ホノルル・ マラソン旅行記
ゴールしたシモーネ
はじめに
山
シモーネが2005 年度のホノルル・マラソンに参加するため、日本への里帰りの前にハワイへ立ち寄ってきました。立ち寄るというと、なんか近所のように聞こえますが、とんでもない!イタリアからハワイは一番遠いところのひとつでしょう。 成田乗り換えでいったハワイは遠かった!!どのぐらい遠かったかというのにつきましては、不定期な日記の2005年12 月の欄を見ていただくこととし、こちらではホノルルでのことを少し書こうと思います。
今回のハワイ行きは9月に決定。シモーネが突然「今年はヴェネツィア・マラソンとホノルル・マラソンに参加する!」宣言したため、旅行オーガナイザーであ る私は早速航空便とホテルを手配。9泊10日のホノルル滞在をオーガナイズしました。


ホテル
ちょうど同時期に、ヴェネツィア在住の友人の 2組の日伊カップルがハワイ旅行へ行くことにしており、私達ももっと早く決めていればみんなで日時を合わせることができたかもしれませんでしたが、今回は 無理、残念でした。
というわけで、自分でインターネットでホテルを検索し予約。日本のツアーに参加することも考えましたが、スケジュール的にもう少しゆったりしたものにした かったため、航空便とホテルをそれぞれ別々に手配。ホテルはTRAVELNOW.COMで 予約したアウトリガー・リーフ・オン・ザ・ビーチ。友達から借りた日本のガイドブックの地図を参考に、ワイキキ・ビーチで、且つマラソンのスタート及び ゴール地点からのアクセスがいい場所を選びました。その他の条件としては、できればビーチ・アクセスがあり、トレーニング・マシンなどがあるところ。
このホテルは予約してから気づいたのですが、ホノルル・マラソンのオフィシャルホテルでもあったため、かなりマラソン参加者の宿泊客が多かったようです。 イタリアのTERRAMIAのグルー プなんかも泊まっていたようでした。
部屋から見えた虹

ホノルル・マラソン
さてさて、12月11日は今回の旅行メインのホノルル・マラソン。 シモーネは既にインターネットで申し込んであったため、マラソン前にゼッケンを取りに行きました。私も現地で申し込んでレースデー・ウォークに参加。ス タートが朝5時なので、3時15分頃ホテルを出発、二人でてくてく歩いてアラモアナ・ショッピング・センターのところのスタート地点まで。とちゅういろい ろな道から少しずつ日本人のグループの行列が出てきて、みんなで大行列となり、スタート地点まで歩いていきました。
スタート付近はもうすごい人。自分のゴールタイムに合わせてその時間帯のスタートラインに着くのですが、どうも見た限りみんな結構適当のよう。制限時間が なく誰でも参加できるマラソンのせいか、雰囲気もなんかとてもなごやか。ヴェネツィア・マラソンなどはもう本当に“俺はランナー”みたいな凄みのある人が 多く、ウォーミングアップに余念がない人が多いけれど、ここではみんな記念撮影をとったりなんかピクニックへの出発みたいでした。
私は4時半頃シモーネと別れ、後方のレースデー・ウォークのスタート地点へ。

それから花火の打ち上げとともにスタート。私達のウォークの方も何となく5時20分頃出発しました。
私は7時半頃ゴールであるカピオラーニ公園に到着。シモーネは今回は初めてのコースだし、疲れがまだ取れていなくて何となく弱気で、「たぶん8時半頃か なぁ」と言っていたので、まだ1時間ぐらいあったのですが、とりあえずゴール近くの場所を陣取ることにしました。

そしてゴールする人たちに拍手を送っていましたが、ヴェネツィア・マラソンに比べると2時間30分台でゴールする人はまだまばら。完走の証である貝のネッ クレスをかけてあげる地元の女の子達も何となく暇そう。8時ちょっと前に車椅子レースに参加のイタリア人がゴール。8時過ぎてもまだゴールする人はまば ら。周りの日本人の人たちも連れの人がまだかなぁとみんな待っていました。そんな時にふとシモーネの姿が!タイムを見るとまだ3時間9分。えっ?3時間半 ぐらいかかるって言っていたのにー!!急いで大声で呼び、出口のところへ。
あ〜、よかった。無事に完走して・・・

完走証

これがシモーネの完走証。
タイムは3時間9分9秒
2万4261人中187位
男性1万2783人中166位
35-39歳の男性1596人中19位

ちなみにイタリア人では2位
よくやった!!

シモーネはさほど疲れているようでもなく、完走したこと、それにタイムが思いの外よかったことにご機嫌。しかし本人曰く、「本当は3時間以下でゴールでき たかも・・・」。というのもスタートからイタリア人のランナーと一緒になって、彼を励ましながら走っていたそう。ダイアモンド・ヘッドの坂道もそんなにき つくなかったようで、気持ちよく走れたそうです。

私の感想としては、ずいぶん道中応援の人が少なかった気がしました。ヴェネツィア・マラソンではメストレとヴェネツィアを結ぶ自由の橋以外のところではす ごい人で、かけ声がすごいのです。ホノルルでは日本人のグループの応援が所々でいたそうですが、全体的に地元の人の応援は少なかった感じ。でも朝早いとい うのも理由かもしれません。それかもっと遅いと人が多くなってきたのかな。

スタートにて
ビーチをバックのポーズ
完走証を持って
スタート地点のシモーネ。まだ周りは真っ 暗。3-4時間ゴールのラインに着く。しかしスタート直前にかなり前の方へ移動したらしい。
カピオラーニ公園からホテルへ戻る途中、 ビーチをバックにポーズ。ウェアはホノルル・マラソンのオリジナル・ウェア。
翌日、フィニッシャー・シャツを着て完走 証をとりにまたカピオラーニ公園へ。


ダイアモンド・ヘッド登山
マラソンの翌 日、私は本当は潜水艦の海洋ツアーへ行きたかったのですが、あまり疲れた様子も見せないシモーネはダイアモンド・ヘッド登山を宣言。仕方なく(?)一緒に 行ってきました。カピオラーニ公園で完走証を受け取ったあと、ザ・バスで登山口まで。シモーネをはじめ、多くの人がフィニッシャー・シャツを着て登山して いました。みんなよくやるなぁ。暑かったし、疲れたけれど、頂上からの景色は抜群。楽しい登山でした。

トンネルの中
頂上からの景色
頂上からの景色
登る途中ではこんなトンネルの中も通る。結構長い階段だった。
頂上からの景色。地理的によくわからないけれど、イリカイ・ビーチとか 言う方面かな。
頂上からの景色。これはワイキキ・ビーチの方。とてもきれい。


オアフ島ドライブ
ダイアモンド・ヘッド登 山の翌日は、レンタカーを一日借りてオアフ島をドライブしてきました。車はホテルで手配。私はどの車でもよかったのですが、シモーネはアメリカならではの 車に乗りたい、ということで、ちょっと高めだったけれどジープのチェロキー。まあ、そうだよな、イタリアではジープなんてレンタカーにないもんなぁ。私達 はイタリアの免許証を持っているので、アメリカでも問題なく運転可能。でも私は恐かったので、しませんでした。
下のいくつかの写真を載せました。

レンタカー
ドールのガーデンにて
パイナップル
レンタカーのジープ。
ドールのパイナップル園のお庭で。
パイナップルがこうやってなるとは知らなかった!

ウミガメのいるビーチにて
ハワイのウミガメ
ラグーン
ウミガメのいたビーチで。ノース・ショアへ行く途中。
ウミガメがお休み中!
ラグーンのような景色の場所もあってびっくり。





素材提供は   ハワイ How to Enjoyもオス スメ



ゆみこの旅行記トップへ
ゆみこの世界のホームページへ