生活習慣病の疾患の概要と定義・特徴・原因をまずはしっかり押さえよう!

>>生活習慣病の疾患の概要 + HOME

生活習慣病の疾患の概要について

生活習慣病とは、糖尿病・高血圧・高尿酸血しょうなど不規則な食事や運動不足などの不規則な生活習慣が 原因となっておこる病気の総称のことをいいます。

生活習慣病は日本人の死亡原因の多数を占めており、放置しておくと大変危険なものです。

ここでは生活習慣病のそれぞれの概要についてお話します。

生活習慣病の代表的な病気は「糖尿病・高脂血しょう・高尿酸血しょう・高血圧」です。




【糖尿病】
糖尿病とは、血液の中の糖が分解されずに多くなってしまう病気です。

糖質は毎日の食事で体の中に取り込まれ、細胞のエネルギー源となります。

通常はインスリンというホルモンによって血糖値は正常値に保たれますが、 糖尿病になるとインスリンの分泌が低下し糖が分解されなくなってしまいます。

食べ過ぎや運動不足の人に多く見られる病気です。

【高脂血しょう】



高脂血しょうとは、血液の中の脂質が過剰になっている状態を言います。

脂質にもいくつか種類がその脂質の種類によって高脂血しょうはいくつかの 種類に分けられます。

脂分の過剰摂取が主な原因とされています。

【高尿酸血しょう】
高尿酸血しょうとは、血液の中の尿酸の割合が高い状態を言います。

ビールに多く含まれているプリン体などが原因となります。

また働きすぎなどによる過労も原因の1つで、昔は英雄が良く高尿酸血しょう を原因とした病気である通風にかかったため「英雄病」と呼ばれたと話もあります。

【高血圧】
血圧とは、心臓から血液が送りだされる時に血管にかかる圧力のことをいいます。

血圧は年齢が上がるとともに上昇するといわれていますが、そのほかにも 生活習慣やストレスも大きく関係してきます。


生活習慣病の疾患概要:糖尿病

生活習慣病の疾患概要:糖尿病
血糖値が高くなる糖尿病って何?
血糖値の原因・予防について勉強しましょう。

  • 生活習慣病の疾患概要:糖尿病


  • メニュー

    おすすめサイト