TOPあかげらの表紙>第202号

今月のあかげら/第202号(2005年08月)
表紙のことば
 あかげらの表紙の絵を描くことになり、まず最初に思ったのは「困った・・・」。絵を描くことは嫌いではないけれども、勉強したわけでもないし、あくまでも自己満足の世界。まあ、でも、いいか!
というわけで、記念すべき絵は「岩手山」です。

 自分の部屋の窓から、通勤途中から、職場からといつも岩手山が見えています。旅行から帰ってきた時など、岩手山が見えるとホッとします。そして、山に登るようになって、四季折々、いろいろな姿の岩手山に会うことが多くなり、楽しみになりました。

 ある日、すっきりと澄みわたった青空に岩手山が凛と映えていて、とてもキレイでした。
 
 「岩手山」はわたしに元気を与えてくれます。

                   (301 久保 加世子)