高千穂峡

高千穂大橋の駐車場から長い急階段を降りて行くと、川の両脇が絶壁の美しい風景が見えて来る。

川の上流〜下流へ遊歩道を歩き、真名井の滝が反対側から見える「御橋」迄の折り返コースである。

駐車場から約10分歩いて橋を渡ると、程なく左下の風景が見えて来るが、ロープはボート止の様だ。

その前方には大きな石が見えるが、これを「鬼の力石」と言うが、力試しに鬼が転がしたのであろう!

  

真名井の滝

「鬼の力石」を通過すると、いよいよ強い日差しの下方に、あの「真名井の滝」が見えて来た。

写真では良く見た風景だが、撮影ポイントによって両岸の開き具合が変わるが何れも美しい

  

撮影ポイントを通過すると、真横からの「真名井の滝」が見えたが、このアングルの方が神秘的だ。

終点の「御橋」からの撮影だが、日差しが強すぎて滝全体の撮影が思う様に出来なかった。

玉垂の滝

水車の後方には道路が通っており、山手の岩の隙間数箇所から「玉垂の滝」が落ちてる。

写真はその一部の写真であるが、この源流が池を経由して「真名井の滝」となる。

関之尾滝へ