すでに「カノン」を見た方の感想です


◎カノン、作中でミムラさんが「モラル・ハラスメント・・・」とつぶやくシーン、 そして被害者同盟のクレジットがあっただけでも おお!と私は思いました。(心の中で拍手!)

そうですねー鈴木保奈美さんすごかったです。

モラハラもあるあるでハラハラしました。個人的にはミムラさんは夫をにらんでキッパリ言い返す!の方が良かったかなと。

三姉妹に優しいおばあちゃんがいなければ、児童養護施設に送られてたわよね・・・。 女性の貧困問題なども考えさせられる物語でした。

◎ミムラさんが階段を上がって夫の部屋へ行くシーン、夫の部屋の扉が映った時、心臓がバクバクして、ヤバイ!と思いました。 それほど、あの何とも言えないモラ夫の醸し出す緊張感、冷え切った空気・・・を一瞬に描き出しているのはスゴイと思いました。 ミムラさんが「だって私はあんなお母さんに育てられたんだから・・・」と絞り出すように言う場面は、私の気持ちを代弁しているようで苦しくなりました。 でも三姉妹は、きちんと母親と向き合い、自分のトラウマと向き合い、前向きに生きて行く道を見つけるんですよね。

私も、母が生きているうちに向き合っていれば、こんなに生き辛い思いをしなくて済んだのかなぁと思ったら、また泣けてきて・・・。 ずっとずっと泣いていた気がします。 それは私だけではなく、劇場のあちこちから泣いている気配を感じました。

私の観た回はとても空いていて、一緒に行った友達が、こんなに良い映画なのにもったいない。 もっとたくさんの人に見て欲しいね。と劇場にあったチラシを持って帰っていました。 そうそう、エンドロール!しっかり見ましたよ「モラルハラスメント被害者同盟」と。 モラルハラスメントが少しでも世の中に認知されることを願ってやまない私としましては、このように映画に取り上げて頂ける日が来た事は胸の熱くなる思いです。

◎カノン観に行きました。何度も涙が出ました。 鈴木保奈美さんの演技は、迫真の演技で息をのんで観ました。ミムラさんも最近は良く見かけて、演技力がありますよね。

他に、多岐川裕美さん、古村比呂さん、島田陽子さん、ベテラン女優が出ていて、本当に感動しました。

アルコール依存症、虐待、モラルハラスメント、トラウマなど家族の問題を濃厚に描かれていても、希望が持てる映画でした。 ただ、自分と重なり合う事があって、深く感情移入してしまいそうになりましたが、隣に座った鼻が詰まった巨漢のおじ様の鼻息のお陰で、上手く引き戻されて観ることが出来ました(笑) モラルハラスメントについても、とてもリアルに表現されていたと思います。 モラルハラスメントを知らない人にこそ是非観てもらいたいと思いました。



Home