.秋の熊本 阿蘇の旅 2006.10.6-10.8

前日にやまなみハイウェイを通り「阿蘇 内牧温泉」に宿をとった。
朝、部屋のカーテンを開けると、昨日までのどんよりとした天気は嘘のように晴れわたり、遠くまで色鮮やかな阿蘇連山が見渡せた。宿で簡単な朝食を取り、晴れ渡った秋空の下、阿蘇山一周ドライブに出発した。

朝、宿の窓から見た景色。ゆっくりとあがっていく気球が気持ちよさそう

阿蘇山の西側を半周するように伸びている「阿蘇パノラマライン」。途中各所で阿蘇の絶景を見せてくれる。

途中車を止めて放牧している馬たちを観察。時々道端に出てきているから要注意

いくつかある塚の中でも、最もきれいな形をした「米塚」。阿蘇らしい景色です。

阿蘇の広大さ一番実感させてくれるところ「草千里」。風雅も好きに駆け回っていました。ただし、馬の糞に要注意。

草千里から見た阿蘇山山頂。黙々と煙が上がり、有毒ガス発生ということで河口付近までは行けませんでした。残念。

阿蘇をめぐる道路からは、あちこちにシャッターポイントが点在する。パッチワークのような田畑が目に入り、思わず車を停めて撮影しました。
ウイスキー工場のあるところはおいしい湧き水がある。ここ南阿蘇もサントリー 白水工場があることからもわかるように日本名水100選にも選ばれているおいしい湧き水がある。

皆、普通にこの小川の水をすくって飲んでいました。確かに無味無臭だったけど、変なものが流れていないと言い切れるのか?
二日目は約半日かけて阿蘇山を反時計回りに一周した。とにかく天気が良かったので、ドライブしていても気持ちいい。この後、今晩の宿のある博多へ車を走らせた。当然、途中いろいろと寄り道もしましたよ。

福岡編に続く