12/31の夕方に無事に大津の家に帰って来た。
すぐ隣のジャスコは年末・年始も休みなく開いている。年々正月らしくない正月を迎えているような気がする。今年は久々にNHKの紅白を見てみた。そしていつのまにか、何の感動もない新年の瞬間を迎えてしまった。外では、新年を祝う暴走族とそれを追いかけるパトカーの音が響いていた。
 今年もよろしくお願いします。
道沿いには越前ガニを売るカニ専門店がたくさん並んでいる。美味しそうな湯気を出して客を誘い込んでいる。
すでにちらほらとスイセンの花が咲いていた。冬に咲く花の代表だ。
越前海岸灯台。スイセン公園の中にあります。北朝鮮対策か、重々しいレーダーが設置されていた。
若女将のいる芦原温泉の旅館に一泊した。久しぶりにまともな旅館に泊まり、朝の目覚めもよい。早朝から3度目の温泉にも入ってきた。
12月31日 今年最後の一日は日本海に沿って越前海岸を南下することにした。
近くの神社には5円玉の束が・・・御縁があるように・・・
思わず買ってしまった・・。
自然岩のトンネル 越前海岸を代表する奇岩「呼鳥門」。
何もない芦原温泉。唯一温泉地らしい写真がこれです。早朝の6時ごろに散歩をしていると、着物姿の女性が湯気の上がる温泉街の路地歩いていました。なんとなく雰囲気あるでしょ。
東尋坊は個人的に3回目だ。何度来てもこの男性的な海岸は迫力がある。
曇った空をバックに2002年最後の一枚
 福井県でもいちばん有名な景勝地「東尋坊」に行ってみた。近くには多くの温泉地があるため、年末を温泉地で過ごそうと多くの人々が訪れていた。位置的に夕陽がきれいに見えるはずだが、あいにくの天気で夕陽は見えそうにない。早々にあきらめて,本日の宿泊予定芦原温泉に向かった。
雪下ろししてました
越前・芦原 温泉旅行 2002.12.30-31

滋賀県に越してきて初めての年末を迎えた。かろうじて近畿地方に入っている滋賀県も、福井県・岐阜県と接していることからもわかるように県北地方は豪雪地帯でもある。そんな県北の雪景色を楽しみながら国道161号線を北上し、福井県に向かった。

 夏にも訪れた滋賀県マキノ町、在原の茅葺集落に寄ってみた。さすが豪雪地帯、一面真っ白だった。