侍道

侍道ドットコムでは侍道を生きた過去の偉人たちを研究するサイトです
| 侍道ドットコム | りんく | りんく1 | りんく2 | りんく3 | ブログ |

侍道

menu

●侍道ドットコム

●りんく

●りんく1

●りんく2

●りんく3

●ブログ

●相互リンク




★お気に入りに追加する★
⇒⇒ここをクリック!!

●このページを友達に教える
⇒⇒ここをクリック!!



●相互リンク集●
誰でもできる!SEOで無料アクセスアップ SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine











侍道


侍道

侍道は、侍道を生きた過去の偉人たちを調べ、侍道として人生を歩み、そしてまた侍道なる言葉が 世に浸透するようになった背景には、侍道として生きた侍たちの道にはどのような試練が待ち構えているのか を知り、侍道として侍道を進むために様々な犠牲を強いられてきた事を私たちは知らなければならない。 それでなければ、侍道をひたすらに歩んできた過去の偉人たちの心を知ることは難しいだろう。 侍道と一言で言ってもまず、言葉の意味を知る必要がある。侍という文字は分解すると「寺」と「人」になる。 これは昔、寺の警備をする役目の人が必要であった為、この侍という文字が誕生したのだろう。 それ故に侍道とは寺の警備をする者の進むべき道ということになるのではないだろうか。 寺の警備をする者とは、主のために己の命を犠牲にしてまでも働く者と言えよう。 つまり、侍とは主君を守るために己のことなどを思わず、ただひたすらに主君のことを思い続ける ことを言うのだろう。たとえば、戦国武将の中で『豊臣秀吉』という武将がいる。主君『織田信長』を 思う気持ちは、単なる主君・家臣の関係をはるかに超えている。有名の話を挙げると、『わらじ取り』 がいい例だ。寒い冬の日、『織田信長』のわらじを『豊臣秀吉』が懐であたため、寒さを和らげた。 このように、『豊臣秀吉』と『織田信長』との関係は、ただ単に仕事上だけの義務的なものではなく、 日常的にもまるで家族のように、『豊臣秀吉』は『織田信長』を慕っていたのだ。 この話を教訓にすれば、侍道とは、我々がイメージする荒々しいものではなく、人と人とのつながりを大事にする 生き方そのもの、だと思うのである。

侍道


検索エンジンListGate.net
Kakapo
Kakapo、Kakapoショッピングモール


侍道
■免責事項
当サイトのご利用によるウェブの閲覧や情報収集及び当サイトで得た情報に基づいた設定など全ての事項に関して、閲覧者ご自身の責任においてするものとします。当サイトの情報の正確性、道徳性、最新性、適切性、安全性などその内容については一切の保証は致しません。リンク先に関しても同様です。当サイトの情報やサービス提供が原因で発生した損害・損失などすべてに対し、いかなる責任も負いません。

侍道ドットコム:管理人

| 侍道ドットコム | りんく | りんく1 | りんく2 | りんく3 | ブログ |
Copyright © 2005-2006 侍道ドットコム Allrights Reserved.