イルゴイエンヌ先生へパリでインタビュー
 Harcelement moral Harcelement moral Harcelement moral Harcelement moral Harcelement moral

2009年10月3日、「モラル・ハラスメント」の作者、マリー=フランス・イルゴイエンヌ先生と、パリでお会いしてきました。 9月中旬にお願いしたのですが、その期間はパリにいらっしゃらないとのことで、10月3日にお時間を頂戴しました。後からわかったのですが、その期間はローマで開かれていたG8でのセッションに出席するために出かけられていたそうです。 もちろんDVに関するものです。
先生とお会いしたのはパリ市内にある先生のお仕事部屋です。シャンパンをいただきながら1時間半ほどお話を伺うことができました。 私はフランス語ができませんので、パリ在住友人のお嬢さんに通訳をお願いし、お話を伺いました。


◎今年7月にはフランスで精神的暴力追放キャンペーンのテレビCMが流されたそうです。 身体的暴力に関しては法もある程度整備されているのだが、精神的暴力に関してはまだないので、国民にもその存在を知って もらうために流したそうです。また、6月にも国会に招聘されて講演をされたそうです。

◎モラル・ハラスメントは、本人が虐待されていると気づくためのものであるという私の考え方が間違っていませんでした。しかし法は必要であると。気づくためのものならば、なぜ法を 作るのかと伺ったところ「抑止力が必要だから」ということでした。(そうですね!荘司先生も同意見でしたね!)

◎家庭内の精神的暴力を立証することは大変難しく、フランスでも日記をつけたり、録音したりと被害者たちは苦労していると仰ってました。

それでもフランスは離婚の際には裁判所が入るから、離婚後の生活に困ることはないでしょう?と伺ったところ、裁判所から命令がきても、無い袖は振れないと。 払わない男性は半数いるということでした。払いたくないためにわざと失業する人もいるそうです。(わざと失業するかは別にして、どこの国も同じなんだなぁと思いました。)

◎モラハラは精神的暴力ですから、被害者は女性に限らないでしょう、男性もいますよねと伺ったところ「もちろん男性の被害者もいるが、大多数は女性です」と。 まず女性の人権を守ること(高めること?)を一番に考えるべきだと仰ってました。


通訳が間に入りますので、なかなか多くのことは伺えなかったのですが、最後に「これからも連絡を取り合っていきましょうね」と仰っていただきました。 大感激です!!(ナミダ)

イルゴイエンヌ先生はとても小柄でエレガントな方です。この小さな体で世界中のモラハラ被害者を救って下さり、法の制定までしてしまい、世の中を変えてしまったんったんだなと、すごいオーラを感じました。
人ひとりがができることって、もしかしたらとても多いんじゃないかなと。遠く遠く及ばないけれど、私もまだ何かやれることがあるんじゃないかなと、オーラをいただいたせいかしみじみしました。



 Harcelement moral Harcelement moral Harcelement moral Harcelement moral Harcelement moral

フランスでモラハラ新法が成立!

2月26日付Le monde紙(フランスの新聞)によると「夫婦間精神的暴力に関する法案」が提出され、 25日に国会を通ったと報じられたそうです。 その内容は「モラル・ハラスメントに関しても、軽罪を適用する」というもので、「3年間の禁固」「75000ユーロの罰金」他、「電気ブレスレットの着用が強制」されるそうで、証拠を集めるのが難しい精神的暴力に関して法律を適用するのは、異例の措置、と紹介されておりました。なお、この罰則を適用するには「医者の証明書、近親者の証言、専門家による鑑定、手紙、録音、携帯のショートメッセージ、電話の記録等」が必要とのことです。

以上在仏特派員のユミさんよりの緊急報告でした。

<追記>電気ブレスレッドとは、加害者が被害者に近づくと警察に通報がいくシステムだそうです。6月にイルゴイエンヌ先生が国会でお話されたのは、この法律を作るためだったのかもしれませんね。



Home  

1 1