瀬戸内海を眺める展望台
海岸にへばりつくように建った温泉宿
 にぎやかな瀬戸内沿いに、突然静かな海沿いの一本道が現われる。車道でありながら石畳の道がつづく趣のある景観だ。春には5000本もの桜が咲き誇り家族連れでにぎわう名所である。海岸沿いは遊歩道や展望台も整備されており、近くの温泉宿に泊まりゆっくり散策したい場所だ。
赤穂御崎灯台
赤穂御崎灯台からは瀬戸内の夕焼けを拝むことができる絶好の夕焼けスポットだ。
大石神社のすぐ横には赤穂城跡がある。周りは今でも発掘作業が続いていた。
参道から奥に向かって、ずっと赤穂義士の石像が並ぶ。圧巻だ。

赤穂四十七士を祀った「大石神社」
兵庫県 忠臣蔵の町 赤穂の夕焼け

 日本海と瀬戸内海の二つの海に接する兵庫県。その兵庫県の一番端の瀬戸内側に赤穂市がある。あの有名な忠臣蔵の町だ。浅野藩の城下町として栄えた赤穂には瀬戸内海国立公園に属する「赤穂御崎」がある。ぽつんと突き出たこの御崎には温泉もわき、多くの温泉宿も点在している。
 岡山旅行からの帰りにちょっと寄り道をして、この情緒ある町を散策した。