安心で安全な食を考えるお祭

 趣 旨

 地域交流と食育がテーマのおまつり

「地産地消」や「環境問題」

 近所の人が作った食べ物を近所の人が食べるということを通じ、 安全な食べ物を考え、楽しく共に生きるための豊かな自然環境や、人と人との暖かな人間関係をはぐくんでいきたい。

 先進国と呼ばれる日本の食料自給率はわずか約40%。 残り60%は全て諸外国からの輸入に頼っているのです。
「飽食の国」と自らよびながら、ほとんどを自国では賄わない。
 輸入や、ガソリンの大量使用、安い賃金で食料が売られている、こんな状況はおかしくないでしょうか?
 日本には食べ物が捨てる程あるというのに、 世界には飢餓に苦しむ人々がたくさんいます。それらを無視してこのまま進んで良いものか?
 また、輸入作物が安価なため日本の零細農業生産者は廃業してしまうという事実もあります。
 安全な食物の栽培を考え、農業の発展に取り組んできた農家の方達も断念せざるを得ない状況も現れ、日本の農業は衰退していくようにもみえます。

 衰退の方向へ向かおうとしている今の農業や流通の形態を少しでも改善させたいという想いから、
「地産地消」や「環境問題」を通じ 「地域交流」を推奨する目的の一つとして、 毎年収穫の秋に園田地域で食の祭『もぐもぐ祭』を開催しています。
サンプル    

地産地消とは…

「地域で生産したものを地域で消費する」という言葉の略。 これには、とてもたくさんのメリットがあります。
 産地が近いので新鮮、長期保存のための農薬等を使わずにすむ。
 季節に応じた「旬」の地域特産品を味わう事が出来る。
 地域で採れるものを郷土料理で味わえば文化保全にもなる。
 生産者と消費者の交流が生まれ、生産品を身近に感じられる。
 生産者は消費者からの意見を直接聞く事が出来る。
 消費者は生産者から生産物などの情報を聞く事が容易になる。
 近くに運ぶので燃料が少なくすみ、環境保全につながる。
 包装も簡単にすみ、省資源につながる。

 目的と効果

「食の情報開示」から「安全・安心な食べ物」への関心へ

 地産地消の促進により、生産方法や生産者をより知ることができる。
 地域の子供たちへの「食育(給食、農体験など)」の促進。
 田畑のある環境を大切に考え地域の「自然環境保全」にも繋がる。
 食を考える祭の開催を通じ「地域交流の活性化」をはかる。
 地域の生産者と商店とが繋がることで「地域経済活性」に繋がる。
 地産地消の促進で、身近な環境から「平和とエコロジー」を考える。

サンプル画像  



   
主 催 もぐもぐまつり実行委員会
   連絡先 (有)阪神産地直送センター(担当/こじま)   TEL (06)4868-4350 FAX (06)4868-4351 
   FBメッセンジャー