民から官へ 〜公務員中途採用への道〜

 
→ はじめに
→ 準備
→ 一般教養
→ 小論文
→ 面接
→ 合格後
→ いろんな勉強方法
→ 公務員になって
→ 情報・質問コーナー
 

 

面接

 一般教養試験などの1次試験に合格したら、今度は2次試験(ときには、3次試験)で面接試験があります。この面接試験の分類としては、個人面接、集団面接、プレゼンテーション試験などがあります。集団面接とプレゼンテーション試験については、私は経験がありませんので、経験者のどなたかコツなどを教えていただけないでしょうか。このホームページに載せたいと思います。

 

 面接試験のコツとしては、下記に注意することだと思います。

    ー験者は本質を明確にする

       当たり前かも知れませんが、意外と面接をしていると、自分をよく見せようとするために、いろいろ話そうとします。たとえば、自己PRで、性格、今まで取り組んできたことなど盛りだくさん話してしまいます。これでは、不合格です。面接官は、受験者の本質やポリシーを知りたいのです。よって、自分が民間企業で経験したエピソードをもとに、仕事に対していつも大切にしていた事柄(私の場合:現場主義、危機管理)を述べ、そのあとに具体的なエピソードを述べるようにするとよいと思います。

    学生の就職面接とは違う。民間経験・能力を問う面接

       この面接は、学校を卒業した新卒の面接とは違います。どこが違うかといいますと、小論文でも書いたと思いますが、民間での経験した能力をどのように自治体に活かすのかを面接官に伝える必要があります(これが、志望動機です)。なので、新卒の学生が通常考えている「住民の役に立ちたい。」、「住民の住みやすい町を作りたい。」のような内容では合格しません。

       たとえば、「住民折衝や住民との協働を踏まえた事業推進など」について話すと、面接官や公務員の方が、行政の苦労や現実を知っているのでツッコまれます。そうではなく、「自分の民間での経験を○○分野に、△△のようにして導入し、事業を進めていきたい」と言うように持っていく方がツッコまれにくくなると思います。

       つまり、民間経験・能力、行政への適応性、具体性がポイント

    なぜ公務員なのですか

       面接試験にで一番困る質問は、「なぜ、民間ではなく、公務員でなければならないか、民間ではあなたのしたいことはできないのですか」というものだと思います。これも志望動機に該当すると思いますが、多くの人が、「民間で苦労して、公務員になって少しは楽したい」と本当は答えたいと思っているのではないでしょうか。でも、のどのそこまで出てきてもこれは言えません。

       では、どのように言うかですが、私が思うに、民間の経験をもとに、公務員にしかできない例を述べる。そして、「公務員は住民の生活の全体および将来を見据えた事務事業の推進が必要で、民間は全体というよりは、その中の一部を担当している」というような内容にすることがいいと思います。あくまでも、民間で培ってきた経験の延長線上に公務員があるということをにおわすことが必要だと思います。

       

      〜私の例〜
      Q:なぜ公務員になりたいのですか
      A:私は、自然災害の復旧に従事したとき、公務員の方が災害状況をトータルに把握して住民の避難指示や復旧活動を行っていました。その経験から行政の重要性を再認識し、私も同じような仕事をしたいと思い公務員を志望しました。

      Q:民間では、あなたの考えていることはできないのですか
      A:公務員の場合には、全体の被災状況を把握して復旧計画を立案し、実施するということができると思ったからです。民間の場合、その中の部分的な対応でした。

    ぜ験者と一緒に仕事をしたいと面接官に思わせる。

       一番大切だと思います。それは、今後20年間、一緒に仕事をするわけですから、面接官が一緒に仕事をしたいと思わせることが必要です。どのようにするかというと、礼などの礼儀正しさ、相手の話をキチンと聞く、受け答えのハキハキさなどです。

    シ誅誓茵△修慮紊廼饌療な説明

       これは企業でのプレゼンや論文でもいわれていることですが、結論を簡潔に述べて、その後で具体的な例などを述べることです。

    集団面接(by ねこまろさん)

       集団面接ですが、基本的には個別面接とコツは変わりません。ただ、答える順番が1番から順番ではなく、後ろからとか、一人飛ばしとか、時には自主的に手を挙げさせる、そういった不規則なことが行われています。必要以上に緊張せずに、きちんと自分の考えを自分の言葉で述べられるようにしておくのは大切です。また、全員が均等に話が出来るよう配慮もしてありました。
       他の人のほうがよい意見を言っているように思えますが、皆そう思っていますので、自分の考えに自信を持っていいと思います。
       集団討論は、社会経験をした方なら誰でも話し合い、会議の経験はあると思いますので、建設的な話し合いをすることを念頭においておけば、特に問題がないと思います。
       政策に関するか課題かと思ったら、その自治体で行うイベントのCMタレントとキャッチコピーを考えろという内容で、大変肩透かしを受けたというか、驚きました。これから考えても、集団討論においては、建設的な意見や柔軟性、発想性などを視点としていると思います。

       

    Д廛譽璽鵐董璽轡腑麑明棔by mrmtさん)

      試験で、プレゼンテーション面接は2回経験しており、この試験に関しては、2回とも合格判定を貰えましたので、東京都の事例を中心に京都市の事例も含めてご報告します。

      ○東京都専門人材(主任)採用試験(土木職:第2次試験)

      課題
      あなたが東京都職員になったら、これまでに培った専門性や経験を活かして、都政にどのような貢献ができると考えていますか。あなたが民間企業等で培った職務経験や実績を売り込むつもりで提案してください。

      事前提出資料
      プレゼンテーション・シート:A3版1枚(カラープリント)
      プレゼンテーション・シート概要説明文:A4版1枚
      (京都市でも、同様の課題提示はありましたが、事前提出資料はなし)

      プレゼンテーション時間は7分間と指定。(京都市は5分)


      プレゼンシートの内容は、業務経験は箇条書きで列挙し、自分の経験が行政にどのように活かせるかを注記しました。これは、行政の土木分野の中で、私の経験では得意・不得意の分野が存在するために、私の経験は○○○という点で行政に有利に働くことを補足しておき、不得意分野もあるけど、それを補う専門知識もあることをアピールしました。

      次に、行政の課題・現状施策・将来像を列記して、私の業務経験とリンクしている点、貢献できる点などを列挙しました。この中で、行政への貢献と、私自身の志望動機を合致させることで、私と東京都の両者にメリットがあることを強調しました。

      シートは、パワーポイントで作成して、文章を長々と書くのではなく、要点をキーワードで示し、図化を基本としてカラーで構成しました。

      東京都の2次試験では、プレゼン試験の前に、適性試験(Yes,Noの選択問題100題程度を1時間ほど・・)があり、少し疲れた状態でプレゼン試験が始まりました。プレゼン試験は30分程度で、始めの15分でプレゼンとその内容について質疑応答があり、残りの15分で公務員試験で聞かれる一般的な質問がありました。
      (京都市でも時間配分はほぼ同じでした)
      また、東京都では自分の資料を持ち込むことができるために、話す内容を記憶しなくても、ある程度、資料に沿って説明することができました。京都市では、資料の持込はできず、ホワイトボードに書きながら説明しました。

      プレゼン試験では、質疑応答まで考慮して、そのQ&Aまで作成しておくこと、また、不利に働く(厳しい質問が来そうな)点があれば、プレゼンの段階で補足を入れておくことをお薦めします。

       

    面接シートに併願先を書くべきか、書かざるべきか

       一次が合格すると、合格通知を一緒に面接シートが入っている場合があります。その中に併願状況を書く欄もあります。複数受験している人は、ここに正直に複数書くべきか書かざるべきか迷うところだと思います。現に、私は迷いました。悩んだ末、面接で安易に受けていると悟られないように、同じような自治体を選んで1つは書きました。

       案の定、面接時には、併願先の話題になりましたが、前もって用意していた返答を使って難なくパスしました。最終的には面接にも合格したので、併願先を1つぐらいは書いても大丈夫だと思います。

       感触として、面接時に併願先のことを聞かれますが、面接官は話題提供ぐらいにしか考えていないようです。つまり、合格点に達していれば、併願してようが、していまいが関係ないみたいです。

       

    多職歴経験をどう活かすか、どう答えるか

       数回の転職経験を経て公務員を目指している方も沢山いると思います。このような方は、多職歴が、受験に不利になるのではないかと不安に思うと思います。確かに、民間でも多職歴の方は、早期退職してしまうのではないか、忍耐力がないのではないかと採用を見送る可能性が高いです。公務員採用時も民間と同様と考えていいと思います。また、面接時にはキツイ質問もあると思います。

       このため、私としては、掲示板の投稿内容を参考に下記のように取り組むことが、多職歴のマイナスをゼロもしくはプラスに転換できるのではないかと思います。また、多職歴の質問がくることがあらかじめわかっているのですから、回答を作っておけばいいわけです。つまり受験者が質問を誘導できるということです。

       

      ◎面接等でうそをついても細かな点をつかれるとボロが出てしますので、う

       そをつく必要はないと思います。そこで、

       ・転職で学んだことがあると思うので整理しましょう。今後の転職に向け

        た活かせること です。こじつけでもいいです。
       ・職種の共通点を見つけ、できれば、公務員がその延長上にあるようなこ

        とがいい。
       ・いろんな職種で得た経験が公務員に活かせるようなものを見つける。
       ・転職でランクアップしているようなことがあれば、なおいいです。

       ・聞かれたことをコンパクトに答え、あとは聞かれたことに対してのみ

        答える 

       (どうしても面接官に転職のことをわかってもらおうということで、長々

        答えてしまうことが多くなりますので)

      ◎職務経歴の記載は、厚生年金などを調べれば、わかってしまうので正直

       に記載したほうがいいと思います。

       

    面接官は何をみているのか

       先日、人事の方と飲む機会があり、「採用時に何を基準に採点しているのですか」と質問してみました。その内容は、面接官数人が下記ようなことを基準に採点(配点、たとえば、10点中8点とか)しているそうです。ただ単に○×ではないそうです。

       ・専門的な内容をわかりやすく説明できるか

       ・一般的な内容(専門バカではないか)も説明できるか

       ・受け答えがきちんとしているか

       ・職員として協調してやっていけるか  など

       上記の基準は、一般的なことで今さらと思うかもしれませんが、それが社会人としては大事なんでしょうね。

       あと、一次試験を合格していれば面接での大逆転も可能だということです。

      このために、採用より多めに一次試験を合格させるそうです。

       そうそう、試験の中に適性試験(性格試験)がありますが、採点対象ではないそうです。

    下調べ(ホームページ閲覧、自治体視察)

       面接では、受験している自治体のことを質問されます。これは、ホームページに総合計画や事業内容など詳しく書かれているために面接官もホームページの内容程度は知っていますよね。っとジャブを効かせてきます。そのためにも、自治体のホームページは見ておきましょう(必要なものは出力)。

       具体的には、下記のようなものがあります。

        ・総合計画

        ・首長のコメント

        ・自治体の統計データ(人口や面積)

        ・年度の事業計画パンフレット

        ・希望する部署の事業計画や予算、課題など

       できれば、総合計画や年度の事業計画を読んで、自分の考えや自分から面接官への質問事項をまとめておくとよいと思います。

       私の場合、「自治体のどんな政策に興味がありますか」という質問に、事業パンフレットの重点政策に防災や自然災害がなかったので、「住民の生活の基盤となる防災が重点政策になかったのは残念でした。」と回答したら、面接官もうなずいてくれました(シメタと思いました(^0^))。

       

       あと、私のように住んだことも行ったこともない自治体を受験している場合には、面接時の前日に市町村へ行き、レンタカーなどを借りて町並み(中心市街地のシャッター街か?)や問題箇所(海岸侵食や湖水の環境汚染など)を見ておくとよいでしょう。これが、結構、話題提供になったり、受験者の町に対する姿勢で好印象を与えると思います。

 

 私の使った面接問題を下記にリンクしておきますので、参考にしてください。

 

 


 


Yahoo!ジオシティーズ