Green Walk投稿【28】
【2012/秋号 vol.44】


 低山をつなぎ併せて山歩きの醍醐味を味わう!
企救山系縦走

H24.6.17実施】

山行詳細レポはこちら


今月の例会山行は、企救山系を歩く事にした。山系の峰々はファミリーハイクに最適で、季節を問わず多くの登山者が訪れている。
私の経験より一座一座登っても山歩きとしては物足りなさを感じるので縦走する事にした。設定コースは、JR門司港駅から峰々を
越えJR安倍山公園駅までの約20kmの道のりである。予報通り天候は回復、降雨の心配もなくスタート地点のJR門司港駅を
スタートする。今日はロングコースなのと日中暑くなるとの予報なので、たっぷりある時間を有効に使い、全員完歩を目標に
ゆったりと歩き始める。それにしても蒸し暑く大汗をかきながら先を目指す。暑い・暑いと言いながら、少し寄り道をし、本日最初の
ピークである三角山に登頂。その後、道傍に咲く色とりどりのアジサイを眺めながら進むと風師山山頂に到着する。まだまた先が
長いので早々に奥田峠をめざし出発する。倒木もあり分かり辛い個所もあったが、先へ先へと進む。途中、不動明王の祀られた
不動山に立ち寄った後、何んとか無事、奥田峠に到着する。一休憩後、戸ノ上山の取付点を目指し進む。道傍には綺麗な、ヤマツツジ
が咲いて疲れを癒してくれる。一度市街地に出て、寺内の取付点より、戸ノ上山を目指すと予定時間よりは少し遅れたが、山頂に到着
到着する。此処で遅めの昼食を取った後、先を目指す。快適な大台ヶ原を経て、足立山を目指すが、今までの疲れと暑さで登りになると
中々足が前に進まない。この様な時は無理をせず、休憩するに限ると言う事で、数度の休憩を挟みながら、歩を進めると山頂に到着。
全員やっと辿り着いたとの思いと達成感に酔いしれていたのでは?。後は砲台山を経て安倍山公園に下りるだけであり、気分的に
楽になったのか、全員快調に歩を進めるとゴール地点のJR安倍山公園駅に到着し解散とした。低山縦走とは言え、暑さも手伝い予定時間
を大分オーバーしたが、全員無事歩き通せ大満足。企画者としては、同行者の日ごろの鍛錬と頑張りで、一人のリタイヤ者も出ず、山行を
無事終えられ感謝している。ただ実施時期をもう少し早くすべきであったと反省している。

後日、同行者から次のような感想が届いたので記載します。
・以前から、元気な内に本コースは再度歩いてみたいと思っていた。実は18年前に反対方向から歩き、アップダウンを何度も繰り返し
凄ごくきつかったことを覚えている。登山を続けてきた今はどうだろうかと試してみたい気持ちが常々ありました。昔も今も、
やっぱり変わらないほどきつかったが、あれだけの長い距離を歩き通せたので、もう少し登山を続けられる活力に繋がりました。

・昨日は梅雨の谷間の絶好のタイミング。過去に山歩きした中で、今回ほど苦しかった記憶がないと思います。それだけに、再考の満足感。
昨晩は、好きな晩酌もせず<出来ず?>、ゆっくり風呂に浸かり、早く寝ました。家内が笑いながら膝にサロンパスを貼ってくれました。

・はじめてのロングコース、仲間に支えられて、何とか歩き通す事ができ、仲間の有難さをつくづく感じた一日でした。楽しかったのはもちろん、
充実感や満足感満載の山歩き。梅雨の合間の貴重な晴れ日は、私にとっても貴重な一日となりました。
・今日の山行は、過去歩いた、福智山系縦走・四塚連山縦走・宇佐六座縦走・雨乞倉木山縦走等に比べ、暑さも手伝い問題にならないほど
ハードでした。でも山仲間に恵まれ、その上天候にも恵まれたお蔭で無事歩き通す事が出来、皆様に感謝するとともに、満足感に浸っている私です。

行橋市/「遊山歩」 MORI



写真@道傍に咲く色とりどりのアジサイを眺めながら風師山を目指す


写真A立派な不動明王が祀られていた不動山


写真B大台ヶ原を目指し進む・前方に見えるのが足立山、まだまだ遠い


写真Cやっと足立山にたどり着き達成感に酔いしれるメンバー


投稿記事に戻る                トップに戻る