ホーム2006年黒川晃彦展新年会津軽三味線21世紀の森と広場北京(4月)
始動広島NPO法人関宿滑空場学生航空連盟(SAF)Ka8Bのレストアバンコク北京(10月)

  2006年1月:新宴会

【1月4日】新年会

職場の有志が集まって手作り餃子による新年会が新築マンションに越して未だ一月の林さんの家で開かれた。集まった有志は下は零歳から上はオーバー60歳までの各世代が揃う珍しい集まりでもあった。
餃子作りは材料を持参した諏訪部夫妻の指導の下、皮を作ることから始まり具を包むところまでワイワイ・アヤガヤと不揃いの餃子が次々と作られていった。具は白菜ベースと韮ベースの二種類。

左から餃子作りに一番熱心だった松田さんと諏訪部婦人、手慣れた手付きで皮を伸ばす于くん。

キッチンで大車輪の諏訪部夫妻。

出席者各自が持ち寄った料理がゆで上がった餃子と一緒にテーブルに並ぶ。

テーブルに並んだ今日の予定の半分の料理。

全てが空になった飲み物。

この日一番の人気者は後数日で一歳になるという諏訪部夫妻の次男裕輝君だった。

裕輝君を間にしてにわか家族を演ずる松田さんと鈴木さん。

幼児の抱き方をすっかり忘れてしまった宮崎さん。

慣れた手付きで裕輝君を抱く于くんは自称独身の20代。

大人達が餃子作りではしゃいでいる間中、林さんの長男淳君はゲームボーイを持って諏訪部夫妻の長男皓輝君と一緒に自室にこもっていたが、パーティーが始ってやっと仲間に加わってくれた。

諏訪部夫妻と裕輝君、皓輝君。

左から于君、淳君、鈴木さん、松田さん、宮崎さん、諏訪部夫妻、林さん。


ホーム2006年黒川晃彦展新年会津軽三味線21世紀の森と広場北京(4月)
始動広島NPO法人関宿滑空場学生航空連盟(SAF)Ka8Bのレストアバンコク北京(10月)