タイトル画面

 はじめて門司法律事務所をご利用になる方へ

受付イメージ
当事務所は【分かりやすく親切に】がモットーの法律事務所です。
あなたの不安や疑問にしっかりと
向き合って 納得のいく解決方法を
いっしょに考えます。

相談だけでも、OKです。
まずは電話にてご予約ください。

営業時間外にも留守番電話、
左上のお申し込みボタンのフォーム
からも予約のお申し込みを受け付けています。

相談料は長時間が見込まれない限り、5,000円が上限です。
また、借金の相談は無料です。


 事務所からのお知らせ

2016-09-28
今週の事務所からひとことを更新しました。
2016-08-10
2013-02-15
3月1日(金)から毎週金曜日の受付時間が
午後6時30分までになります。
ただし、相談の予約が入ってない場合は、
通常どおり、午後5時に業務を終了致します。

2011-10-17
ホームページを開設いたしました。

 今週の事務所からひとこと

今週の一言イラスト
 9月4日、中国杭州市でG20サミットが開催された。中国の見せ場だ。
 前日、「エアフォース・ワン」が飛行場に到着。ところがオバマ大統領には「赤じゅうたん待遇」の出迎えはなかった。やむなく機体後方にある自前タラップを使用する。
 米国記者が撮影のためオバマの方に移動したところ、中国警備責任者に制止された。米側が「われわれの大統領で、われわれの飛行機だ」というと、中国側は「ここはわれわれの国だ。われわれの空港だ」と怒鳴り返した。
 ヤレヤレ!
 中国外務省は、9月5日の定例記者会見で「ほかの国家指導者は、皆中国側が提供したタラップを使って降りている。なぜ米国だけが違うのか? これは米国側が備え付けの階段を使うことを要求したためだ。その理由は米側に聞いて欲しい」とさ。
 ハイ、あんたが大将。
 オバマ大統領は「こういうことは起こるもので、そんなに重大なことと捉えるべきでない」と大人の発言。
 そういえば昨年10月、習国家主席が英国を公式訪問した際、エリザベス女王が中国当局者を「とても失礼だった」と評していたよネ。