ベネルックス・独20日の旅   01 Aug.,2002 起草

26 Sept.,2002 ゲント(2)公開、大行程の下の補足説明大幅書換え(黒文字部分、青文字部分


   大行程                                                       宿泊地
                                                                  ↓      
2002.06.20(木)成田発 KL862(10:25)⇒アムステルダム・スキポール空港着(15:10)
デルフト 
2002.06.21(金)アムステルダム観光。ゴッホ美術館、国立美術館、ハイネケン博物館。           同上
2002.06.22(土)デルフト1日各自自由行動の息抜き日。塔と跳ね橋、結婚式、地域のお祭り、屋台。   同上
2002.06.23(日)トラムに乗って デン・ハーグ訪問。ビネンホフの騎士の館、マウリッツハイス美術館、
   N様宅にて昼食。午後、Scheveningen(日本語読み:スケベニンゲン)の De Pier 埠頭見物。        同上 
2002.06.24(月)国鉄でライデン へ。風車スケッチ。昼食パンケーキ。デルフトへ戻り、
   新教会の100米を超える塔に登り、デルフト市街一望千里。                           同上
2002.06.25(火)国鉄でユトレヒト へ。14世紀のデ・ハール城、オルゴール博物館、
   アウデグラハト運河沿いでスケッチ。                                         同上
2002.06.26(水)国鉄でロッテルダムへ。キンデルダイク・ユネスコ世界遺産認定の
   風車が林立。観光船、風車小屋、スケッチ。ロッテルダム港一周。                       同上
2002.06.27(木)ナイメーヘン へ国鉄で移動。軽井沢の森の中の別荘を思わせる
   静かなたたずまい。ホテルで1回目の夕食付き。        ナイメーヘン
2002.06.28(金)ナイメーヘン市街観光。寺院、古い町並み、チーズ切りツール購入。
   オムレツ屋で待つ間にスケッチ。ホテルへ帰って、夕食はインスタント日本食。                同上
2002.06.29(土)世界的な平和の祭典「フォデイズ・マーチ」の予行演習に遭遇。バスが使えず。
   ホテルで一日自由時間をスケッチに当てる。夜は、宿泊費に2回目の夕食代込みの晩餐で
   ステーキ・コースを堪能。馬鹿でかいステーキなもんで、若さ溢れる小生に差し入れが相次ぎ、
   もう勘弁してえ、の嬉しい悲鳴。いやあ、ワインとともによく飲み、食べた。                    同上
2002.06.30(日)朝ホテルにお迎えの自家用車3台に皆分乗して、40分程のところにあるN様の
   友人Frank & Rosi宅訪問。プロ画家 MR.Vincent van Delft 指導によるスケッチ会。同画家作品
   展覧会場のウインスチェン城参観。仲間の中には彼の絵画を購入した人もいた。                同上
2002.07.01(月)あいにくの雨模様。南下してオランダ・マーストリヒトへ移動すべく、ホテルに呼
   んだナイメーヘン駅までのマイクロバスで、衆議一決マーストリヒト へこのまま行こうよ、
   ということになった。数の経済性がモノを言った形だ。ついたホテルは繁華街の中にあるが、階段
   は急、部屋は狭く、電話が無かった。Mobile が出来ず。(/・_・\)トホホ マーストリヒト
2002.07.02(火)マーストリヒト市内観光。あまり大きな町ではないが、あちらこちら歩き回った。
   城砦のあとを住居にしたり、古い建築物が多く、スケッチもした。夕方、某フォーラムで紹介のあっ
   たイタリヤ・レストランを探し当て、本場もののイタ飯を食ってご機嫌さんだった。
   ただ、著名なスープに出会う事は残念ながらなかった。                              同上
2002.07.03(水)この日もあいにくの雨模様。昨日、交渉成立の旅行社手配の50人乗り大型バス
   で、オランダ・マーストリヒトから遥か遠方のブリュッセルまでドア ツウ ドアの
   移送兼、途中で何ケ所か観光に立ち寄るという虫の良い交渉が成立していた。
   これも数の経済性がモノを言った形だが、交渉役を引き受けてくれた、我がルームメートNさんの
   功績によるところ大である。感謝、感謝。結局、我々は、アーヘンという、オランダ隣接の
   ドイツ都市を訪れ、ベルギーに入ってから、ナミュール経由、お城の多いデイナン
   を訪問して、ブリュッセルに入ったのだった。                                    ブリュッセル
2002.07.04(木)ブリュッセルのホテルはメトロまで歩いて数分のところで便利がいい。
   ただ、国鉄となると南駅やセンター駅に行かねばならないので、メトロやトラムのお世話になるが、
   共通のシニア割引回数券が便利いい。ブリュッセルの繁華街中心はグラン・プラス Grand Place
   という。そこの観光案内所に行くと、今夜年1回の「オメガング」なるベルギー古代再現の催しもの
   があるという。連れの皆が大枚払って切符を買ったので、当方も連れションでかぶり付きの切符を
   買ってしまった。昼間はブリュッセルのEUビルや凱旋門を観光して時間を潰し、夜9時から始まっ
   た催し「オメガング」には度肝を抜かれてしまった。まさにこんなものがあるの、という迫力であった。     同上
2002.07.05(金)国鉄でベルギー北西部のブルージュへ行く。午前9時以降ならどんな
   遠距離でも2.5ユーロで行けるのだから、こんなに調子の良い事は無い。これが何でも見てやろうと
   いう気持ちを惹起して疲労困憊の引き金になった。とあるレストランでバケツのムール貝やパン入り
   スープ、コロッケなどを賞味した。          同上
2002.07.06(土)国鉄でアムステルダム方面へ北上して、アントワープへ行く。
   効率よく移動して時間を稼ぐ為、アントワープ中央駅からタクシーを利用して、王立美術館へ直行。
   ここはヨーロッパ有数の美術館の一つだそうで、英語のオーデイオ・ガイドを借りたが、殆ど聴かず
   にノー・フラッシュなら撮影が許されるため片っ端からデジカメ写真を撮った。おおむね腹も減った
   し、この美術館の中のレストランで昼飯を済ませて、ノートルダム寺院、市庁舎、国立海洋博物館
   (ステーン城)界隈を回るが中に入らず、外観をスケッチした。ブリュッセルに戻って、夜はグラン
   ・プラスのイタ飯屋で夕食。                                                同上
2002.07.07(日)一昨日行ったブルージュの手前のゲント観光。12世紀に建造が始まり、
   16世紀に完成したという聖・バーフ寺院に入ったが、こんなに見応えのある寺院は初めてだ。
   ノー・フラッシュ撮影も許されたので片っ端から撮りまくった。大肉市場、フランドル伯居城などを周遊、
   川の側でスケッチを一枚描いた。         同上
2002.07.08(月)今日は快晴に恵まれ、待望のルクセンブルグ観光。ルクセンブルグに
   行かねば、ベネルックスに行ったとは言えないから、かねてよりの念願が果たされた。「地球の歩き方」
   をこの旅行中は肌身はなさず携行したが、ルクセンブルグでも大いに役立った。アドルフ橋を渡ってから
   ミニトレインに乗って、旧市街のグルント(低地)を一回りした。今度は市街中心部を散策してボックの
   砲台まで足を伸ばした。帰りは、流石に草臥れてバスでルクセンブルグ中央駅に戻った。今日は3人連
   れであったが、帰りの列車に乗るまでは、各自自由に夕食を取った。                         同上
2002.07.09(火)交通費がかからないので一昨日行ったゲントの未だ見ていないところを観光する事
   にし、再びゲントへ行く。ゲントの中央駅であるセント・ピータース駅から徒歩で、そばの城址
   公園を通ってゲント美術館へ入館。ここもノー・フラッシュの撮影が許されていたので、興味を引かれたもの
   を撮影した。
   ルームメートは、ココは初めてだったので、バスで聖・バーフ寺院の近くまで行き、その界隈を散策したあと、
   仲間の何人かが既に訪れて情報をくれたビールの特殊な入れ物で飲ませる店に入った。昼食は川沿いの
   レストランで、ゲント名物「ワーテルゾーイ」を食べた。フランドル伯居城のところへも又行き、帰途についた。  同上
2002.07.10(水)アムステルダム・スキポール空港発 KL861(14:40)⇒                   機中泊
2002.07.11(木)成田着(8:45)
 

   海外に長期・短期の滞在旅行をすることでシニアの生き甲斐を見出そうとのコンセプトを持つWSC(ワールドステイクラブ)の一分科会相当のPSC(ポストカードスケッチクラブ)も今年は海外旅行の計画が前年からあり、ベネルックスに詳しい会員のT様御夫妻が秀逸な企画をされ、年明けとともに少しずつ具体化し、参加者の確定とともに、4月にはフライト、宿泊ホテルも設定された。この旅行では通貨単位がユーロ統一で使いやすかったが、オランダ、ベルギーは、そこかしこで、シニア割引があったのは、とても助かった。シニア天国といってもいいであろう。

   撮影してきた大量のデジカメ画像のうち、オランダ風車を「ダイナミック画廊」に掲載した。紀行は「旅つれづれ」サイトに逐次掲載し、またスケッチは「やまと美術館」サイトにすでにアップ済である。そしてさらに、大量の画像を拡大しても見られるように下記アルバム・サイトを活用した。

   オメガング画像(15 Sept.,2002UP)

   アルバム・アントワープ王立美術館(17 Sept.,2002UP)

   アルバム・聖バーフ寺院(22 Sept.,2002UP)

   アルバム・憧れのルクセンブルグ(24 Sept.,2002UP)

   ゲント美術館・市街風景(26 Sept.,2002UP)


   ベネルックス・独20日間踏破の道のりを概括するには、見辛くて申し訳ないが、下の地図(地球の歩き方より)で、黒い楕円で印した周遊訪問市をクリックしてご覧頂きたい。

   上の大行程または下の地図でマウスポンターが手の形に変わる大きな赤色の文字都市名をクリックすると、訪問都市関連のページへジャンプする。(24 Sept.,2002 現在デルフト、ナイメーヘン、マーストリヒト、ブリュッセル、ブルージュ、アントワープ、ゲント、ルクセンブルグ完成。)


HOME