-月刊ももきんたろう・お出かけ編-

Homepageへ


岩手県・安比高原/2005年9月17日(土)−19日(月)
★お泊りした所:むってぃさん



-1日目-



草木もどっぷりと眠る丑三つ時の午前3時
辺りをはばかるかのように、1台の車がこっそりと住宅街を後にする
前夜22時前にに寝たとは言え、起きたのは午前2時
後部座席には、『ん?何なのかしら?? むにゃむにゃ・・・』とうごめく物体が2ケ
夜逃げじゃないのよ! ももきんっ!


(これは↑中郷SA)
てな訳で、3連休は岩手県安比高原まで、遠すぎる遠乗り
何で午前3時に出発したかと言うと、ETCがね、4時までに高速に入れば割引なんすよ
うちから最寄のインターまでは、16号ちょい混みで、何時も40分以上かかるんですけどね
さすがに真夜中はガラガラで、難なく3時半ぐらいには入れちゃいました、はは^^;
安比までは、うちからだと、柏ICから常磐→磐越→東北道、と進んで行きますが
まずは常磐に乗ってすぐの守屋SA(茨城県)で休憩
4時前だというのに、結構車が止まってましたわぁ〜
ここのSAはドッグランがあるのだけれど、さすがに4時前では開いておらん・・・と思う
いや、暗かったんで寄りもしなかったんですけれど


中郷SA(まだ茨城県)辺りで、やっと太陽が昇る
ああ、眠たい目に太陽の日差しが沁みます〜〜〜
今回は超遠距離なので、あらかじめ高速道のサービス・パーキングエリアを調べておきました
ずばり、『わんことひと休み』
HONDAのサイトです、いいですねぇ、わんこと快適なカーライフ♪
ももきん達には寝台車みたいなモンで、乗って寝てりゃ〜目的地に着くんでしょうけれど
写真のようなカゴに乗ってるわけですから、たまには身体も伸ばしたいでしょうしね
2時間ぐらい置きに、運転手の休憩も兼ねて、広場でワンワンできればいいんです
ささ、休憩もしたし、周りの人に愛想も振りまいたしで、ハコに入って頂戴ね


茨城→福島と走り抜け、やっとの宮城県仙台市あたり
泉PAで、またひと休みの10時
「ひと休み」情報によると
『手入れはされていないが抜群の広さの芝フィールドがあるわんこ連れには穴場のポイント』
ということだったんだけど・・・手入れされてなさ過ぎ!
草ぼうぼうで、足の踏み場もないくらいの荒れ様でした
測量している人達がいたので、これから先は直すのかしら〜??


前に降りたSAで買っといたおにぎりでブランチタイム〜
朝ご飯抜きで出発してきたももきんも、さすがにお腹が空いただろうと
持参のドックフードを何時もの量の半分だけ食べる
わんこは、お腹がいっぱいだと車に酔いやすいんでね、加減しないと
食いしん坊を通り越して、いやしんぼうの腹減りコーギーズ
ちょっとのご飯じゃ我慢できないわ!ってんで、おにぎりを狙う


車は渋滞もなく、順調に走り
途中の対面通行の狭さや、続くトンネルに「ぎゃーーー!!」と喚きつつ
ようやく目的の岩手県に突入、11時57分
岩手県、デカイですから、終着はまだ先ですけれど
ともかく安心、15時ぐらいには余裕で着けるかね?


ももきんよ、あれが岩手山だっ!
の、その名も岩手山SA(岩手県)に、14時07分
高速降りる一つ前のSAですから、ここまで来ればもう、怖いものなしよ、はっはっは!
ってことで、ここでお昼
基本的に、わんこだけで車内に残していかない主義なんで
どうしても、こういう高速を使った遠出での食事は、ショップや屋台で売ってるモノを買ってきて
外のベンチ等で食べることになります・・・が、それもまた楽しい
一番困るのが、雨の時なのよねぇ〜〜
ひと休みで、外を散歩させたいんだけど、ももきんはカッパがないので
ずぶ濡れになると困るし
そんな時は、ひたすら「ごめんね〜〜〜、ごめんね〜〜〜〜」と謝りつつ走る


さぁ〜〜〜、いよいよ高速を降ります
松尾八幡平IC、14時38分
一般道、ほっとします、のんびり走れるし
あたしゃ、高速走る時は、他の車は抜かして頂戴モードの
だいたい90〜95キロペースで走ります
それ以上スピード出すと、疲れちゃうのねん
高速降りると、安比高原→安比高原→安比高原→・・・と看板がいっぱい出てるので
その通りに進んでいくと・・・あれ? 前もって調べておいた宿への道と違う^^;
まぁいいか、まだ時間も早いし、違ったら後で引き返そう、と思いながら走っていると・・・


どーんっ! いきなり宿が現れてびっくり!
予定の方角と反対側からの道で来てるし^^;
着いたから、まぁイイケド
お宿は、安比高原のペンション村(?)の中にある『むってぃ』さん
もちろん、わんこOKのお宿ですぞ
チェックインは15時からだけど、予想外に早く着いて14時50分
連泊している人もいるのでしょうが、取りあえず駐車場には一番乗り


ペンション村には、それぞれ名前のある通りがありまして
『むってぃ』さんは、“たぬき一家のお月見通り”にあります
ノドカです
『むってぃ』という名前は、オーナーが以前、ドイツ語圏内に住んでいたコトがあり
それでドイツ語でつけた・・・と、他のお客さんと話しているのを小耳に挟んだのですが
意味までは聞こえなかった・・・何の意味でしょ??


チェックインした後、付近のお散歩に出かける
オーナーさんお勧めは、すぐ近くにある広場
広場といっても、さすが岩手県! 規模が違います
これが、ぜ〜〜〜〜〜〜〜んぶ、わんこノーリードOKなんすよっ!
もちろん、ただの広場ですから柵なんぞありゃしません
短足犬、幾ら走ったって、向こうには辿り着けないような気がする・・・


ノーリードOKたって、ももきんには一抹の不安を覚える飼い主
こんなコトもあろうかと、ふっふっふ・・・
ロングリードを買い込んできたのだよ
長さ18メートル
さぁ、思いっきり走るがいい、ももきん!!


き:『なんなのー、このヒモ。えーい、くわえてやるっ』
も:『ちょっとぉ、なんかアタシの身体に巻きついてるんだけどぉぉ』


どてっ!
絡まって転んじゃったじゃないのよぉ!
どうなってるのよぉぉ!!




長ぁ〜〜〜〜〜いヒモは、引きずってズルズルと動き回るには
重くて邪魔だったようで、思ったよりかは走り回りません
ま、いくら18メートルあろうとも、全力ダッシュで走り回られた日にゃ
後から走る人間さまの体力が持ちませんが


他にわんこもいなくて、夢のように広い広場を思う存分(?)堪能したので
ひとまず、宿に戻ることに
荷物やら、わんこトイレは先にチェックインした時に部屋に入れちゃったんだけれど
ももきんは、まだ宿に潜入していないのだ
中は山小屋風の素敵なお部屋
ひとつひとつに名前が付いていて、「ポラーノ広場」という部屋でした
たぶん・・・宮沢賢治?


お腹すきました、のお待ちかね夕食タイム!
今日は洋食コースです
あれ?私、お肉のお皿を撮り忘れてる??
ここは連泊すると、2日目は和食コースになったりします
お泊り客た〜〜〜くさんで、賑やかでした
周りの人達と話してみると、みなさん連泊はしないであちこち移動して回ってるみたい
お隣の席の方は大阪からいらしてて、昨日は新潟に泊まり
明日は青森からフェリーに乗って北海道を回るんだそう
ももきんは、安比で2泊して近所でゆったり・まったりしようと思っていたら
色んな人(オーナーさん含む)に『ここまで来て、もったいない!!』と散々言われました^^;
うーん、少しだけ計画を見直す?

足元では、移動疲れと遊び疲れで、ももきんぐーぐーzzzzz
人間さまも、早起きした分、ゆっくり寝まぁ〜〜す
おやすみなさい


-2日目-


一夜明けて翌朝の6時半
人間さまの朝食が8時からなので、それまでに朝のお散歩に行きましょうかね
辺りのペンション村の中を散策です
中々に、ひとつひとつの建物が大きくて立派です
秋の紅葉にはまだ早いけれど、結構あちこち泊り客の車が駐車してますねー


コスモス発見!
こっちにはススキも生えてます
秋だわねぇ〜〜
も:『今日は十五夜なんだってー、おだんご出る?』
色気より食い気のコーギーズ


ペンション村のあちこちには彫刻がたくさん建ってます
き:『くんくん・・・ちょっと失礼(*^^*)』
こやつらにはトイレでしかありません^^;
秋なんだからさー、ゲイジュツってヤツも堪能して頂戴ねっ


き:『誰もテニスしてないわねー、きんちゃんボールガールしてあげるのに』
いや、まだ朝の7時ですから、さすがに^^;


はい、お嬢様方〜〜〜、おすましして下さぁ〜〜い
パチリ!
日頃の暴れん坊振りも何処へやら
深窓のご令嬢って感じ・・・に見えるかしらん^^;?


さて、朝ご飯です
コーンスープにサラダにソーセージ類にスクランブルエッグにパン
パン、美味しかった〜〜〜
もちろん、後でこっそり部屋で、ももきんにもあげました


さてさて、みんなの勧めもあるんで
せっかくだからお出かけしてみましょうかね?
はいはい、ハコに乗って下さいね
他のお客さんは、朝食を食べ終わるや否やお出かけしていて
まだ9時半だっつーのに、うちらが一番出発が遅かった^^;


で、行き先は青森県の十和田湖周辺に決定!
でも、最初から予定してなかったんで地図がないっす
近所のコンビニに寄ったんだけれど、岩手県の地図しか置いてなくて
しかも、十和田湖は青森県だけれど、途中の道は秋田県を通るので
その途中のコンビニには秋田県の地図しか置いてないという有様
ま、有名ドコロだから何とかなるっしょー


『1時間半くらいで着きますよ』と宿の人は言ったけれど
途中、大雨だったりして2時間以上もかかっちゃった
道順で行くと、手前に十和田湖があるんですが
来たことがないんで、せっかくだから奥入瀬渓谷まで行ってみよー!てことに
おおおおおおお!
写真で見たことあるぞ、この風景
観光バスやら車やら結構、渓谷沿いに駐車していて
遊歩道を人がぞろぞろ歩いています、雨だけど


ホントはもっと奥の方の有名ポイントまで行きたかったんだけれど
大雨なんで、人間さまだけならまだしも、わんこがいるんで諦めました
で、適当に記念撮影
周りに人が大勢いて、『わー、かわいい!』とかおっしゃって下さる度に
もぞもぞと動くので、視線はうつろのピンボケ写真


さて、十和田湖
うーむ、この雨なんとかならんか?
湖畔にナントカっていう像が建ってるらしくて、そこで写真を撮りたかったんだけれど
これも諦めました
いやー、びしょ濡れのももきんとナントカ像ってのも笑えるんだけれど、ね


来る途中に東屋があったのを思い出しまして
そこで湖を眺めながら休憩することにしました
途中の高速のパーキングで「カットりんご」なるものを買ったので
これをみんなで分け合ってのお昼タイム、うう、さびしい


十和田湖を眺め、何思う、ももきん
『ぐぅ〜〜〜、腹減ったわ、今夜のご飯は何かしら?』


秋田県米どころ
何処も彼処も、お米が金色に色づいてます


さすがは東北!と思ったのがコレ
動物注意の看板の中味が違います
「鹿に注意」ってのがあるなぁ〜〜、と思っていたら
「カモシカに注意」ってのまで出てきました
東北道には、途中一箇所だけ「熊に注意」ってのも出てきます
そんな巨体を高速で車に当ったら、イヤンっ


雨の十和田湖を後にして、早々に安比に帰ってきました
黄色い建物でお馴染みの安比高原スキー場
さて、どうしましょう?、の15時


スキー場の中に前森山へ上がるゴンドラがありまして
何とっ!わんこOKなんですな、これが
ところが運転が終わるのが早いんです、登りは15時半まで、下りは16時まで
ええいっ! 明日は帰る日だから今しかないぞ!ってんで
大慌てで乗り場へ
イメージでは、ガコンガコンとやってくるゴンドラに
2匹がひょいひょい!と飛び乗る感じだったんですが
意外や意外、2匹の思わぬ大抵抗にあいました
ももたろうが怖がるのはまだしも、きんたろうは吼えまくる吼えまくる>ゴンドラに
しょうがないので、抱っこして無理矢理乗る


前森山山頂〜〜〜
さぶいっ!! 風がびゅーびゅー吹いていて小雨模様
景色なんて、全然見えません
前の日に登った人の話では、素晴らしい景色で
何時間も周辺を歩き回った・・・って言ってたのになぁ〜


再びゴンドラで降りて、スキー場隣の安比高原牧場へ
ここは、わんこ連れにはパラダイス!
だって、駐車場代も入場料もいらないし、ドッグランだって無料なのよ〜〜〜ん
早速、ドッグランを覗いて見ると・・・いるいるいる
一緒に遊ばせてくださぁーい♪


日頃全くモテないももたろうが、どういう訳かダックスのぎん君にモテまくり!
ず〜〜〜〜〜〜っと、ももたろうのお尻から離れませぬ(*^^*)
この光景を見られただけでも、飼い主感激で東北まで来た甲斐があったといもの
方やきんたろうは、ドッグランを縦横無尽に走り回り
『ガウガウするからダメっ!』とリードに繋がれたままの同じくコーギーのひなたちゃんを
まるで挑発するかのように、うりゃりゃーーー!!と、目の前をかすめるように行ったり来たり
他のわんこ様と楽しく1時間程、思いっきり遊ばせてもらいました

で、遊んでいるうちに牧場のショップは閉まってしまいました
えーん、何か買おうと思っていたのにぃ〜〜〜〜!!


今夜の夕食は和食コース
オーナーさんは『地元のモノばかりで恥ずかしいんですけれど』とおっしゃるが
いいえぇぇぇ〜〜! 素晴らしいです、量といい、モノといい
いやもう、何を食べたのか忘れちまったくらい、色んなモノを頂きました

あっという間の東北2泊
一つ一つの県がデカ過ぎで、観光して回るなら、2泊じゃ足りませぬ
明日はもう帰るのねぇ〜〜〜
ももきんよ、楽しく過ごせたかい?


-3日目-


今日は安比から帰る日
ペンション村を名残の朝散歩
ももきん:『くんくん、この白樺の根元が怪しい・・・くんくん』
帰る日とて、いえ、当分来ないからこそ偵察にも念が入るようで


昨日ゴンドラで昇った前森山
ああ、今日は天気が良さそうだわぁ〜〜〜、チクショウ


と、思ってふと足元を見れば
きんたろうが安比高原にさようならのゴロゴロをやらかしていました
アンタ、何処でもご機嫌でいいわねっ


朝食でございます
あと、おかわり自由のパンとコーヒーね
もちろん、今朝のパンもこっそりと、ももきんは頂きました(部屋で)


いよいよ出発です
はぁ〜〜〜、安比はわんこに優しくて面白かったねぇ〜〜♪
来年は、北海道への足がかりにまた来ようかねぇ
・・・と思いながらのんびり走っていると
頭上を自衛隊の巨大戦闘機が轟音をたてて飛び去って行くのが見えました
ももきんにお別れの挨拶かい?


また東北道に乗っかってひたすら南下
帰りは何時間かかるかしらねぇ?
途中で休み休み、安全運転で帰ります
途中で出会ったガスタンクはスイカ柄
産地なのかしら〜?


鹿もカモシカも熊もいなくなり
タヌキばかりが出没するなり


他のお出かけ編に行く