HOME

プロフィール

活動内容

入会案内

Q&A

会則等諸規定

 

里山からヒマラヤまで

 

盛岡山友会のプロフィール

 

  盛岡山友会が大切にしていることやこれまでの歩みを紹介します。


 盛岡山友会は、19869月に山登りと自然が好きな仲間13人が集まり、民主的な運営を

基本とする山岳会として誕生しました。ここでは、盛岡山友会の基本理念や歴史を紹介します。


■はじめに

 盛岡山友会は、19869月に登山と山岳自然を愛する仲間13人で結成されました。
民主的な運営を基本に、年齢性別を問わず幅広く会員を受け入れ、オールラウンドの山岳会
として活動を続けています。

 現在の会員は、およそ120名。年間に約400回の山行を行なっています。「里山からヒ
マラヤまで、安く、楽しく、安全に」のモットーを名実共に実践しています。

 2011年には25周年を向かえました。登山愛好者のニーズの変化に柔軟に対応しながら、
地域に根ざした山岳会として大きく飛躍することを目指しています

 

■会の基本方針

 1998年に、会の持続的な発展を目指し、次のとおり基本方針を定めています。

●民主的運営によるオールラウンドの山岳会づくり

 盛岡山友会は、市民に開かれた民主的山岳会として、年齢、性別、経験を問わず、登山と自然
を愛する仲間を広く受け入れ、オールラウンドの山行活動を実現する総合的な山岳会を目指しま

●会員は自立を目指し会はそれをサポート

 安全登山の実現のため、会員は自立した登山者をめざし、会は会員の自立をサポートする
役割を担います。

●全員参加の会運営

 会の大型化や要求の多様化に対応し、常に運営システムを見直しながら全員参加の会運営
を目指します。

■会の運営体制

 盛岡山友会の運営は、会員の全員参加による運営を基本としています。

 具体的には、4月の定期総会で決定する活動方針に基づき、同時に選ばれる四役(会長、
副会長、事務局長、チーフリーダー)と運営委員(2011年度は25名)による運営委員会
が会運営をリードしながら、会員は専門部会(山行企画、教育遭対、組織、自然保護、会報、
事務局)のいずれかに所属し何らかの役割を担っています。

 また、山行企画では、会員の自主性に基づく“志向別山行グループ”の活動を奨励し、会員
のさまざまな登山志向に応えるような仕組みづくりを行っています。

 

■会の基本理念

 盛岡山友会は、山と自然を愛する市民でつくる山岳会として、活動の基本理念を定めてい
ます。1986年の会結成以来、この基本理念の下で様々な活動を行っています。

●民主的会運営

 会は会員のもの、会員全員による手作りの民主的会運営が基本です。

●自立した登山者を目指す

 会は旅行代理店ではありません。会員各自が一人前の登山者となることを目指します。

●安全登山の徹底

 登山は大自然のスポーツです。常に危険が潜んでいます。遭難事故を未然に防ぐため、安
全登山の徹底を図ります。

●山岳自然の保護

 自然にやさしい「ローインパクト」の登山に徹するとともに、山岳自然を守る活動を行い
ます。

 

■会の将来ビジョン

 基本理念と基本方針のもとで、1999年には会の将来あるべき姿を「会の将来ビジョン」
として明らかにしています。

 

会の将来ビジョン


◆会員の自発的企画で様々な志向に応じた山行活動

会員の自発的な企画で、様々な登山志向に応じた
山行活動が会全体のものとして実施されていること


◆系統的技術教育で全会員がセルフレスキュー技術習得◆

 登山の技術教育が系統的に行われ、全ての会員が
セルフレスキューの技術と知識を身につけていること。


◆常設の遭難救助隊による捜索救助体制◆

 会に常設の遭難救助隊を組織し、遭難事故等の
発生に対して的確な捜索救助体制がとれること。


◆山岳自然保護の自発的取組み◆

 県内の山岳自然の実態を常に把握し、破壊行為や破壊現象等を発見した
ときは、いち早く問題提起し保護活動の先頭に立って活動すること


◆会員全てが対等な関係による民主的会運営◆

 年齢、性別、志向、技術の違いに関わらず、会員が対等の
立場で議論できる民主的運営が行われていること。


◆登山の普及や遭難事故防止の社会貢献活動◆

 未組織登山者を対象とした登山教室を開催するなど、登山の
普及と遭難事故防止のための社会的役割を果たしていること。

 

 

 


 

■会の歴史

 19869月の会結成以来、多くの仲間との出会いがあり、様々な経験を経て今の盛岡山
友会があります。その歩みを年表で簡単に紹介します。

年度

会員数

山行回数

主な出来事

結成86.9

13

910日県公会堂で結成
総会で日本勤労者山岳連盟への加盟を決定

1986年度

27

3

結成記念登山実施
(岩手山/柳沢コース・不動平小屋1泊)

1987年度

30

14

岩登り講習会の開催(会内部)
登山領域の拡大

1988年度

40

22

初級登山教室(一般向け)の開催
会員増加のきざし

1989年度

47

29

ハイキング部と技研部の2部体制
分野別山行活動の強化

1990年度

50

43

自然保護部の設置
ブナ全国集会の取組み

1991年度

69

52

リーダー会の設置
5
周年記念事業の取組み〔田部井淳子講演会他〕

1992年度

88

51

5周年記念ネパールトレッキングの実施
機関紙「あかげら」の紙面拡大等で内容充実

1993年度

94

45

遭難対策プロジェクトの設置
運営組織の見直し

1994年度

100

88

学習・教育活動の充実
(岩登り・冬山の入門講座、ミニ講座等)

1995年度

102

98

「あかげら」が全国連の会報賞受賞

1996年度

109

111

10周年記念事業の実施(内外記念山行、講演会、記念誌、記念品、祝賀会)
ヨーロッパアルプス山行実施(マッターホルン他)

1997年度

115

211

安全登山の徹底(ハイキングの定義を無くし全て登山と位置付け)
山行回数の飛躍的増加

1998年度

124

254

山行・教育・遭対部門の大幅な組織の見直し
(山行企画部・教育遭対部の新設)

1999年度

133

352

志向別山行グループ制の導入
山行回数が会の歴史上最多

2000年度

121

267

初の会員減少(活動停滞会員の円満退会)

2001年度

123

242

15周年記念事業の実施(内外記念山行、記念誌、写真展、祝賀会)

2002年度

119

240

20代の会員が増え、平均年齢の上昇に歯止め

2003年度

126

222

外部講師による各種講習会を開催(県連との連携)
雪崩講習会は一般にも公開し多くの参加者あり

2004年度

131

224

志向別グループが新たに三つ誕生し山行活動がさらに多様化
念願のホームページ開設

2005年度

129

207

「全国救助隊集会in盛岡」開催
橋本久さん世界7大陸最高峰登頂(セブンサミッター)

2006年度

138

165

20周年記念事業の取組み
(国内外の記念山行、記念フォーラム、山友会展、記念品、記念誌等)

2007年度

135

180

小さな親切実行章を受賞(岩手山の清掃登山)
会員向け講習会の新たな取組み(山行リーダー講習、シニア技術講習、
ビーコン捜索訓練等)

2008年度

129

305

リーマンショックで100年に一度の世界不況の嵐が岩手にも
山行管理ルールの見直しで個人山行の届出急増

2009年度

121

429

山行回数が1999年(352回)を抜き過去最高を記録
五葉山で釜石労山の会員が行方不明に(捜索協力)

2010年度

118

407

自主的な健康管理を促す健康管理状況届出制度を開始
3
11日に東日本大震災津波が発生(総会を427日に延期)

2011年度

110

348

被災した沿岸地域の支援活動を実施
25
周年記念事業の実施(記念山行、山友会展、記念誌、記念品、祝賀会)

2012年度

111

434

入会者17名、平均年齢が大幅に若返る(過去10年間の上昇傾向に歯止め)
60
歳代の会員中心のバルンツェ遠征実施(会として初の7000m峰挑戦)

2013年度

116

514

市民向けの初級登山教室を初めて市西部公民館と共催
反響大きく申込受付の初日で30人の定員オーバーに
入会者21名で過去最高レベル、山行実施回数も記録を更新

2014年度

128

531

初級登山教室を西部公民館と共催(2回目)

御嶽山で大噴火、登山者63人が死亡・行方不明に

入会者17名で会員大幅に増加

2015年度

123

547

御嶽山事故を受けて一般ルートでもヘルメットの着用が進む

山行回数547回は過去最高を記録

事故・ヒヤリハットが20件、うち事故6件→事故防止の対策強化

2016年度

103

383

冬山入門講座の義務化をめぐり初の臨時総会(㋅)開催

創立30周年記念事業を実施(国内外山行、記念講演会、展示会、記念誌、
記念品、祝賀会)→講演会「山に魅せられて」阿部陽子さん(来場340名)