恋声

 「恋声」はリアルタイムで声の高さ(ピッチ)と声の性質(フォルマント)を変えることのできるソフトです。PCに接続されたマイクからの音声を、男声から女声のように、女声から男声のように変換して出力することができます。Wav/mp3ファイルを入力して変換することもできます。結果は、PCのスピーカーから出力するとともに、wavファイルに保存することもできます。
 男声を女声のようにするにはどうしたら良いでしょうか? ここでは、男声を2倍のピッチの女声にすることを考えます。最も簡単な方法は、再生速度を2倍にすることです。でもこの方法ですと、話す速さが2倍になってしまうのと同時に、成人女性ではなく幼児が話しているように聞こえてしまいます。なぜこうなるのかと言いますと、ピッチが2倍になると同時に、話す人の持っている声の性質(これをフォルマントと呼ぶ)も2倍になってしまうからです。男声と女声ではフォルマントの差は1.2〜1.4倍くらいです。
 逆に、女声から男声に変換しようとして再生速度を1/2にすると、ピッチは1/2になりますが、男声というより、低くこもったモンスター声になってしまいます。これは、フォルマントが下がり過ぎるからです。
 「恋声」は、話す速さを変えることなく、リアルタイムでピッチとフォルマントを独立に変化させることができるソフトです。
 「恋声」には、TD-PSOLAとPhase Vocoderという2種類のピッチ変換方法が搭載されています。一人の人の話す声や無伴奏のソロボーカルの変換には、TD-PSOLAが優れています。多数の音から構成されている楽曲等は、Phase Vocoderが優れています。用途に応じて使い分けて下さい。
 また、リアルタイム時は三度上の音を、ファイル入力時は任意の音を重ねて出力することができます。ですので、歌っている本人の声でバックコーラスを重ねることができます。
 更に、ピッチ情報あるいは周波数情報を画面に表示しますので、音程の確認等に利用できます。
 ステレオ入力の中央に定位のあるボーカルをカットするあるいは抽出する機能もあります。
 本ソフトの特徴は、上記の処理をすべてリアルタイムに音声出力しながら行い、パラメータもリアルタイムに変更可能なことです。

 「恋声」のTD-PSOLA選択時の表示画面

 「恋声」のPhase Vocoder選択時の表示画面

 最新版 Version 2.78 2015年11月8日更新
  ・Windows10で起動時に「MIDIデバイスのオープンに失敗しました。」というエラーメッセージが出て、以降鍵盤をクリックしても音が出ない不具合対策。
  それ以外の変更はありませんので、Windows10以外ではこのバージョンを使用する必要はありません。

 「恋声」Ver2.78 のダウンロード  (2,399,137 バイト)

 Version 2.77 2013年12月1日更新
  ・有効期限をなくしました。
  ・32bit版、64bit版を同梱しました。

 「恋声」Ver2.77 のダウンロード  (2,306,388 バイト)

     WindowsXP専用版のダウンロード  (961,132 バイト)

 「恋声」 の詳細説明文

 「恋声」の変更履歴

 「恋声」の技術説明  (2010年1月16日更新)

 「恋声」の「Chorus file」の使い方 (2010年6月20日更新)

 「恋音」による「恋声」のピッチ・フォルマント変換の観察 (2010年2月13日更新)

 「恋音」による「恋声」のピッチ・フォルマント変換の観察2 (2011年8月7日更新)


戻る

-