一気に完成画像へ
とりあえずデカールを貼り終えました。
このデカールは最高レベルの難易度です。
カウルの色が
組み立て説明書ではブラック10:チタンゴールド3で
調合するようになってますがちょっと無理がありそうです。
自分で作り出した調合は忘れてしまいましたがシルバーと
ブラックを適当に混ぜて塗ってその上から結構薄めた
Mr.MetallicCOLORGXを吹いてぎらぎら感を出し
その上にこれまた結構薄めたゴールドを気持吹いてやると
デカールの色にかなり近づきます。
結構高級感ぽくいい感じです。

最初に買った安く売ってたプラモの説明書はメタリックグレイ指定だったので
タミヤカラーのアクリル塗料XF-56を素直に塗ったときは、愕然としました。
フロントカウルはそのまま色を塗り直し
リアカウルは新しく作り直し同じくシルバー系の塗料を
吹き付けたので表面がザラザラしています。
クリアーを吹いて表面をある程度研ぎ出し
デカールの食いつきを良くしておきます。
この段階の調色と研ぎ出しを考えると
面倒になって手が止まってしまうのです。

カウルの組み立て図指定のタミヤカラー瓶入りのメタリックグレイを塗ると
これぞ安いオモチャのF1に成り下がるので悩んだ末
黒に近いグレーを塗ってその上に薄めたMr.MetallicCOLORGX
を軽く吹くといい感じになります。俄然やる気テンションMAXに
なります。

←ここの
  ライン
  
カウルの色も決まりあらかた出来てきたので2014年の正月休みに
劣化気味のデカールでも貼ろうと思って馴染ませようと
空気抜きなど力こめてやっていたら、パテで整形接着した
ところが割れてデカールもろとも破砕してしまいリカバリーするも
無ざまとなり一気にテンションが下がり放置するに至る。


でも諦めきれないのでもう一台買って作り直します。
安いプラモ買ったのに高くついてしまった。
資料も何もないので自分なりのイメージで作っていきます。
今回はメッキシルバーNEXTという塗料を近所の模型屋で
購入したので使ってみました。
ラジエーターやエキゾーストマニホールドが床に
写りこんでいるのが分かるでしょうか。

いつもはボディーを作り上げてから細々としたものを
作り上げていくのですが今回は、説明書にそって作ります。
McLaren