ホーム2010年上海(4月)ホーチミン市(8月)松虫寺(11月)
  2010年8月:ホーチミン市
8月19日8月20日8月21日8月22日8月23日8月24日8月25日8月26日8月27日8月28日地図
台北桃園空港へホーチミン市へ

【8月19日(木)】台北桃園空港へ

京成金町線高砂駅が新設の高架駅になっていた。
今年7月17日に「成田スカイアクセス」が開業したことに伴い、成田空港と羽田空港を結ぶ「アクセス特急」が新設されている。利用者には嬉しい新設ダイアだ。金町線高砂駅を高架駅にしてダイアの新設による通過本数増に対応したようだ。
今年の4月に高架駅になったらしい。

高架駅になった金町線高砂駅。

以前は金町線を下りたプラットホームで成田行き特急を待っていれば良かったのだが、高架ホームになってからはいったん改札口を出て、直ぐ目の前の改札口に入り直さなければならなくなっていた。

改札を二度通って従来の駅二階に入る。ホームは一階。

「アクセス特急」は一般の特急なので別料金不要。高砂駅を出ると成田空港まで成田スカイアクセス(北総線)を走る。
東松戸駅で停車したが武蔵野線東松戸経由でアクセス特急を利用できるのを知らなかった。東松戸駅を利用した方が早いのかも知れないがYahooで路線を調べたときには候補としてこの経路が出てこなかった。時間帯によるのかも知れない。

印旛医大駅を過ぎると左手にメタル・アート・ミュージアムミュージアム光の谷が見えた。成田空港までの所要時間は在来線の佐倉駅を経由するよりも15分ほど短縮されている。

搭乗手続きカウンターで足下が広い席をリクエストしたら、カウンター嬢が『ドアサイドの席があるけど如何いたしますか?』と聞いてきた。いつもならドアサイドの席を頼んでも断られるのに。航空会社によってドアサイドの席に対する対応が違うのかも知れない。今回の便は中華航空便で台北桃園空港での乗り継ぎになる。

中華航空チェックインカウンター前。

観光業界は日本の不況を背景に中国からの観光客に期待しているとテレビでも報道していたが、免税店も中国語の看板を並べ、中国語による呼び込みが熱心だ。

こんな看板があちこちに掲げられていた。

ベトナムでは米ドルがあった方がいいというので、両替所で両替を済ませてから搭乗ゲートに向かう。1USD=88円。

09:40 発 CI 107便は定刻発。

中華航空 Boeing747-400 (744)。

久々のジャンボ機は満席。
離陸してから台北桃園空港に着くまで窓際の小母さんが真ん中の席の三十代後半と思われる男性を捕まえてウルサイくらいの喋りっぱなし。

12:10 台北桃園空港、第2ターミナルに到着。

到着ロビーに向かう通路の右側は工事中のフェンス。

真新しい第2ターミナル到着ロビー。

第2ターミナル到着ロビーから第1ターミナル出発ロビーに移動。 連絡通路の窓から青いレールが見える。第1ターミナルと第2ターミナルを結ぶシャトルのレールだった。走ってきたのは登山電車を小型にしたような一両編成の車輌だったが写真を撮り損なってしまった。

連絡通路から見えるシャトルのレール。

第1ターミナルの搭乗待合室。

待合室の窓越しに見る台北は東京よりもかなり暑そう。

乗り継ぎまで約2時間。搭乗待合室で無料のHinetに繋がったのでメールの処理。

13:55 発 CI 783便 は45分遅れて14:40に出発。この便も満席。
ホーチミン・タンソンニャット(Ho Chi Minh, Tan Son Nhat)国際空港に到着するまで、飛行経過に関するアナウンスが何もなかった。

台北桃園空港へホーチミン市へ
8月19日8月20日8月21日8月22日8月23日8月24日8月25日8月26日8月27日8月28日地図
ホーム2010年上海(4月)ホーチミン市(8月)松虫寺(11月)