外科的処置の際に痛み無く治療を行うために
   麻酔は不可欠なものです。
    妊娠期の使用に関しては、歯科の通常の使用量であれば、母体、胎児への影響は
   非常に少ないものと考えられています。
    しかし、治療行為、特に注射に対して恐怖感があり、非常に緊張してしまいやすい方は
   呼吸切迫感を感じるようになったり、貧血を起こすこともあるので、慎重に行う必要があります。

* 薬剤の影響
    薬剤に関しては、妊娠期に適応とされているものは原則的にありません。
   そのために、なるだけ投与しないですむ方法を考えますが、どうしても必要な場合には、
   説明の上、リスクの少ないものを最小限量だけお出しするようにしています。

という風に、妊娠中でも時期と方法を選べば危険なことはありません。痛みを我慢して悩むことのないように
気になる事が有る様でしたら、ぜひかかり付けの歯医者さんに相談するようにしてはどうでしょう。
    

コラム1 目次に戻る

topに戻る