岩稜をつなぎ縦走路を進む
中央アルプス縦走
【H25. 8.21〜25】


今夏のアルプス山行第三弾は、妻が未踏の唐松岳〜鹿島槍ヶ岳〜針ノ木岳を歩く計画をしていたが、妻が所用で
行けなくなり本計画は中止し、単独で中央アルプスを歩く事にした。木曽駒・宝剣岳及び空木岳は過去各々歩いて
いるが、全体を通して歩いていないので、今回歩く事にした。なお遠方まで行くので、縦走路からは外れるが
日本百高山である将棋頭山・三ノ沢岳にも登頂する計画であるが、体力・天候が心配な山行である。

<概略計画行程>

【8/20】自宅→小倉駅ー<夜行高速バス>→名鉄バスセンターへ

【8/21】名鉄バスセンター→しらび平→千畳敷〜乗越浄土〜伊那前岳〜宝剣山荘(泊)

【8/22】宝剣山荘〜木曽駒ヶ岳〜将棋頭山〜宝剣岳〜三ノ沢岳〜宝剣山荘(泊)

【8/23】宝剣山荘〜宝剣岳〜檜尾岳〜熊沢岳〜東川岳〜空木岳〜駒峰ヒュッテ(泊)

【8/24】駒峰ヒュッテ〜南駒ヶ岳〜越百山〜 福栃平〜今朝沢橋登山口〜伊奈川ダム→JR須原駅へ

今回の山行は、前半は天候に恵まれ計画通り行動でき、目標のニューピークの頂に立つ事が
出来上々であったが、後半は悪天候に悩まされ計画通りには歩く事が出来なかった。

結局、山行日数が一日延び、その上、計画していた南駒ケ岳・越百山に登頂する事が出来ず
少々欲求不満の山行ではあったが、多くのニューピークの頂に立つ事が出来、納得している。

なお今回歩けなかった、空木岳から伊奈川ダムへの道は近々?挑戦したいとは思っているが。



千畳敷の八丁坂を進み
伊那前岳に登る
<千畳敷〜乗越浄土〜伊那前岳〜宝剣山荘>

<山行一日目>
【8/20〜21】JR行橋→小倉(22:15発)→名鉄バスセンター→駒ヶ根IC→しらび平→千畳敷(13:05-13:40)
〜乗越浄土(14:35)〜伊那前岳(15:10)〜和合山(15:30)〜宝剣山荘(15:50)
<記載時間は途中休憩を含む>

千畳敷より宝剣岳〜乗越浄土〜伊那前岳を望む

前夜に小倉より高速夜行バスに乗車し、登山口である千畳敷をめざす。バス・ロープウェイの
待ち時間も少なく、予定時間通り千畳敷に到着した。周辺には多くの登山者・観光客がいた。
暫く休憩した後、道傍に咲く花々を眺めながら乗越浄土をめざし八丁坂を登る。乗越浄土に
到着した頃には、周辺はガスに覆われ視界不良。まぁ〜計画通り、伊那前岳を目指そうと
言う事で先に進むと目的地の伊那前岳山頂に到着する。その頃にはガスも切れ始め展望も
得られる。展望を味わった後、今夜の宿泊地である、宝剣山荘を目指した。

小倉駅前より名鉄バスセンター行き
夜行高速バス「どんたく号」に乗車する

 壇ノ浦SAから眺めた
夜景


  名鉄バスセンターに到着後
箕輪行き高速バスで駒ヶ根ICへ
その後路線バスに乗り換え
ロープ―ウェイ乗り場の「しらび平」へ


 しらび平駅に到着(標高1690m)し
ロープウェイで千畳敷(標高2612m)へ
所用時間8分


千畳敷から望む宝剣岳の岩峰と乗越浄土

 信州駒ヶ根神社
安全祈願をした後
乗越浄土をめざす


エゾシオガマ                          ウサギギク


バイケイソウ                             シナノオトギリ

千畳敷カールで花散策をする
観光客?


乗越浄土をめざし千畳敷の八丁坂を進む


サクライウズ<トリカブト>                          チシマギキョウ


ウメバチソウ                            トウヤクリンドウ


トリカブト越しに千畳敷を望む


乗越浄土に到着する
(標高 2853m)
一面ガスに覆われ何も見えないが
予定通り伊那前岳をめざす事にした

 和合山の山腹を巻いて進むと
九合目標識がある
本山登頂は復路でする予定 

前方に
勤銘石が見えてくる

 勤銘石
行者・坂本天山が天命四年に
駒ケ岳登山の際に詠んだ誌を彫った石
内容は分かりませんでした

前方に
ガスの掛かる伊那前岳が見える


伊那前岳 (標高 2883.4m)
三等三角点
<基準点名:前岳>

 山頂から
ガスで隠れる木曽駒ヶ岳方向を望む


今来た道を引き返し乗越浄土をめざす・奥のピークが和合山


途中振り返り伊那前岳を望む


和合山(標高 2911m)
山頂に何かが?祀られていた


和合山山頂より今夜宿泊する宝剣山荘<青い屋根>・天狗荘を<赤い屋根>を眺める


和合山山頂より中岳・木曽駒ヶ岳を望む


和合山山頂より木曽駒ヶ岳〜将棋頭山への稜線を望む


和合山山頂より木曽駒ヶ岳〜将棋頭山への稜線<馬ノ背>を望む

 乗越浄土に戻る

今夜の宿泊地である
宝剣山荘


山荘内と夕食

山行二日目に進む      山歩き日記2013年へ     アルプス山行記へ      トップに戻る