MMTS週刊相撲雑学

MMTS 週刊相撲雑学へもどる

大相撲やアマチュア相撲に関する幅広い相撲に関する雑学を紹介します。
インターネット上の様々な相撲に関する情報も提供します。


[MMTS Weekly Sumo! 2000/05/28 No.107]


[MMTS 週刊相撲雑学 VOL.107]

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

        MMTS 週刊相撲雑学 第107号

  ホームページ http://www2h.biglobe.ne.jp/~mmts/mmsumo.htm

□■ 2000年 05月28日(日)版 No.107 ■□■□■□■□■□■□■□■□

-----------------------------------------------------------------
    ★☆★ 目次 ★☆★
  ▽1 雅山大関昇進
  ▽2 相撲情報
  ▽3 横審に女性委員 幕下付け出し規則改正へ
-----------------------------------------------------------------
    ★☆★ 訂正 ★☆★
 先106号で幾つか誤りがあることをお知らせいただきましたので、下記のよ
 うに訂正させて頂きます。ご指摘有り難うございました。

  幕下優勝は、東国ではなく「国東」、7勝0敗
  三賞 殊勲・魁皇(9回目)
     敢闘・魁皇(5回目)、雅山(3回目)、栃乃花(初)
     技能賞・栃乃花(初)です。
  和歌乃山の成績 4勝11敗でなく、5勝10敗(8日目が白星)
  千秋楽、小城錦ー闘牙戦の審判長 出羽海→境川
  古市の千秋楽の相手は福園ではなく「福薗」
  寺尾の甥ではなくイトコ(父親同士が兄弟)(ミス2回目)

    ★☆★ fj.rec.sports.sumo 存続について ★☆★
  fj.rec.sports.sumoの当面の存続が決まりました。ご協力有り難うござ
  いました。まだ流通量も少ないですが、私も記事を投稿して行こうと思
  いますので、興味のある方はご覧ください。
  #ニュースグループ(ネットニュース)はディスカッショングループと
   いう言い方もあるように、論議に適したインターネット上のサービス
   の一つです。メールを使ったメーリングリストより公共性が強い、誰
   でも参加できるものです。(ただ、プロバイダその他によっては
   fj.rec.sports.sumoの配信を受けていない所が多いのでは無いかと思
   っています。)

    ★☆★ 雅山大関昇進 ★☆★
 ●雅山が正式に大関昇進。でも異例の理事会での多数決。結果は7−3で
  昇進が決まりました。時期尚早派は理事長と境川審判部長。それと理事
  長一任の二子山理事の3名だったようです。
  
  こうして、理事会で多数決の結果「満場一致で」雅山を大関に推挙する
  ことに決まりました。(と理解せざるを得ない)

 ●御参考
  財団法人 日本相撲協会寄附行為施行細則附属規定
  【番附編成要領】第一章 カ士番附編成 によりますと 
  第一条 力士番附は、番附編成会議に於て作成する。 
  第五条 横綱および大関の推挙は、理事会の賛成を経て満場一致でなけ
      ればならない。 
  #満場一致がいつか分からんのです。番附編成会議のような気もするけど

 ●初土俵から12場所は羽黒山・豊山と並んでタイ記録。武蔵川の1横綱、
  3大関は史上初めて。学生相撲出身者は6人目の大関。明大からは初めて。

  羽黒山
  昭和10年春 東序1 ○ヤ○ヤ○ヤ●ヤ○ヤ○     5勝1敗 優勝
  昭和10年夏 西二10 ○○ヤ○ヤ○ヤ○ヤヤ○○    6勝0敗 優勝
  昭和11年春 東三8 ○ヤ○○ヤ○ヤ○ヤヤ○     6勝0敗 優勝
  昭和11年夏 西下12 ○○○○○○●○○○○     10勝1敗 優勝
  昭和12年春 東十8 ●○○○○○○●○○○     9勝2敗 優勝
  昭和12年夏 西前16 ●○●○○○○○○●○●○   9勝4敗
  昭和13年春 東前5 ○●●●○○○○○○○○○   10勝3敗
  昭和13年夏 東小結 ○●●○●●○●○○○○●   7勝6敗
  昭和14年春 東小結 ●●○○○○○○○●●○×   8勝4敗1分け
  昭和14年夏 東小結 ●●○○○○●○○○●○○○○ 11勝4敗

  豊山
  昭和36年春 下10格 ヤ●○ヤ○ヤヤ○ヤ○○ヤヤ●ヤ 5勝2敗
  昭和36年夏 東下7 ○ヤヤ●ヤ●ヤ○○ヤ○ヤヤ○ヤ 5勝2敗
  昭和36年名 東下1 ●ヤ○ヤ○ヤ○ヤ○ヤ○ヤ○ヤヤ 6勝1敗
  昭和36年秋 西十14 ○○○●○○○●●●●○●○○ 9勝6敗
  昭和36年九 西十7 ○○○○○○○○○○○○○○○ 全勝 優勝
  昭和37年初 東前9 ○○●○○○○●●○○○○○○ 12勝3敗
  昭和37年春 東前3 ○●●●●○○●●○○○○○○ 9勝6敗
  昭和37年夏 西張小 ●●●○●○●●○●○○○●○ 7勝8敗
  昭和37年名 西前1 ○●○○●●○●●●○●○●○ 7勝8敗
  昭和37年秋 西前2 ○○○○○●○●○○○○○○● 12勝3敗
  昭和37年九 東関脇 ○○○○○●○○○○●○●○○ 12勝3敗
  昭和38年初 東関脇 ○○○○○○○○○○●○○○● 13勝2敗

 ●昇進見送りの根拠は、平成2年春場所後に昇進した霧島以降、9人の直
  前3場所の平均勝ち星が34.2勝で、雅山の34勝は飛びぬけてはい
  ない。9人のうち6人が優勝を経験していた。初土俵から12場所のス
  ピード出世となり「経験不足」。

 ●以前にも示しましたが、柏戸大鵬以降の大関昇進記録です。  
  ○:優勝 小:小結 前:前頭 無印:関脇
       前場所   前前場所   3場所前  3場所合計
  雅山   11−4  11−4  12−3小  34−11 
  武双山  12−3  13−2○ 10−5小  35−10
  出島   13−2○ 11−4   9−6小  33−12
  千代大海 13−2○ 10−5   9−6   32−13
  貴ノ浪  13−2  12−3  10−5   35−10
  武蔵丸  12−3  13−2   8−7   33−12
  若ノ花  13−2  10−5  14−1○小 37− 8
  貴花田  11−4  10−5  14−1○小 35−10
   曙   13−2○  8−7  13−2小  34−11
  霧島   13−2  11−4小 10−5小  34−11
  旭富士  12−3  11−4  10−5   33−12
  小錦   12−3  11−4  10−5   33−12
  保志   12−3  11−4  13−2○  36− 9
  北尾   12−3  11−4  12−3前  35−10
  大乃国  12−3  10−5   9−6   31−14
  北天佑  14−1○ 12−3  11−4   37− 8
  朝潮   12−3  14−1   9−6前  35−10
  若島津  12−3  12−3  10−5小  34−11
  隆の里  12−3  11−4  10−5小  33−12
  琴風   12−3○ 10−5   9−6   31−14
  千代富士 14−1○ 11−4  10−5小  35−10
  増位山  12−3  11−4   8−7小  31−14
  魁傑2  11−4  11−4  14−1○前 36− 9
  若三杉  11−4  11−4  11−4   33−12
  旭国   13−2  12−3   8−7   33−12
  三重ノ海 13−2○ 11−4   8−7   32−13
  魁傑1  11−4  12−3○小 7−8   30−15
  北の湖  14−1○ 10−5   8−7小  32−13
  大受   13−2  11−4  10−5小  34−11
  輪島   13−2   8−7  12−3○  33−12
  貴ノ花  10−5  12−3  11−4小  33−12
  大麒麟  12−3  12−3   9−6   33−12
  前の山  13−2  12−3   9−6   34−11 
  清国   12−3   9−6  10−5小  31−14
  琴桜   11−4  11−4  10−5小  32−13
  玉乃島  11−4   9−6  10−5   30−15
  北の富士 10−5  10−5   8−7   28−17
  豊山   13−2  12−3  12−3前  37− 8
  栃光   13−2  10−5小 11−4前  34−11
  栃ノ海  14−1○  9−6   9−6   32−13
  佐田の山 13−2○  9−6   8−7   30−15
  北葉山  11−4   9−6   8−7   28−17
  大鵬   13−2○ 12−3  11−4小  36− 9
  柏戸   11−4  10−5   9−6   30−15

 ●大関昇進の使者は北の湖理事と千賀ノ浦審判委員。雅山の口上は
  「大関の名を汚さぬよう、初心を忘れず相撲道に努力昇進致します」
  雅山のコメント「自分は相撲を取るだけだった。千秋楽までがんばっ
  たので、後のことは考えなかった。やっと落ち着きました」 

 ●「大関昇進披露パーティー」は、名古屋場所後の8月25日に決定。
  東京・台場のホテルグランパシフィックメリディアン

 ●大関の給料(月給、報奨金は別)227万8000円
  横綱:273万7000円、三役より約64万円アップ

    ★☆★ 十両昇進 ★☆★
 ●雅山の大関昇進を決めた24日の番附編成会議で十両昇進力士も合わ
  せ発表した。
  新十両
  富風(28) 本名平川悟、愛知県出身、尾車部屋 尾車部屋で初の関取
   初土俵から史上7位のスロー記録となる78場所の新十両 
  高浜改め濱錦(23) 本名高浜竜郎、熊本県出身、追手風部屋 日大出身
    幕下付け出しデビューから所要8場所で新十両。これで琴光喜、高
    見盛とともに日大同期3人が無事十両。
    「二人が速過ぎる。いい目標にして、マイペースでいきたい」

  再十両
  若ノ城(27) 本名阿嘉宗彦 沖縄県出身 間垣部屋
  北桜(28)  本名向英俊  広島県出身 北の湖部屋
   四度目の十両。11場所ぶりの兄弟関取。
  琴岩国(27) 本名藤本武志 山口県出身 佐渡ケ嶽部屋 
   幕下東3枚目で4勝3敗からの昇進。幕下東6枚目で5勝2敗の阿武
   松部屋緑富士に競り勝つ。

    ★☆★ 魁皇凱旋 ★☆★
 ●5月26日に魁皇が故郷の福岡県直方市で優勝パレードを行った。福岡
  県警集計で3万7千人、主催者発表では5万人が沿道からパレードに
  声援を送った。また5000人を集めた優勝報告会で   
  「今まで皆さんの期待を裏切ってきましたが、ようやく優勝できまし
   た。これからも上を目指して頑張っていきます」と挨拶をした。

  パレードは午後一時から、JR直方駅前の商店街前をスタートし、市
  街地を回ったあと、母校・直方第二中学校に。全校生徒約八百四十人
  が“先輩”を出迎えた。 

    ★☆★ 元小結、舞の海の断髪式 ★☆★
 ●昨年九州場所に引退した元小結、舞の海の断髪式が27日、東京・両
  国国技館で行われた。主催者発表によると出席者は9800人。
  「相撲を勉強し直して、今後も相撲を仕事のメーンにしたい」 

  sumouMLからの情報。
  切符のもぎり本日のもぎり:巌雄、久島海、栃乃和歌、小城ノ花。
  #巌雄親方の初仕事かな(出羽一門のアルバイトか)
  出羽関係の関取(小城錦、栃乃花、栃栄、栃の洋、金開山)が、黒紋付き
  姿でエントランスホールで出迎え。写真もサインも握手OKだったそうで
  す。

  途中で雅山がやって来たら、あっと言う間にものすごい人だかりができた
  そうで大関昇進効果はすごいとの感想。栃乃花は活躍したにもかかわらず、
  栃栄と抱き合わせ販売状態とのことでした。出羽一門栃東も何気にうろう
  ろ。

  小錦関の時ほどの盛り上がりは無かったようですが、最近の断髪式の中で
  はかなりの盛況ぶりのようでした。

    ★☆★ おめでた3題 ★☆★
 ●5月26日三保ヶ関部屋浜ノ嶋関が都内のホテル大良いづみさんと結婚
  式を挙げた。
 ●5月24日高砂部屋闘牙関が大阪府在住の安藤優子さんと婚約したと発
  表。挙式は来年2月の予定。  
 ●5月27日大島部屋の旭鷲山関がウランバートル出身のプレブスレン・
  ボヤンビレグさんと都内のホテルで挙式した。2月に生まれたアリュン
  ザヤちゃんを抱いて記者会見。
  「おいしいモンゴル料理を作ってくれて優しい。父親になったので、家
   族のためにも頑張る」

    ★☆★ 幕下付け出し制度見直しへ ★☆★
 ●理事会で幕下付け出し制度の見直しが健闘された。付け出し資格が得ら
  れず、序ノ口からのスタートとなった栃乃花が新入幕で活躍したことに
  刺激されたものと見られる。25日の理事会では結論に達しなかったた
  め北の湖理事を委員長とする、理事ないでの検討委員会を設置。資格を
  取得できる基準を厳しくする一方で、実力に応じて三段目、序二段から
  スタートできるように改めることも検討される。 

    ★☆★ 横綱審議委員会に初の女性委員 ★☆★ 
 ● 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(委員長、一力一夫・河北
  新報社主)に初の女性委員が誕生する見通しと。
  相撲協会側が、女性委員を1〜2人任命することについて委員会側に意
  見を求めたところ、一力委員長は「我々が賛成反対を言うべき問題では
  ない」と答えた。他の委員も協会一任の意向で「近々誕生するのではな
  いか」(若松広報担当理事) とのこと。

  横綱審議委員は「相撲を愛好し、深い理解を有する良識者から理事長が
  委嘱する」と規定されている。定員は15人以内で、現在は男性のみ8
  人。 
  #余談ですが、横審の委員長を出している河北新報社はインターネット
   で相撲のニュースを多く提供していますね。

 ●横綱審議委員会について
  財団法人日本相撲協会寄附行為
  第七章 年寄、カ士および行司その他 
  第三十五条 この法人には、力士をおく。横綱および大関以下の力士の
        階級に関する規程は、理事会の議決により、別に定める。
        横綱は、横綱審議委員会の答申または進言により、番附編成
        会議において決定する。大関以下の力士の階級の昇降は、番
        附編成会議において決定する。番附編成会議および横綱審議
        委員会に関する規程は、理事会の議決を経て、別に定める。
        力士は、相撲道に精進するものとする。力士は、有給とする。 

  財団法人 日本相撲協会寄附行為施行細則附属規
  【横綱審議委員会規則】(昭和六十三年四月改正) 
  1.財団法人日本相撲協会に横綱審議委員会を設置する。
  2.本委員会は横綱推薦、その他横綱に関する諸種の案件につき協会の諮問に
   答申し、又はその発議に基き進言する。
  3.協会は、本委員会の決議を尊重する。
  4.本委員会は相撲を最も愛好し、相撲に深い理解を有する各方面の良識者を
   もって構成される。
  5.日本相撲協会員は委員となることができない。
  6.委員は十五名以内とし、日本相撲協会より委嘱する。
  7.委員の任期は二年とする。 
  8.本委員会に幹事を置き連絡、記録、報告、其他諸般の事務を担任せしめる。
  9.本委員会は毎本場所番附発表後と千秋楽後番附編成会議前に前記委員会を
   開き、協会の必要に応じ、又は委員の希望によリ随時にこれを開くことも
   できる。
  10.本会は委員で委員長を互選し、会議には委員長が座長となって会を運営す
   る、委員長事故あるときは、委員より座長を互選する。 
  11.日本相撲協会員は会議に出席し発言することができる。 

-----------------------------------------------------------------
■御質問や取り上げてほしい事が御座いましたら、ご気軽にメールを下さい。
□読者の発言もメールマガジン上で取り上げたいと思います。
   **** mmts@pa2.so-net.ne.jpまで ****
-----------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
発行しています。( http://www.mag2.com/ )
-----------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、Niftyの『Macky!メールマガジン』を利用して
発行しています。(http://macky.nifty.com/)
=================================================================
○電子メールマガジン「MMTS週刊相撲雑学」2000/05/28

発行元:MMTS相撲HP ★下記URLから登録解除が行えます。
Home Pages: http://www2h.biglobe.ne.jp/~mmts/mmsumo.htm

相撲ML参加者大募集
相撲MLへの登録:「majordomo@m2.list.ne.jp」宛てに
                 「subscribe sumo」とだけ書いたメールを送る
相撲MLから退会:「majordomo@m2.list.ne.jp」宛てに
                 「unsubscribe sumo」とだけ書いてメールを送る
相撲ML問い合せ:「owner-sumo@m2.list.ne.jp」まで
========================================== MMTS Weekly Sumo ====



1.まぐまぐ

メールマガジン登録

電子メールアドレス(半角):
メールマガジン解除

電子メールアドレス:

Powered by Mag2 Logo

2.Nifty Macky!

下記リンクをクリックするとダイレクトに登録・解除ができます。

登録
解除
バックナンバー

登録には『Macky!メールマガジン』のIDが必要です。
http://macky.nifty.ne.jp/でIDを
取得して下さい。解除はすぐにできます。