ホームヘルパーの試験と仕事

ホームヘルパーの試験と仕事

ホームヘルパー資格の利点

介護福祉の仕事を目指しているなら、まずはホームヘルパーの資格から取得しましょう。介護福祉士になるためには国が制定した「国家試験」を受けて合格する必要がありますが、ホームヘルパーには特別な資格試験はありません。厚生労働省が認定している講習を修了して取得する「認定資格」が必要になります。
それなりに時間と労力は必要になり、しっかりとした知識と技術は必要ですが、他の福祉関係の資格と比較すると気軽に取得できる資格だと言えますよね。

ホームヘルパーの資格は、他の福祉系の資格を取得する時にも役立ちますよ。
ホームヘルパー2級を取得してから5年以上の実務経験を積むと、ケアマネージャーの受験資格を得ることができるのです。

また、ホームヘルパー2級、もしくは1級を取得している人は、「介護職員基礎研修」を受ける時に実習や講義の一部が免除されることになっていますよ。
免除の内容は、ホームヘルパーの実務経験と、取得している級によって異なります。
1年以上の実務経験がある2級取得者は350時間の免除、1年以上の実務経験がある1級取得者の場合は440時間が免除されます。

実務経験が1年未満である場合やホームヘルパー3級資格取得者は、免除される時間は0~150時間と短時間に設定されていますよ。

このような事から考えても、福祉や介護の仕事に就きたいと考えているなら、やはりホームヘルパーの資格取得から考えた方が良さそうですよね。ホームヘルパーとして実務経験をしっかり積んでから、新しい資格へと幅を広げていきましょう。

関連記事

39歳の独身男性です。仕事がなく、ホームヘルパーの資格を取ろうと思うのですが・・・39歳の独身男性です。今現在無職でどこを受けても落ちてしまいます。アルバイトさえも不採用です。今までずっと事務職でしたが、他の職種でと考えています。ホームヘルパーの資格をとれば、病院等でなんとか働けるでしょうか?ホームヘルパーの資格の取り方やどんな仕事をするのかもわかりません。薄給できついと言うのは聞きますが、ほんとうのことがわかりません。ご教授願います。(続きを読む)

この記事の関連ワード
求人 歴史 ハローワーク ニック 試験 

ホームヘルパー パート・アルバイト

ホームヘルパーの資格を取得するために特別な試験というものはありませんが、試験がないからといって簡単に取得できる資格というわけではありません。資格取得にはそれなりの努力と時間が必要です。


ホームヘルパーの仕事をしたいけど、資格を取得する時間がなくて・・・と思っている人もいるでしょう。

ホームヘルパーを募集する時、ほとんどの事業社は2級以上の資格を取得しているという条件を提示していますが、資格を取得していなくては全く働くことができないというわけではありません。


確かにホームヘルパーの仕事には、専門的な知識と技術が必要なのですが、それ以外にも、その人の人柄やコミュニケーション能力なども重要なポイントです。


資格はないけど他人のために働きたいというボランティア精神が強い人は、NPO法人企業や市民グループを考えてみるのも良いでしょう。


このような団体は、資格を取得していなくても活動できるところがほとんどです。
勤務体系は、パート・アルバイト勤務で働いている人がほとんどです。


登録制なので、依頼があった時だけ出勤するという形になります。

小規模な団体になるので、人手が足りない場合は登録日以外でも要請があるかもしれません。

報酬金額は少なめに設定されていますが、お金よりやりがいを求めている人や、専業主婦で手が空いている時だけでも有意義に時間を使いたい、という人には向いていると思います。

求人案内は、あまり広く募集していないことが多いので、自治体の広報誌や知人からの紹介などで情報を得てください。

関連記事

^BZXuOfAAJAAoCgEBf[^AP[g ... next GEOAoCgYB GEOoCgvBj. GEOAAjdeAoCgB B next lT\ ... boLn[[NB lIXdbAlmF\vB [PR] AoCg| oCg. read more AoCgKCh q錺陬Ap\RgAoCgAoCgvBAoCgl`FbNpBx ... next p[gEAoCgWI AAp[gEAoCgWvB TRxAR`SxAsinS{wA{wjBdeA ... read more AAoCgTij AAoCgTiACj zuOJBXB CyWOMAN. next AoCg AoCgEBEAoCgATAyuOAB ... read more ホームヘルパーと医療(続きを読む)

この記事の関連ワード
アルバイト 1級 給料 歴史 介護福祉士 

ホームヘルパーの給料

資格試験がなく比較的手軽に取得することができるホームヘルパー。

高齢化が進み、介護・福祉関係の仕事が注目されている中で、このホームヘルパーを目指す人の数は増加していますね。

やりがいを求める人には最適なお仕事ですが、実際にホームヘルパーとして働いた場合、お給料はどの程度なのでしょうか。

当然の事ですが、正社員の場合と登録型の場合、またヘルパーの資格によってお給料に違いがあります。

ホームヘルパーとして現場で働いている人の多くは、非常勤のパート勤務だと思いますが、ヘルパー2級取得者の場合、時給は1000円前後がほとんどのようです。
しかしながらヘルパーは実務経験が第一なので、経験を積み、能力が高まっていくにつれて自給が上がっていくところが多いです。

また、サービスの内容でも時給に違いが生じてきます。
洗濯や掃除などの生活支援よりも、入浴や排泄介助、病院の付き添いなどの身体介護の方が重労働になりますから、ほとんどの事業所では身体介護は時給1500円以上などというように、生活支援とは給料の差をつけている事業所も多いです。


パート勤務がほとんどのヘルパーですが、介護のスペシャリストとして高い意識を持ってもらうために正社員として雇用しているところもあります。

正社員であればお給料もそれなりに良いものとなりますが、採用基準は高くなりますね。
登録先を選ぶ時には、そういった事業所の介護に対する取り組み方を確認し、自分の介護能力、コミュニケーション能力をもう一度見直してみることから始めましょう。

関連記事

ホームヘルパーの資格について。両親・祖父母の先を思うと福祉のことを学んだほうが良いとこの頃思います。しかし、今の仕事は余り時間に余裕がありません。人付き合いも苦手です。と言うか嫌いです。…よく接客業やってるわねと自分で思うんですけどね。ホームヘルパーの資格を取るまでに、どの様な訓練があるのか教えて下さい。お願いします。(続きを読む)

この記事の関連ワード
ニチイ 歴史 試験 ハローワーク 三幸 

最近の記事
ホームヘルパー資格の利点
ホームヘルパー パート・アルバイト
ホームヘルパーの給料
関連商品
ホームヘルパーの関連商品
カテゴリー
ホームヘルパー 資格試験
アーカイブ
2009年 02月
Copyright © 2009 ホームヘルパーの試験と仕事. All rights reserved