X-Counter ver 1.5
| モドル | 利用規約 | 主な機能 | ダウンロード | 設定変更 | 設置方法 | FAQ |

 
主な機能▲

1:一つのスクリプトで複数設置が可能な、統計機能付きカウンターです。
2:スクリプト全体と各ページごとのカウント集計を同時に行います。
3:実際のカウント表示では、スクリプト全体のカウントかページ別のカウント表示にするかを選択できます。
4:全体、ページ別のカウント表示とも、今日昨日のカウント表示を加えることができます。
5:カウントの表示画像を空にして集計のみを行うことができます。
6:設置しているカウンターの統計が別画面で確認できます。
7:統計画面では総合、今日、昨日のカウント数で任意にソートが可能です。
8:1人1日1回カウント機能がついています。
9:ファイルロック機能付きです。


- 統計画面のサンプル -


 
ダウンロード

以下のアイコンをクリックするとそれぞれの形式でダウンロードできます。
ダウンロードを完了しましたら、解凍してファイルを確認後、設定変更の項目をご覧ください。



LHA形式 ZIP形式
ver 1.5 / 17KB (2003/03/31)※現在配布休止中



解凍すると、以下のファイルが展開されます。
■xct
├xct.cgi(メインスクリプト)
├xctstyle.pl(設定ファイル)
├fc.cgi(動作確認スクリプト)
jcode.pl(文字コード変換ライブラリ。歌代和正さん作成)
gifcat.pl(画像連結ライブラリ。とほほさん作成)
├xct.log(ログファイル)
└image(画像ディレクトリ)
   └block.gif(空画像)



(カウンターの数字画像について)
総合、今日昨日問わず、数字画像名は『 0.gif、1.gif、2.gif、3.gif・・・9.gif 』として下さい。

(バージョンUPに関して)
以前のバージョンをお使いの方でもログはそのままお使いいただけます。


 
設定変更

ダウンロードしたファイルを解凍したら、 xctstyle.plを開き、 設定部分を個々の環境にあわせ変更しましょう。


5行目:$mpass = "0123";
管理モードへ入室するためのパスワードを決定してください。


11行目:$axstype = 0;
全体の総合とページ別の総合を同一ページに設置した際、どちらをメインで集計するかを指定して下さい。
必ず、メインで集計するほうのカウンターを一番前に設置してください。


25行目:$ckick = 0;
1人1日1回のカウントに関する設定です。機能使用時には、ほぼ確実な日計を集計できます。


31行目:$lkey = 0;
ファイルロックに関する設定です。
2にする場合、ご利用のサーバーでflockが使えるかどうか、
同梱のfc.cgiでご確認ください。


43〜55行目:カウンター画像ディレクトリの指定;
カウンターの利用方法に応じて、カウンター画像のディレクトリ指定をして下さい。
設定に応じて、全体総合・全体今日昨日・ページ別総合・ページ別今日昨日のカウント画像をそれぞれに指定できます。



※これより下の、デザイン関連の設定項目はお好みで変更してください。

※最後にxct.cgiを開き、一行目のPerlのパスを変更して、すべての設定が完了です。


 
設置方法

ファイルの修正を終えたら任意の転送ソフトでアップしましょう。 CGIの置き場は個々によって違うと思いますが、
xctディレクトリ以下の構成例は下図のようになります。 カッコ内はパーミッションの設定例です。(指定無しはそのまま)


*数字画像は各画像ディレクトリに入れるようにしてください。
■xct [777]
├xct.cgi [755]
├fc.cgi [755]
├xctstyle.pl [644]
├jcode.pl [644]
├gifcat.pl [644]
├xct.log [666]
└image


アップし終えたらxct.cgiにアクセスしてみましょう。統計画面が出ましたか?
あとは管理モードに進み、画面上のヘルプに従ってID設定を行ってください。
カウンターを一つしか使わない場合でもID設定が必要です。

※ID設定はWeb上から行えるように対応していますが、手動で行うことも出来ます。


(IDの手動設定)
1:xct.logを開きます。
2:1行目の『 0<>0<>0 』がスクリプト全体のカウントです。この部分には触れないで下さい。
3:2行目以下から『 ID名<>設置先ページ名<>設置先URL<>0<>0<>0<> 』と記述して、1行ずつ必要分のIDを設定して下さい。


※ID設定のサンプル


(ID手動設定の留意事項)
・記述する際、『』は要りません。
・ID設定は必ず1行ずつ記述して下さい。
・ID設定の最後は必ず改行して下さい。(一番下のIDの改行は忘れがちです)
・ID名は半角英数字で指定して下さい。
・設置先ページ名は統計画面での各ページのタイトルになります。
・設置先URLは統計画面での各ページへのリンクになります。『 http:// 』から記述してください。
・1行目と2行目以下でそれぞれ記述した3つの『 0 』は、左から順に『 総合<>今日<>昨日<> 』のカウントになっています。


(実際のカウンター設置方法) ※ID名にはカウントさせたいIDが入ります
[全体の総合を表示]・・・<IMG src="http://〜〜/xct/xct.cgi?ID名&a">
[全体の今日を表示]・・・<IMG src="http://〜〜/xct/xct.cgi?ID名&t">
[全体の昨日を表示]・・・<IMG src="http://〜〜/xct/xct.cgi?ID名&y">
[ID別の総合を表示]・・・<IMG src="http://〜〜/xct/xct.cgi?ID名&ai">
[ID別の今日を表示]・・・<IMG src="http://〜〜/xct/xct.cgi?ID名&ti">
[ID別の昨日を表示]・・・<IMG src="http://〜〜/xct/xct.cgi?ID名&yi">
[空画像(集計のみ)]・・・<IMG src="http://〜〜/xct/xct.cgi?ID名&d">


(設置の留意事項)
・普通の総合+今日昨日カウンターで利用する場合、一つ目のIDに設定したID名を画像パスに指定して下さい。
・基本的に昨日今日カウンターを単独、またはメインとして置くことは出来ません。(FAQ参照)
・全体のカウンターをメインに利用する場合、ID別のカウンターを単独で置くことは出来ません。(設定項目参照)
・ID別のカウンターをメインに利用する場合、全体のカウンターを単独で置くことは出来ません。(設定項目参照)
・ID別のカウント表示にしても、スクリプト全体の集計には加算されています。
・統計画面へのリンクはカウンター画像に張っておくと便利です。


 
▼FAQ

Q:統計画面が呼び出せません
2003年2月9日より以前のバージョンをお使いの場合、
xctlib.plの一行目にあるPerlパスの指定に誤りがあることが考えられますが、
本来この部分は無くても構わない記述ですので、残されているのが確認された場合、
すぐに削除してください。

Q:ID設定、カウントが正常に行われません
2003年2月13日以前にダウンロードされたバージョンで、ID設定をWeb上から行った際に見られるバグです。
原因は、配布時のxct.logの一行目で改行がされていなかったことによるもので、
一行目に『 0<>0<>0 』とだけ書き込んだあと改行するだけで解決いたします。
また、ID設定を手動で行われる時は、2行目以降にも改行を忘れないようにご注意ください。

Q:各ページにはID別のカウンターを置いて、トップページには全体の総合カウントを表示させたいのですが?
xct.cgiの24行目にある「$axstype」の設定によって2通りの方法がありますが、
ID別のカウントを多く利用することからも、「$axstype」の設定をまず「1」にしましょう。
ひとまずこれで各ページのカウンターはID別のカウント表示で問題なく動作いたします。

問題はトップページに置くカウンターですが、トップページへのアクセス時にカウントを行い、
かつ全体の総合を表示したい場合、全体の総合を表示させるカウンターの前に、
ダミー画像でトップページのIDを指定したカウンターを置いてください。

基本的にページカウンターを前提として作られていることから、
IDを指定しないでカウントすることが出来ないため、このような設置方法となります。

Q:昨日今日カウンターで利用したいのですが?
総合カウンターを置かずにカウントすることができませんので、
昨日今日カウンターの前に空画像のカウンターを置いて対応して下さい。

Q:昨日今日カウンターを総合カウンターの前に置けないのですか?
残念ながら置けません。
二重カウント禁止時を前提に「空画像、昨日今日、総合」の順で設置することで擬似的に対応できますが、
場合によっては多重カウントとなってしまいます。

Q:クッキーによる二重カウントを制限してもカウントされてしまいます
ver 1.3より以前のバージョンで見られるバグです。
現在配布中のバージョンでは修正されていますのでアップデートを推奨いたします。

Q:再配布や改造はできますか?
再配布、改造とも、著作権表示部のみ残していただければご自由にして頂いて構いません。
特に制作者への連絡等も要りません。なお、改造に関するご質問には一切お答えできませんのでご遠慮ください。



Copyright(C) 2002 9TST4. All Rights Reserved.