毎年5月には伝統行事の一つであるボートレース、ヴォガ・ロンガが
開催されます。これは誰でも参加できる行事で、老若男女が
毎年こぞって参加しています。

“ヴォガ・ロンガ”という言葉はイタリア語の"VOGARE"(船を漕ぐ)という動詞と、"LONGA"(長い)という意味で、要するに「長距離船を漕ぐ」ということです。その名の通り、このレースはサンマルコ広場前の沖合からスタートし、サンテレナ方面のヴェネツィア本島の外周を周り、ムラノ島、ブラノ島をまわって、ヴェネツィア本島の北に位置するカナレッジョ運河から大運河に入って、サンマルコ広場前まで行くというもの。その行程は約30kmに及びます。

もともと中世のころに庶民の行事として始まったらしいのですが、いつの間にか無くなってしまい、伝統行事を復活させようというヴェネツィア市の意向により、1975年に正式に再開されるようになりました。
マラソンと同じような感じで、完走することに意義があります。好きな人たちは数ヶ月も前から訓練をし、お揃いのユニフォームを着てレースに臨んだりしていますが、カヌーや小さいボートで一人、二人で楽しみながら漕いでいる人たちも大勢います。

スタートを告げる空砲がなると、参加者は櫂を上げて答え、いっせいにスタートする。

ゴンドラ漕ぎのグループ。競艇用に装備されたゴンドラで。

サンマルコの旗に合わせ、赤で統一したチーム。速かった。

カヌーで頑張る人たちも。

同じく競艇用に装備したサンドロを漕ぐグループ。

ヴェネツィアのトップページへ

ゆみこの世界のページへ