TOPあかげらの表紙>第200号

今月のあかげら/200号記念(2005年06月)
表紙のことば
 独特の甲高い鳴き声が山々に響き渡るアカゲラ、その声の主の名を知らずともその鳴き声は山に登る人なら誰もが一度は聴いているのではないでしょうか。

 木の葉のない季節に鳴き声を頼りに探すとたまに見つけることができるのですが、そんな時はとてもラッキーな気持ちになるものです。白と黒のモノトーンに、頭のてっぺんと腹部の赤、タンチョウ鶴と同じ配色のその赤が林の中でより際立って見えます。

 新緑の美しいブナの森の中で度々耳にするアカゲラの鳴き声、遠くに近くに聞こえるドラミングの音が木々の梢に反射して歩む体をも突き抜けていく。山の自然の豊かさの中に身を置いていることを感じさせてくれるひと時です。

                絵:柴田 勝  言葉:田中弘美