生活環境
河川改修

御 堂 川
 御堂川は、石庭地先からの辻の畑地を貫けて森西と沢の間を通り、一級河川生来川へ流入しています。当河川は、傾斜が緩急でその上曲折し河川の荒廃が著しく梅雨時期や台風による豪雨により度々河川が増水氾濫しました。特に、辻の山の神付近での決壊は、宮川への増水となり上流で氾濫し集落内の道路が川に化したことが度々ありました。このため、当河川の改修を要望していたところ、砂防指定地に編入され昭和49年度から着工され昭和53年度に完成しました。
事業概要
流路工     L=1,902m   236,720千円宮  川

宮    川
 宮川は、辻集落の西側から森西集落内を南北に縦貫し、一級河川生来川へ流入しています。当河川は、蛇行激しくまた緩急が著しく梅雨時期や台風による豪雨により度々河川が増水氾濫しましたが、自警団等区民の必至の警戒により大事を免れました。この為、当河川の改修を要望していたところ、砂防指定地に編入され昭和55年度から着工、住宅や土蔵等の移築の協力を得て昭和63年度に完成しました。
事業概要
堰堤  2基  H=5m  L=38m     24,601 千円
          H=8m   L=57m     49,000 千円
流路工      L=1,509m         445,664 千円
事業費  計                   519,265 千円

山 田 川
 山田川は源を手谷より発し、ガンド谷、一ノ谷、二ノ谷、三ノ谷の渓流と合流し、川原田、黒川を経て、御堂川と生来川の上流で合流し、琵琶湖に注ぐ延長4kmの川であり、常時水はすくなく、雪解け時の春先、五月の梅雨時、秋の台風時は鉄砲水が出て、両側田地があり、天井川の状態の河原田の地先では、古俵を区民が持ち寄り、土俵を積んで危険箇所の守をするなど管理するのに歴代の区長始め、区民はたいへん苦労しました。
 昭和六十三年度より改修が着工されました。嵐の晩の寝ずの番等の苦労せし川の改修完成し、子供孫の代迄、我々の苦労を二度と繰り返さぬよう願っています。
事業概要
堰堤  1基  H=9m  L=61.6m   72,382 千円
流路工            L=670m   149,974 千円
                      山田川            宮川
田屋城
 田屋氏(田谷ともいう)の出自については、不明な点が多いが、源氏の流れをくむ関東の下野の出身であるとする説があります。また、「続日本後期」第三、仁明天皇承和元年(834)五月丙子の条に、「近江国人従五位下、志賀忌寸田舎麻呂等四人、姓下毛ノ朝臣ヲ賜」とあるに基づいて、田屋氏はこの下毛の朝臣田舎麻呂に始まるとする説もあり、この説によれば近江の出身ということにもなります。
 現在「城山」と称する森西の西側の地に現存する城跡は田屋氏の山城であったことは間違いないのですが、その詳細は定かではありません。ただ、海津天神社に残る「海津之城私考」では、田屋城を森西村山城と表現し、「饗庭命鶴丸之ヲ築ク。其ノ後、多屋淡路守世々之ヲ兼守ス。天正ノ比、織田信澄廃城ト為ス。其ノ跡ヲ修履セラルナラン」と述べています。
 京都に残る室町時代の前期の文献「親元日記」寛正六年(1465)九月十日条に次のように出ています。「出雲守寄子、近州海津衆、饗場・田屋・新保此三人上洛、各御樽一荷、鰍十進上御対面」ここで言う寄子とは、地方にある武士や有力な農民をもってした、幕府守護の被官の事です。
 また、大永二年(1522)五月二十八日の「朽木文書」の室町幕府奉行人連署奉書の中に、この三人の名前が出てきています。
 これらのことを考え合わすと、室町期では、現在の町域に、饗場・田屋・新保の三氏が有力な武士としていたであろうと考えられます。特に田屋氏は大處神社と関係が深く、森西か沢に居たことは間違いないであろう。
 湖北の武将浅井家は歴史上に大きく名を記していますが、田屋氏がその浅井家と密接な婚姻関係にあったことはあまり知られていない事実でしょう。
  浅井亮政と正室蔵屋との間の子、鶴千代に婿入りし、浅井新三郎と名乗ったのが、海津田屋氏の明政です。「浅井三代記」に出くる海津長門守政元について、「亮政の婿殿」と記されているので、浅井明政と海津政元とは、同一人物であろうと考えられます。
 浅井三代とは、亮政・久政・長政をいうのであるが、亮政は正室蔵屋との間に男の子がなかったので(早死)嫡女鶴千代に養子を入れ、家督は尼子氏との間に生まれた庶子の久政に譲りました。此の久政の子が浅井長政で、織田信長の妹お市の方を迎えたのです。
 田屋氏と浅井氏と織田氏は、このように血縁で結ばれ、田屋氏と浅井氏は同盟関係にあったと思われます。  尾張の織田、湖北の浅井、湖西の田屋の各氏を結べば、伊勢湾・琵琶湖・若狭湾の線で日本を抑えるという、雄大な計略が見えてくるのです。
 浅井家が、天正元年(1573)の浅井長政小谷落城自刃によって滅ぶと、盟友田屋氏も運命を共にしたともみられ、小谷落城の戦死者の中に田屋一族の名も見られます。
 ところが、大處神社の棟札には、二年後の天正三年(1575)「田屋治郎左衛門尉籐原吉頼一族」十二人の名前が出ています。
 また、「石庭文書写」には、天正四年から五年にかけて、田屋・饗場代官の名が出ています。いずれも、浅井氏滅亡後です。
 これらのことから、浅井明政を中心とする田屋分流は、浅井家と運命を共にし、本家の方は生き残ったと考えられます。中立を保ったためか、あるいは、信長に降伏し、命脈を保ったのかどちらかであろうと考えられます。
 天正十年(1582)織田信長の死後、豊臣秀吉は柴田勝家との決戦(賎ヶ岳の戦)に備え、丹波長秀に命じ、森西・沢・知内浜の三城を修復させたと伝えられるのが、歴史上で最後に登場する田屋城に関しての事です。
 田屋城跡では郭の周囲の大方を堅固な土塁で囲む黒構え(土塁を高くして外から見透かされないようにした城構え)となっています。
                                                 
西方山極楽寺
 浄土宗鎮西派黒谷金戒光明寺の末寺にて、宝徳元年の創立なるを以て初め宝徳山と称えたり。後、延徳三年四月本山より山号を西方山と改称せらる。
 天正六寅年本堂を再建し、又安永四年五月再建し、現在の建物即ち是なり。
 鐘堂は享保二年七月再建す。梵鐘は享保四年七月二十五日鋳造す。
                                                                                                           
大處神社
 祭神は大地主大神で、淡海帝九年の創立です。
 古来大處郷の産土之神として、海津西浜間にある庄堺川以南西庄村全部、百瀬村新保以北の総社であり、春四月初午の日に例祭を奉仕し、西庄村蛭口の御旅社である村社日枝神社へ御輿を為し、秋の神事は厳格なる古式により十二月初午の日、暁の刻に古例神事を奉仕し、森西中に於いて神事御斎田を設け、厳重な斎戒の上御酒御餅奉献し、終わって当家で直会式が行われてきました。
 今は森西、沢、辻、石庭の氏神であり春の例祭は四月二十二日に奉仕し、古来と同じ日枝神社へ御輿二基の渡御があります。
 秋の神事は十二月十六日の早朝に古例のとおり御酒御餅を奉献し、終わって当家で直会式が行われてきたが、昭和五十九年より現在のように直会式のみ改正されました。
 由緒は延喜式神明帳に記載される近江国高島郡三十四座の内の一つで、郷名も大處郷であることは近江国高島郡十郷の内の一つであると和名抄に見られます。
 社伝に大處神社社地及び其の近傍での大地主大神営田の時、白猪白馬白鶏を以て御歳神を祀られたことから、此縁故により祈念祭には献猪の式があった。
 近衛天皇台記に猪のない時は調布八反を以ってこれに代え、貞観武目には近江国より白き鶏一双、豚一頭を奉ったとありますが、遂に其議は絶えています。
 今は当社のみ御供を奉った其の古例を行った御供田として、猪田鶏田馬溝という地名があります。

                                       
 我が集落には、古代より現代に至るまで数多くの歴史的名所があります。これらを沢地先より説明をしながら順に述べてみます。
 
 マキノ町大字沢長法寺この寺の本堂、参門は郡内で指折りの由緒ある立派な建造物でありましたが昭和3年5月3日の大火事で焼失し、そのため平成の大事業として再建中です。沢区の西のはずれには、大處神社八町十一間と書かれた社標があります。

 御堂川は、昭和51年国の災害関連事業で3年間で全線完成した川です。これより春は水仙、秋はコスモスの咲くフラワーロードが続き森西区への入り口へとさしかかります。

 この入り口右側に薬師堂があります。昔は、原山奥の院にあり、田屋山城守吉頼の守り本尊であったが廃城の時に源太夫家に守りを任せたといいます。

 十字路を右に行くと大處神社の馬場、鳥居先にでます。この神社は、淡海帝9年創始の神社です。またこの正面の鳥居は、元禄14年建立されたものです。右には、浄土宗西方寺極楽寺がありすぐ前に宮川が流れています。
 これより西へ進むと昭和57年度より7年間の歳月を経て完成したほ場整備田です。行く途中に水の分岐点があり、稲山隧洞主唱者水口善蔵と書かれた石碑があります。昔田用水不足のためこの場所で水喧嘩が絶えなかったらしい。そこでその遺徳をしのび石碑を建てたといいます。これより案内板があり、左手には白山比盗_社のタブノキの御神木があります。いよいよ城山登山口です。右には、竜神さん、左には荒神さんがあります。この2つの水の神・火の神は、城に上がるものの守り神ではないでしょうか。

 通称湯の山といい、堀のようになっている急な坂道を登ります。これは、城に上がるものの姿が、見えないようになっているらしい。このあたり通称きつね坂といいクランク状の坂道を登ると、一度に夜が明けたように桜が植栽された傾斜地に出ます。少し登ると頂上、田屋城跡の顕彰碑と大手門跡、そして少し上に、周囲は土塁になり中は平に整地されいくつかに区切られた本丸、口の丸、奥の丸、北の丸跡があります。西南の角には、見張り櫓跡もあります。また傾斜地には、数本の縦堀が作られています。少し奥には城に必要な水を貯えるための池の跡もあります。さらに奥に進めば、駒返しがあり、これは、騎馬している敵を攻め落とすための深い縦堀です。平らな道を進めば搦手跡に出ます。城の裏門です。この周辺の松は黒松が多い。これは黒松を神の木として植えたものらしい。ここまでが城跡です。

 この先下がれば山田山、登れば原山と分かれます。

 急な坂道を登りきると湯の花の尾根、花地であり、百瀬川水系の上流と山田川上流の分岐点です。これより平らな道であるが谷川沿いにあるため湿気が多く歩きにくい道です。谷川の終わり近くに大きな岩の間より美しい清水がでているところがあり「大山神」と刻まれた石が祀られている。これを蛇鬼女鬼の水といいます。これより坂道を登れば全体が緩やかな傾斜の峠に出ます。見渡す限りクマザサとススキの草原に高山植物も何種類も見られます。これを面影(尾蒙駆)の馬場といいます。戦国時代は騎馬隊の訓練場であったのではないでしょうか。これより急な坂道で、下ると平らな石が道全体に敷きつめられています。石畳の道です。そこを下ったところが岩蛇谷(イモジャダニ)です。

 山田山地先を下ると稲山隧洞の水取り口(マンボ)です。ここより山をくり貫き本花地先の田用水をまかなうための隧洞です。

 さらに下れば昭和の中期まで水稲を耕作していた段差のある水田跡に出ます。現在は杉の植林地になっています。これを越えると、青地山古墳群です。古代豪族の住居跡ともいいます。

 これより坂を下れば基盤整備を完了した田園地帯に出ます。 
  現在は、国有林となっていますが、昔は炭焼きや刈り干しの山として通ったところであり、牛馬で運搬したと聞きます。江戸時代より森西、辻、沢、知内、新保の5ヶ字の共有財産でした。
 原山へ行く途中、じめじめした谷に出るが、山腹に「大山神」と刻まれた石が祀られていてそこから水が流れ出ています。ここの水は大変おいしく山仕事へ行く人たちの喉をうるおいたことでしょう。また、どんな日照りが続いてもここの水だけは、枯れたことがないそうです。
 森西集落は、昔より水源が貧弱で田に水を入れるのも水番帳を回して、田用水として乏しい水量を効果的に引き入れることに心血を注いできました。
 現在でも畑田は、その方法を取り入れている状態です。
 まして、昔は、今のようにほ場整備もできていない状態だから、田用水の欠乏が多大であったと思われます。
 そのため山田川の上流と城山(田屋城跡)より青地山に至る山地よりこの流水を取水することがいいのではないかと区民の人たちは考えていました。
 そして長年にわたり協議した結果、採掘工事という進歩した方法が考案されるに至りました。
 これらの区民の声を考慮し、水口善蔵氏は、自分の所有する山林より隧洞(トンネル工事)を切り開くということを主張しました。区民共々協力出資をしながら明治28年トンネル水路の工事に着工することになりました。
 しかし、長い年月にわたり工事をしたにもかかわらず、竣工直前になってトンネルの中に何か不完全な箇所が生じ、トンネルはうまくできませんでした。
 水口善蔵氏は、長年の苦労も水の泡かと考えた末、明治32年9月県土木課に再三の陳情を願い、土木技師「小林俊雄」氏の設計を願い、設計書に基づき、選任監督として峯森吉朗氏を頼み改修工事を再び起工し、翌年4月26日竣工式が挙行できました。
 これにより完全な田用水の水路として完成し、古来よりの干害も見ず、またこの用水を利用して新田の開墾もできるようになりました。

                                                 
 この御堂は、慶長年間(1596〜1614 )以前に創建されたもので、大處神社の奥の院にあったとされています。
 また薬師如来は、田屋山城守の守り本尊として武人に厚い信仰がありましたが、田屋城廃城の際その保護を森西で名字帯刀の許されていた藤澤源太夫氏に託したとされています。
 以後藤澤氏は自宅の前に御堂を移し現在まで守り続けています。
                                                                                                               
 この神社は、城山の麓にあるタブノキ(通称ダモノキ)の下に奉られています。
 創建年月日は、御神体に明治2年己己9月30日神主峯森勧請と記されています。
 この神社の由来は、神代より降り積む雪のいや白く、古くより「越のしらやま」として詩や歌に詠まれ、富士山・立山と並んで日本の三名山と仰がれる「霊峰白山」が白山比淘蜷_(しらやまひめおおかみ)の鎮ります神の御山と尊ばれ、有徳の大明神の鎮座まします所としてあまねく崇敬される所であります。
 この霊峰白山の祭りのにわ即ち白山比淘蜷_の遥拝所として、石川県鶴来町に奉斎されている白山本宮・加賀一ノ宮白山比盗_社の分霊社の一つとされています。
 なお、現在森西の地に奉られているこの御社は、昭和56年に管理人藤澤源一氏によって新築されたものであり、元の御社は左側に建築されていたものです。

                                                                              
 森西の西南方、山麓の林を抜けて山田方面に通ずる道を行くと、なだらかな南東斜面の中腹に青地山古墳群があります。中央の溝状の窪地をはさんで、その数およそ30基ぐらい、石材等の露出したものもあり、かなり崩壊が進んでいます。もっとも大きいもので直径が20メートル近くもあり、石室がかなりはっきり残っているものもあります。

                                                                                                                   
農業の振興
 江戸末期より明治、大正年代、毎年春の雪解け水、梅雨の大雨、秋の台風の豪雨には、必ずというほど決壊し田畑が水につかり収穫ができない年も再々あったといいます。村中夜を徹して堤防を守り、隣接集落との喧嘩が絶えなかったという。
 終戦後になり決壊防止の為に黒川、山田川の改修がされたが効果はありませんでした。北の田地は田用水が不足し夜水をして番をし、また水喧嘩が絶えなかったといいます。これらを解消すべく、山をくり貫き水を引き取る(稲山隧洞)を施行、これにより最小限の水を最大限に利用しながら耕地を守り昭和年代の農業の支えとなりました。

 区の耕地は、段差の地形により町数が多く、乾田、半湿田、湿田が等分にあり、農家は家族同様に牛を飼い農作業の原動力としました。この時期の作業行程は、荒起、くね返し、荒しる、つら付、くね返し、畦塗り、植しると少ない水を長持ちさせるために念入りな作業を行いました。また、真夏には川原などで「ほとろ刈り」(草を干して堆肥とする)をし、植しる前に踏込み有機肥料としました。
 収穫量は当時4〜5俵以下でしたが、米作以外に働く場はありませんでした。
 終戦後になって食糧が不足し、米の増産時代となります。
 昭和30年代に入り畑に水を引き水田にする計画ができ、水源は地下水をポンプで汲み上げることを考えました。
 昭和31年沢、辻、森西共同の事業として着工しました。(マキノ町南部土地改良区)この頃より肥料農業が普及し反当たり8俵ぐらい取れるようになり安定した農業経営が望めるようになりました。運搬作業も荷車からゴム車に変わり38年頃より軽四輪トラックも普及しはじめました。農道も毎年のように拡張し機械化農業へと変わってきましたが反面、生産コストが高く、社会経済情勢の変化とともに兼業農家が多くなりました。
 昭和の大事業として昭和56年国、県、町の補助を受けてほ場整備を計画、区民全員の同意を受け昭和57年着工しました。
 昭和63年3月立派に完成し、以降大型機械の作業も容易になり近代農業に対応できる耕地となりました。

平成3年度専業農家4戸、兼業農家15戸、非農家4戸、合計23戸。主な産業水稲、椎茸。

「ほ場整備事業の概要」

地権者数28名  従前地面積220,504u   換地面積218,526u
減歩率87.7% 
集団化      従前地 田地数     171田地
           換地後             75田地
集団化率        67%
従前地筆数      250筆
換地後         105筆
事業費 
 森西   19.1 ha    227,000,000円
 辻      7.0 ha      66,860,000円
合計     26.1 ha
                                         
農業集落排水事業「下水道」
 昭和63年11月1日マキノ西部地区農業集落排水事業促進協議会が発足、下水処理場位置問題についても終日検討がなされ地権者の協力のもと溝田地先に決定、平成2年度より工事に着工平成5年度完成。
事業概要 
計画人口   360人
戸数  84戸 森西  27戸 
辻   18戸
石庭  39戸 
事業費 485,162千円
道 路 整 備
森西集落内(町道区道)拡巾工事
総工費額
昭和50年             1,350,674円
昭和51年             3,029,523円
昭和54年             4,475,751円
昭和55年             1,777,042円
平成 3年             2,934,054円
歴史の道
近代の歩み