アントワープ訪問 ベネルックス・独20日の旅   17 Sept.,2002 起草

以下の黒い数字は、通貨単位ユーロ

2002.07.06(土)今日は、ブリュッセルの北45km、オランダ国境まで30kmのベルギー北部のアントワープAntwerpen へ行く。

    この町のキーワードは、港、ダイヤモンド、ルーベンスだそうである。アントワープは15世紀から商業・金融の中心地として発展、
    現在も世界有数の港として名高いアントワープ港は、ヨーロッパ最大のコンビナート。この町は、世界のダイヤモンドの研磨・取引
    の中枢の位置を占め、これらの産業は、国の経済の多くを担いGNPの6%にあたる。アントワープなしにベルギーの歴史・経済
    は語れない重要な町である。経済のみならず、17世紀にはバロック期最大の画家ルーベンス、かれの弟子ヴァン・ダイクのほ
    か、フランドル派といわれる多くの画家が活躍、以来今日まで、未来のルーベンスを目指して世界各地から芸術家の卵たちの訪
    れが絶えない。その昔から変わらずに今も商人、芸術家、船乗り、観光客などさまざまな人種、階層の人が溢れるコスモポリタン
    な町、アントーワープは、何処に焦点をあてても楽しめる。尚、模型があったが、駅舎は工事中のようであった。

    週末は割引率が違うようだが、ブリュッセルからアントワープまでの往復シニア割引の切符は21.8/4人=5.45/人であった。
    ブリュッセル出発10:41⇒アントワープ着11:25。効率よく移動して時間を稼ぐ為、アントワープ中央駅からタクシーを利用して、
    王立美術館へ直行した。タクシー7/4人、入館料4。ここはヨーロッパ有数の美術館の一つ、ネオゴシック様式の建物で、特に
    ルーベンスのコレクションでは世界一を誇る。ノーフラッシュだと撮影OKであった。英語のオーデイオ・ガイドを借りたが、殆ど聴
    かずに片っ端からデジカメ写真で撮りまくった。画像は膨大になったので、まとめて別サイト「アントワープ王立美術館」に展示
    した。ピンボケなど粗悪な写真もあるが、拡大画像が見られるので、ルーベンスやヴァンダイクの迫力ある絵画をお楽しみ頂けた
    らと思う。おおむね腹も減ったし、この美術館の中のレストランで昼飯を食べた。29/4人=7.25/人

    午後は、ノートルダム寺院、市庁舎、国立海洋博物館(ステーン城)界隈を回るが中に入らず、外観をスケッチした。スケッチは
    「やまと美術館」ベネルックス・独20日の寸描に載せた。

  アントワープ駅舎
          06 July,2002
  同左
          06 July,2002
  同左
          06 July,2002
  同左
          06 July,2002
  同左
          06 July,2002
  アントワープ駅舎模型
          06 July,2002
  アントワープ駅舎模型
          06 July,2002
  同左
          06 July,2002
  同左
          06 July,2002
  同左
          06 July,2002
  同左
          06 July,2002
  王立美術館
      記念撮影
          06 July,2002
  同左食事中
      修道院ビールも
          06 July,2002
  王立美術館
      外観全景
          06 July,2002
  フルン広場
  ノートルダム寺院
          06 July,2002
  同左
      ヒルトン・ホテル
          06 July,2002
  同左
      ルーベンス像
          06 July,2002
  同左
      今日の両替レートは?
          06 July,2002
  同左
      パントマイムの前で
          06 July,2002
  市庁舎
          06 July,2002
  同左前広場
          06 July,2002
  ノートルダム寺院
          06 July,2002
  市庁舎前広場
          06 July,2002
  国立海洋博物館
      ステーン城
          06 July,2002
  シュヘルド川沿い
     船着き場
          06 July,2002
  シュヘルド川沿い
     ステーン城裏側
          06 July,2002
  トイレ借りカフェエ
          06 July,2002
  アントワープ駅
     の時刻表
     (最上段17:04発)
          06 July,2002
  夕方の
     アントワープ駅舎
          06 July,2002


    夕方になったので、アントワープ出発17:04⇒ブリュッセル着17:45で、ブリュッセルに戻った。
    夜はグラン・プラスのイタ飯屋で夕食。12/人
    先日オメガングで賑わったグラン・プラス周辺の路地は、夕食を取るひと、音楽家、大道芸人などで、また違った賑わいを見せて
    いた。
  夕食取った
      イタ飯屋
          06 July,2002
  同左
          06 July,2002
  路地裏の
      食堂街
          06 July,2002
  同左
      ここは鳴り物入り
          06 July,2002
  路地裏の
      食堂街
          06 July,2002
  皆、美味そう
          06 July,2002
  皆、美味そう
       2階立て料理
          06 July,2002
  皆、美味そう
       ムール貝のバケツ
          06 July,2002
  街頭音楽家
          06 July,2002
  グラン・プラス
          06 July,2002
  大道芸人
          06 July,2002
  同左
          06 July,2002
  大道芸人
          06 July,2002
  同左
          06 July,2002
  古い家の時計に注目
      この明るさで午後9時
          06 July,2002


【前へ】  【大行程へ】 【後へ】


HOME