表紙(H)>恋愛小説の目次>「雨がやむまで〜愛を伝えたい〜」と「雨が降る」の目次

雨がやむまで〜愛を伝えたい〜

あらすじ

見合い結婚した綾音と亮祐はごくありきたりな生活をおくっていた。 しかし新病院建設のため亮祐が大阪に単身赴任することになり、 寂しさのあまり綾音はある過ちをおかしてしまう。 良心の呵責に耐えながらも綾音は改めて亮祐への愛を感じるのだった。 そしてその愛を伝えるために綾音は亮祐のいる大阪に向かう。 だがその想いとは裏腹に愛は過ちを許しすのだろうかと恐れ慄くのだった。 そればかりか亮祐に恋心を抱く女性や別居中の親友が交錯して、 亮祐と綾音の愛をより一層もつれさせる。

関連作品として由紀江の大学時代の恋や隆也との結婚生活を描いた「雨が降る」で詳しく書いています。
ご興味ある方はどうぞお読みください。

1.戸惑い
2.夜半の嘆き
3.人の恋路を邪魔するものは
4.緑の風に吹かれて
5.Blue Moon In The Dark
6.Rippling Waves
7.refurbish
8.嫉妬
9.熱伝導
10.火花
11.undercurrent of love
12.雨が降る
13.knock the door
14.I miss you
15.I need you
,16.呻き
17.残響
18.凍った夢
19.道化師の輪舞曲
20.北へ
21.questioner
22.Maybe……
23.Dance on the Water
24.愛しさと
25.抱きしめる手
26.鼓動が聞こえる
27.情熱と静寂
28.Go Back
29.With Me
30.With Out You
31.迷宮
32.ひとすじの光
33.陽射し
おまけ

PDF版にて第1章〜第10章と第11章〜第20章と第21章〜第30章までをダウンロード出来ます。こちらから。

ここで拍手・アンケートに対する返事をしてる時もあります。


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(週1回)

人物紹介

塚本 綾音(あやね)
東京近郊のすみれが丘総合病院の娘。亮祐の妻。 セミオーダーの靴屋「N」を経営していたが大阪に単身赴任した亮祐を追いかけるために閉店した。
塚本 亮祐(りょうすけ)
綾音の夫。すみれが丘総合病院の事務長代行。新病院建設のため大阪に単身赴任中。
今井 由紀江
綾音の高校時代からの親友。現在今井隆也と離婚を前提に別居中。東京在住。
山根 咲枝
すみれが丘総合病院の事務員。大阪に赴任中。
今井 隆也
由紀江の別居中の夫。
及川先輩
関西地方在住。綾音と由紀江の大学時代の先輩。由紀江の初恋の人。

上へ(T)

雨が降る

あらすじ

もうすぐ30歳になる主婦の由紀江は会社でも出世頭と目されるほどの夫と何の不自由もなく毎日を過ごしていた。 ある日親友の綾音が不倫をしていると知った時から何かが由紀江の心の奥で燻り始める。 そして胸の奥に封じ込めていたある男へ伝えられなかった想いがまだ心を揺さぶることに気がつくのだった。

(夫婦もの)完結

1.残香
2.Perfume
3.Eau de parfun
4.Eau de Toiletto
5.Eau de cologne
6.匂い

人物紹介

今井 由紀江
夫である今井隆也と都内の高層マンションに住んでいる。両親は東京近郊に兄夫婦と暮らす。
今井 隆也
由紀江の夫。外資系の会社に勤めている。
塚本 綾音(あやね)
由紀江の高校時代からの親友。東京近郊のすみれが丘総合病院の娘。 セミオーダーの靴屋「N」を経営していている。
及川先輩
関西地方在住。綾音と由紀江の大学時代の先輩。由紀江の初恋の人。

関連作品として綾音と夫・亮祐の愛を描いた「雨がやむまで〜愛を伝えたい〜」があります。ご興味ある方はどうぞお読みください。

上へ(T)

「雨がやむまで」のバナーを六花工房さんに作って頂きました。感謝!! 恋愛小説「雨がやむまで-愛を伝えたい-」のバナー