タイトル画面

 はじめて門司法律事務所をご利用になる方へ

受付イメージ
当事務所は【分かりやすく親切に】がモットーの法律事務所です。
あなたの不安や疑問にしっかりと
向き合って 納得のいく解決方法を
いっしょに考えます。

相談だけでも、OKです。
まずは電話にてご予約ください。

営業時間外にも留守番電話、
左上のお申し込みボタンのフォーム
からも予約のお申し込みを受け付けています。

相談料は長時間が見込まれない限り、5,000円が上限です。
また、借金の相談は無料です。


 事務所からのお知らせ

2019-02-11
今週の事務所からひとことを更新しました。
2019-01-14
2017-09-01
2017-09-01
2017-09-01
2016-08-10
2013-02-15
3月1日(金)から毎週金曜日の受付時間が
午後6時30分までになります。
ただし、相談の予約が入ってない場合は、
通常どおり、午後5時に業務を終了致します。

2011-10-17
ホームページを開設いたしました。

 今週の事務所からひとこと

今週の一言イラスト
  2月3日のNHKスペシャル「朝鮮戦争秘録-知られざる権力者の攻防-」を視ました。
 北朝鮮の侵攻は、スターリンの圧倒的支援のもと始まったのですが、ゴーサインが出たのはソ連の核実験成功のあとでした。
 つまり、核を持つことで、米国との正面戦争にはならないと読んだのです。
 なるほど、北朝鮮が核に固執するわけです。
 北朝鮮は、韓国を半島から追い落とすところまで追い詰めました。起死回生が米国の仁川(半島西端38度線に近いところ)上陸作戦でした。まるでノルマンディと同じ。
 北朝鮮軍を挟み打ちにし、中国国境へ追い詰めたところで、雲霞の如く現れたのが中国人民軍でした。
 朝鮮半島は、北朝鮮によって南半分が蹂躙され、米国軍、特に空爆によって全土が悲惨な被害を受けたのです。
 朝鮮戦争は、沖縄やベトナムと同様、戦争そのものに人々が投げ込まれた大悲劇でした。
 文大統領が、金さんと何とか仲良くしようという気持ちが分かります。
 なお、朝鮮戦争を踏み台に日本経済が復興したことも忘れてはならないでしょう。