このサイトについて ホーム&更新履歴 サイトマップ 初心者向けFAQ その他雑記 ゲストブック
リンク Master of Epic公式 RAT(FAQ) RA-NA(生産) MoE共有BBS 2ch
分類不可能物 起動時設定 視点変更 チャット関連 メッセージウィンドウ コマンド一覧 マクロ組み ファイルいじり
メインバーまわりとETC Main Bar Player&Target Shortcut Spell Effect Zone Information Target Palette
メインバーの7項目 MENU STATUS ITEM SKILL TECHNIC PET SYSTEM
システムの5項目 KEY CONFIG COLOR CONFIG MASSAGE FILTER OPTION HELP
オプションの5項目 GENERAL DISP GRAPHIC SOUND OTHER 
ショートカットサブメニュー ウィンドウの出し方 メニューとの同期をはずす テクニックやアイテムの登録 サブメニュー


メニューウィンドウと密接な関係がありますので、そちらのページも参考にしてください。 登録した項目の編集はマクロエディタで行います。


ウィンドウの出し方
トップに戻る



メインバー
から背景の青い所を右クリックするか、
左の3連アイコンの一番右のボタンを左クリックするとサブメニューが出ます。 


 

Mainから一番下のShortcutにチェックを入れる(クリックする)と、こんな↑ウィンドウが出ます。

下の−+ボタンや設定したショートカットキーでページを切り替えることが出来ます。
デフォルトキー配置ではAlt+「. Del」キーで順送り、Alt+「0 Ins」キーで逆順送りになります。


■メニューの同期を外す とりあえずやること
トップに戻る

SYSTEMOPITONGENERALショートカットウィンドウとメニューウィンドウを同期させるのチェックを外しましょう。
この設定は、メニューウィンドウのサブメニューやこのショートカットウィンドウのサブメニューからも行うことが出来ます。

同期させている場合、ページを切り替えると2つのウィンドウとも切り替わりますので、2つのウィンドウを出している意味がありません。
縦型のメニューが好きな人はメニューウィンドウ、
横型のメニューが好きな人は(メニューウィンドウを消して)ショートカットウィンドウを使うという選択肢も無い訳ではないですが。

同期のチェックを外すメリットとしては、 それぞれ独立して10個ずつ項目を表示できるという点に尽きます。
町ではメニュー4ページ目の感情表現を一方で使いながら、
メニュー1ページ目を別ウィンドウに表示させて話しかけるということが、ページの切り替え無しで簡単に出来ます。
戦闘の時は5ページ目に登録した項目を使って近接戦闘をしながら、
8ページ目に登録した魔法をもう片方に表示させて使う、そんなことも出来るようになります。

メニューかショートカット、どちらか片方を表示させて切り替えても同じこと、とは言えますが、
その切り替えの手間を省けるというのが良いところです。


■テクニックやアイテムの登録
トップに戻る

ここでは登録しか説明しません。 快適に使えるよう調整するマクロ編集についてはそちらのページを参照してください。

テクニックの場合はTECHNICウィンドウ・アイテムの場合はITEMウィンドウをそれぞれ開きます。


  テクニックウィンドウのアイコンをドラッグして(右図)、
メニューウィンドウ・ショートカットウィンドウどちらでも
構いませんので、
5ページから10ページのどこかに入れます(下図)。


ショートカットウィンドウとメニューウィンドウを同期させる
をオフにしても、基本的にこの2つは同じものなので、
登録されるページ・順番はメニュー・ショートカット共通です。


アイテムウィンドウからも
アイコンをドラッグしてドロップしてやれば簡単に登録できます。





いろいろ入れ替えて使いやすいように調整しましょう。


登録されたアイコンを違うスロットに移したい場合、
アイコンの上で暫く左クリックを押しっぱなしにしていると
←こんな感じになります。
この状態で空きスロットを左クリックすると、そこにコピーされます。
この状態でもう既に登録されているスロットを左クリックすると、
そのマクロと交換
されます。


登録アイコンを消す場合は消したいアイコンを右クリックして
マクロエディターを出し、
Clearボタンを押して、OKボタンを押すと消えます。
現状では上書きによる消去は出来ません。


■サブメニューについて
トップに戻る

金色の枠部分で右クリックするとこんなメニューが出ます。 
基本的にメニューウィンドウのものと同じですので、そちらのページを参照してください。




■by HUDSON  
トップに戻る
このページで使用している画像は株式会社ハドソンの著作物です。 配布や再掲載等、株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。