NORWAY - FJORD CRUISE

ノルウェーのフィヨルド・クルーズ



イタリアで大手のクルーズ船会社“コスタ・クロチェーラ”のコスタ・マリーナ号で1999年8月29日〜9月5日まで1週間のフィヨルドクルーズに行って来ました。私個人的にはクルー ズ旅行は2回目。前回のギリシャ同様、このフィヨルドも満足度いっぱいでした。フィヨルドの観光はもちろん、クルーズ・ライフも快適!クルーズは年寄りが 行くもの、と思っている人も多いと思いますが、決してそんなことはありません!参加者も年寄りから子供まで様々な年齢層がいます。私の行ったのが夏休み だったからかもしれませんが、それでも新婚旅行や結婚記念日旅行の若いカップルが大半だったと言えます。

また、おもしろいなと思ったのは、ギリシャのクルーズでは圧倒的に北ヨーロッパ人(ドイツ人、イギリス人、スウェーデン人など)が多かったのです が、フィヨルドでは大半がイタリア人とスペイン人というラテン系で、残りはフランス人が少数、数えるほどのアメリカ人と日本人は私一人でした。また、これ は日程としては最後のフィヨルド・クルーズでした。現地のガイドさんが言うには、ノルウェーでは9月の半ばから雪が降り始めるんだそうです。

おかげで、というか、だからか(!)、船内での様々なプログラムの時間的なスケジュールも遅れる、遅れる・・・でも彼らはへっちゃら。船員さん達も南米人が多く、準備が間に合わないようで大変そうでした。


ルート

クルーズのルート コペンハーゲンから出発して、まずフィヨルドの方へ北上し、それから南下してオスロによって、コペンへ戻るというルート。他のクルーズ会社のルートもだいたい同じようなものでした。
下に日程表を載せました。なお、地名の表記は間違っているかもしれません。いくつかの地名はイタリア語に訳されており、イタリア風の名前になっていたりして、残念ながらすべてノルウェー語と照らし合わせることが出来ませんでした。

*下の表の画像は、クリックすると拡大されます。

1日目

ミラノ→(飛行機で)コペンハーゲンへ

23時、コペンハーゲン出発

コペンハーゲンでは午後いっぱい、フリーの時間が合ったので、市内観光。
  
2日目 一日中航海、ノルウェーへ
デッキからの風景。風が強くて、非常に揺れた一日でした・・・
    

3日目

ゾグネフィヨルド

8時、フラム着

オプションツアー参加:フラム→ヴォス→ヴィックへ

17時30分、ヴィック出発

フラムから電車でヴォスへ。快晴の一日。素晴らしい景色でした。

ノルウェーでは、何と言っても滝が多いのです。最初のうちは「わぁ〜、キレイ!」なんて感激して写真を撮りまくるのですが、そのうち飽きてきて、撮らなくなります。

        
4日目

ノルドフィヨルド・ゲイランゲルフィヨルド

9時、ヘレシルト着

オプションツアー参加:ヘレシルト→ダルスニッバ山→ゲイランガー

18時、ゲイランゲル出発


今回のクルーズの中で、1番気に入ったのが、このフィヨルドとオプションツアー。天気は残念ながら良くなかったけれど、そんなことも気にならない程よかったです!

      

ノルウェーでは標高600メートル以上になると、高山になり植物とかも生えないんだそうです。
標高1500メートルのダルスニッバ山からの風景。気候としては2500メートル級の山と同じ感じ。

  
5日目

8時、ベルゲン着

18時30分、ベルゲン出発

一日、ベルゲンの市内観光。天気はもちろん雨。ベルゲンは一年のうち200日は雨なんだそうです。

    
6日目

9時、クリステンサンド着

19時、クリステンサンド出発

一日市内観光、をしようと思ったら、なんと驚くほど何もない町。結局半日で船に引き上げて、午後は休息。
7日目

8時、オスロ着

17時、オスロ出発

最終日のオスロは快晴。見るところがいっぱいで、とても見切れなかったのでぜひぜひまた来たいところです。
写真はオスロの民族博物館にて。広大なところで、とても全部見回れませんでした。

      
8日目

9時、コペンハーゲン着

午後飛行機でミラノへ

あ〜あ、楽しいクルーズの日々が終わってしまい、イタリアへ帰らなくては・・・
この日は待ち時間が長く、コペンハーゲンの空港をうろうろしていました。


ノルウェー、フィヨルド関連のリンク集

スカンジナビア政府観光局

ノルウェー夢ネット

ブログ
トロルのささやき

ほのぼのノルウェー暮らし



ノルウェー旅行関連

アップルワールドでノルウェーのホテルを探す

ノルウェーの鉄道旅行について調べる

ノルウェー、フィヨルドのツアーを検索

venere.comでノルウェーのホテルを検索

ノルウェー旅行徹底ガイド 〜フォートラベル〜
ノルウェー旅行徹底ガイド



  
ゆみこの旅行記トップ
ゆみこの世界のホームページへ