直線上に配置

ヒインコについて



和名:ヒインコ (緋インコ)
英名:Red Lory
学名:eos bornea
オウム目ヒインコ科


分布域:モルッカ諸島
生息地:海岸及び標高1250m以下の山岳地の森林、マングローブのの林

体長:約31cm
(世界鳥類事典より)

いかにも南国の鳥!!というような華やかな外見と明るい性格をしています。もともとのヒインコの生息地はインドネシアの島々でマングローブの低林などにすんでおり先端がブラシのようになった独特の舌の構造を活かして主に花の花粉や蜜、小さな昆虫などを食べて暮らしているようです。またヒインコ科の鳥は上嘴の先端に他科にはあるやすり目がないそうです。(関税分類例規集新旧対照表より)ヒインコ科の中でも一般にぴーちゃんのようにしっぽが短めの種類をlory(ローリー)、少し体が小さくしっぽは長めの種類をlorikeet(ロリキート)というようです。雌雄の外見の差はないようなのですが『原色飼鳥大鑑(ペットライフ社)』のヒインコのページを見ると「雌雄は同色で判別はし難いが雌は嘴が小さく厚みも少ない。又体も小さい」と記述されておりました。

ヒインコの亜種

Red Lory (Eos bornea bornea

Rothschild's Red Lory (Eos bornea rothschildi


Bernstein's Red Lory (Eos bornea bernsteini

Buru Red LoryEos bornea cyanonothus)
亜種の名前の一覧はリンク集でご紹介させて頂いたPetEducation.comのRedlory(ヒインコ)のページを参考にさせて頂きました。トップページからBirdを選びspeciesの一覧の中でヒインコの解説のページがあります。

性質について(我が家のヒインコの場合)

人懐こい
とても活動的で人懐こいです。またショップのお姉さんのお話によると他の鳥種より明るくあっさりした性格だそうで何か嫌なことをされたからといって根に持つことがないのがヒインコのいいところだとおっしゃっておりました。おもちゃで遊ぶのも大好きですが一人で遊ぶよりは人間と遊んでもらいたがります。ただ
3才になる前頃までは誰とでも遊ぶ愛想よしさんでしたが大人になるにつれ人を選ぶようになって来ました。どうも女の人のほうが好きなようです。また見知らぬもの(はじめてのおもちゃなど)にも怖がって近づけなくなってきました。
普段から社会に出て(外出したり人に来てもらったり)人と交流を持ったり外界の刺激に触れた方が鳥の社会性を身につけるうえで有効だそうですが我が家では成長の過程であまりそういう機会を作ってあげられなかったからかもしれませんn。

おしゃべり好き、モノマネ好き
ヒインコのおしゃべりは発音は明瞭ではありませんが「どうぞ」と言うと「ありがとう」と答えたり,ただいまーというと「おかえんなさい」と答えたり多少状況に応じた言葉を使い分けることが出来ます。話しかけるとおしゃべりを覚えようと人の顔に自分の頭をぴったりくっつけ言葉に聞き入っておりなかなか勉強熱心です。『世界のオウムとインコの図鑑(講談社)』のヒインコの項には「ヨーロッパではイギリス、フランスに輸入されイギリスでは一羽の雄が物真似をしてして愛玩された」とあります。

好奇心旺盛
いろいろなことを知りたいやってみたいと思っているようです。なんでも興味を持つので簡単な芸もこなすようになり楽しませてくれます。嫌々でなく楽しくてやっているらしいあたり学びの喜びを知っているかのよう??なかなか向上心は強いようです。

かわいい(!?)
いつもものすごく元気に遊びまわっていますが時々甘えた声を出してみたりほっぺたに自分の顔をすりすりしてきたりもします。頭をかきかきされるのも好きでお礼にこちらの指をはみはみしてくれたり髪の毛をつくろってくれたりします。

おもしろい
そしてなんといってもおもしろい。ころころとよく転がって遊び時々鳥とは思えないような格好でおもちゃを振り回している姿や動作は眺めているだけでも楽しめます。

そして以下、あまり好ましくない点

騒々しい
普段一人でカゴの中にいる時ももにょもにょしゃべったりおもちゃをかちゃかちゃいわせて遊んでいます。こういう普段の声はセキセイインコの声の大きさくらいで特に気になりません。ただ一人で遊んでいるうちに盛り上がってくるとだんだん声の音量がアップしてくることがあります。また人間同士が楽しそうに話し始めたり電話でしゃべってたりすると仲間はずれにされたと思うのか自分に注目させようとするかのようにギャーギャー騒ぎます。声はかなり甲高く大きくよく響きますので我が家では夏もほとんど窓を開けられません。

散らかし屋さん
飲み水に食べ物をを浸して食べるため水がすぐ汚れてしまいます。またクチバシについたのをぶるるんと振り払うのでケージの外にまで食べかすが飛んできます。果物も汁だけ搾り取り繊維は食べかすとしてぽいっと飛ばされます。掃除はなかなか大変です。また糞が水鉄砲のようなのでに絨毯や服についた糞をティッシュペーパーでつまむのには技術を要します。乾燥ペレットを主食に食べるような食生活を送っていると糞が固くなるそうですが固形になるわけではなく水分状の糞からべったりしたフンになるだけでした。

大人になるまでは興奮させすぎ注意
ヒインコの中には大人になる過程で噛みつきが多くなるものもいるようです。これは一時期であってずっと続くわけではないそうですが本気で噛まれると出血するのでこの時期は注意が必要です。我が家の場合も一時期遊んでいる途中で興奮すると理由もなくいきなり噛み付いてきたりする時期がありましたが大人になった現在はすっかり落ち着きました。





HOME
直線上に配置