タイトル画面

 はじめて門司法律事務所をご利用になる方へ

受付イメージ
当事務所は【分かりやすく親切に】がモットーの法律事務所です。
あなたの不安や疑問にしっかりと
向き合って 納得のいく解決方法を
いっしょに考えます。

相談だけでも、OKです。
まずは電話にてご予約ください。

営業時間外にも留守番電話、
左上のお申し込みボタンのフォーム
からも予約のお申し込みを受け付けています。

相談料は長時間が見込まれない限り、5,000円が上限です。
また、借金の相談は無料です。


 事務所からのお知らせ

2017-03-25
今週の事務所からひとことを更新しました。
2016-02-04
2016-08-10
2013-02-15
3月1日(金)から毎週金曜日の受付時間が
午後6時30分までになります。
ただし、相談の予約が入ってない場合は、
通常どおり、午後5時に業務を終了致します。

2011-10-17
ホームページを開設いたしました。

 今週の事務所からひとこと

今週の一言イラスト
   3月21日、「共謀罪」が閣議決定された。このままでは国民の上に刑罰が重くのしかかってくる。刑罰って何だろう。機能的には社会をコントロールする一手段です。 教育は最も平和的なコントロール手段です。刑罰って様々な手段の中で、どこに位置づけるべきでしょうか。もし第一位に置いたら、どんな社会になるでしょうか。想像するだに恐ろしい。
 自由や個人を尊ぶ考え方からは、順位は下がりに下がるでしょう。刑罰は「必要悪」と表現すれば最下位でしょうか。講学的には刑罰の「補充性」と呼ばれます。
 つまり、他の手段を施してもどうしても防げないときに刑罰がそっと顔を出すのです。
 「テロ対策」と政府は言いますが、日本のどこでどんなテロが生じていますか。
 日本のテロと言えば、戦前の井上日召による血盟団事件が有名です。一人一殺、お国のために命を投げ出せという思想でした。社会そして人命を守る一番効果的なコントロール手段は、平和憲法の思想の教育でしょう。
 戦後、戦前の思想教育は、反省の上否定されました。教育勅語が最たるものです。平和憲法に基づく教育を阻むある種の人達が今もいて、声高になっていることが残念でなりません。