イタリア人の発音と聞き取り

 イタリア人にとって日本語の発音はそんなに難しくない。逆に言えば日本人にとっても、イタリア語の発音はそんなに難しくない。共に母音を多く使っている言語だからである。日本人がイタリア語を勉強する場合も、いくつかの音をのぞいては、ほぼローマ字読み通りで大丈夫である。イタリア人にとっても、もちろん同様である。

 それでもやはりイタリア人にとって難しい音がある。例えばハ行の音である。イタリア語ではHというアルファベットはC或いはGと一緒にしか使われず、"CHI" (キ)、"CHE" (ケ)、"GHI" (ギ)、"GHE" (ゲ)、という発音以外には使われない。だからハ・ヒ・ヘ・ホの音がなかなか発音できないのである。フはローマ字では"fu"なので、これは大丈夫である。だから「おようございます」は「おようございます」になってしまうし、「ひゃく」なんかも「く」になってしまう。

 もう一つはSの音である。サ行で始まることばなら問題はないのだが、語中にサ・ス・セ・ソの音があると、これはみんなザ・ズ・ゼ・ゾになってしまう。これはイタリア語でもそうだからである。だから「か」は「か」、「あ」は「あ」なのである。人によってはこの発音を矯正するために、ローマ字表記で語中のSをSSにすると直る人もいるが、こんどは「かっさ」や「あっさ」と読んでしまう人も少なくない。

 これらの問題は平仮名を覚えないで、ローマ字だけで勉強している人に多くみられる問題である。平仮名を覚えて、読むのが慣れてくるとたいていこの問題は解消される。しかし、文字を覚えても、なかなか区別できないのが引き音、母音を延ばす音である。書いてあるのを読むときはまったく問題がないのだが、書き取りなどをしたり、宿題で短文を作らせると、みんな忘れるのである。「あしたときょ(とうきょう)ヘいきます」とか「この本はおき(おおきい)です」となっている。

 たいていの日本語教科書では、動作を行なう場所を示す「で」の導入のために「デパートでシャツを買います」という文があったりする。これを読むとイタリア人から「日本ではデパートでもマッサージをしているんだな」という感想が出てくる。「シャツ」と聞いた時点で「シアツ(指圧)」のことだと思い込み、したがって「買います」という動詞は「(マッサージを)する」という意味だという結論に頭の中で達してしまっているのである。イタリア語をはじめヨーロッパ言語では、動詞は文章の最初の方に置かなければならないので、動詞をまず理解しようとするのだが、日本語は動詞が最後に来るので、その他の言葉から意味を推測してしまうのである。

 また、別の授業で「お金は封筒に入れてあります」という文を言ったら、みんなが一斉に「お金はマットレスの下ね!」と言い始めた。一瞬私が絶句すると「だってフトンでしょ?」。「入れる」という動詞は何かの中に「入れる」のだから下というのはちょっとと思うのだが、もう「封筒」は頭の中で「フトン」と化してしまっているので、動詞の意味なんか眼中にない。

 シアツやフトンなどは、ヨーロッパで通用する数少ない日本語の単語である。少しでも聞いた文章を理解しようとして知っている言葉と結びつけようとするみんなの努力は是非とも認めたい。しかし、学校からの帰り道で時々思い出し笑いをしてしまうのである。

(2000年2月29日)


ゆみこの世界のホームページへ
日記トップへ