片仮名かたかなどのようにして
生まれたのだろう?

たて(行)と横(段)のアルファベットを組み合わせて声に出し、そのます目の上にマウスをのせて、漢字のどの部分から作られたのかをたしかめましょう。
お寺のお坊さんたちが仏教(経典きょうてん)の勉強をするときに、漢字を記号化きごうかしたのが始まりだといわれています。『片』という漢字はちゃんとそろっていない(不完全)という意味もありますので、もともとの字(真名まな)のカタッポを利用した仮名文字がカタカナということになります。
千年以上の長い時間に多くの人が書き写しながら今のカタカナ文字を作りあげたのですから『もとになったと思われる漢字』はたくさんあります(多くの異字体があります )。下の表は 浜島書店出版の『国語便覧』を参考にしました。

それぞれのマス目にマウスをのせると元の文字があらわれます。マウスオーバーで元字を確かめましょう。














ぎょう
だん
子音しおん 母音ぼおん