歯周病と早産、低体重児出産

 近年、早産、低体重児出産の割合が増加傾向にあるようです。
 以前より、妊婦の喫煙や多量の飲酒、また何らかの感染症にかかっている場合は、早産、低体重児出産の
割合が高くなることは知られていました。また、他にも出産歴、精神的、肉体的ストレスなども要因として
考えられていましたが、それから、新たに歯周病がその危険因子として注目されています。
 胎児は、母親の羊水の中にある”プロスタグランジン”という物質がある一定量に達したときに、出産されるのですが
歯周病の原因菌の一つであるグラム陰性菌の産生する内毒素や炎症性のメディエイターにより
女性ホルモン量が増加し、それにより羊水中の”プロスタグランジン”も増加するために、子宮が収縮し
早産が引き起こされるようです。
 あるアメリカの先生のの研究報告では、歯周病のないグループに対して、中、重症の歯周病のあるグループでは
早産、低体重児を出産する確率は七倍ほどにも高くなるということです。

 以上、虫歯や歯周病についてお話しましたが、それではどうすれば良いか
”お母さん”になるまでに気をつけて頂きたいことを簡単にあげておきます。

 虫歯や歯周病の治療、予防をおこなう
     安定期(5ヶ月から8ヶ月くらいまで)なら殆どの治療は問題なくおこなえます。

 バランスのとれた食生活を心がける
     まず砂糖を取りすぎないこと
     乳歯の殆どは妊娠中に作られます。お子さんに強い歯をプレゼントするためにも、お母さん自身が
    健康でいられるよう、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

 正しい歯磨きの方法、習慣を身につける
     特に、つわりのある時期には歯磨きはおろそかになりがちです。
    小さ目の歯ブラシを使ってみたり、抗菌剤入りのうがい薬を併用したりすることで乗り越えてください。 

コラム1 目次に戻る

topに戻る