バンジージャンプ台もあります。
似てる人がいるような気がする
景色を楽しむ馬たち
しばし風邪を忘れてます
とってもブタらしいブタ
触れ合えるそうですが・・・
ハイジを思い出した
にらめっこ
干支の馬が迎えるエントランス
ワールド牧場でリラクゼーション 2002年1月13(日)

 2002年に入り、正月早々風邪で寝込んでしまった。ようやく治った私の代わりに今度は妻が昨夜からずるずるいっている。それでも今朝になると、まだ咳と鼻はずるずるいっているものの熱も下がり調子もだいぶんいいらしい。体調のいい内にと言うことで朝から車で外出した。
 目的地は大阪で唯一の村「千早赤坂村」の近くにある「ワールド牧場」だ。時間もたっぷりとあったのでずっと下道を走ることにした。国道170号線を2時間ほどひたすら南下し、周りに田んぼが多くなってきたなぁと思ってきたらもう近くである。ここは大阪府内にありながら、高台に広大な広さを有しており、眼下には大阪の街が開けている。夏にはPL花火大会をここから眺める人で大渋滞となるところである。
 3連休のなか日ということで駐車場にはいっぱいの車がとまっている。駐車場代¥1000はちょっと高い気がしたが、通常¥1500の入場料が本日は無料と言うことと切符切りのおやじのがんばってる姿を見て素直に停めることにした。
 園内は広く巡回バスも廻っている。いろいろな種類の犬が大きなおりに分けられて入れられていた。とってもかわいいものから、とってもぶさいくなやつまで・・・。人なれしており尻尾をふって近づいてくる。中には熊のように大きな犬までいる。あんな犬を飼える家に住みたいと心の中でつぶやいた。他にもやぎや羊やラクダ、それにブタ。ブタと触れあえる場所もあったが、その汚い姿とはあまり触れ合いたいとは思わない・・・。
 そしてメインが今年の干支でもある馬である。そういえばエントランスにも変な馬がいたなぁ。乗馬をしたり、えさをあげたり一通りのことは何でも体験させてもらえる。中には散歩専用の犬がいて、犬の散歩まで体験させてもらえるらしい。こんなことをお金をはらってする人がいるのだろうか?
 一通り園内を見て廻った後、同じ園内にある温泉施設「一の湯」に入ることにした。当然こうなることは予想していたので、ちゃんとお風呂グッズをもって来ていた。平日は¥600だが、土日は¥1000だった。温泉だけに来た人は駐車場代もはらっているのでちょっと可愛そうな気がするが、まぁ人のことはどうでもいい。風呂上り、ひんやりとした空気の中でアイスクリームを食べながら、暮れかけた大阪の町を見渡した。
「うん、今日もいい日だった」。妻の咳が少しひどくなったことは気づかなかったことにする。