水田孝信
みずた たかのぶ

English / Japanese

現在、投信会社、スパークス・アセット・マネジメントでファンドマネージャーをやってます。
東京大学公共政策大学院の非常勤講師もしております。
2016年度より人工知能学会金融情報学研究会の幹事になってます。


大分県立別府青山高等学校を経て1996年、気象大学校に入学。
2000年に同大学を卒業、同年、東京大学大学院に入学。
2002年に理学修士を修得。2004年3月まで東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻STP(太陽地球物理学講座)に属し宇宙空間プラズマ物理の理論的研究を行っていました。

2001年度から2002年度まで気象大学校にて実験助手、
2002年度から2003年度まで日本学術振興会特別研究員(DC1)
2003年度に武蔵工業大学にて非常勤講師をしておりました。

2011年から2014年まで、社会人をやりながら、博士課程学生として東京大学大学院 工学系研究科 システム創成学専攻 和泉研究室に所属していました。

2007年日本証券アナリスト協会検定会員
2008年度 人工知能学会ファイナンスにおける人工知能応用研究会  優秀論文賞
2009年 中小企業診断士日本マンパワー登録養成課程第2期生)
2010年度 人工知能学会研究会優秀賞(共著)
2012年度 人工知能学会研究会優秀賞
2014年 3rd place award for the 2014 CIFEr Best Paper on IEEE Conference Computational Intelligence for Financial Engineering and Economics 2014, 賞状
2014年 博士(工学): 東京大学大学院工学系研究科, 詳細ページ, 東京大学学術機関リポジトリ, paper(.pdf), slideshare, slide(.pdf).

twitter, Facebook.

SlideShare, Linkedin.

Research Gate, Google Scholar.

SSRN

ブログ, 旅の思い出.

物理数学0(注意 .pdfの圧縮ファイル 約5Mbytes)

●● 研究業績などの一覧 ●●

-- 博士論文・修士論文・卒業研究 --

博士論文 [東京大学大学院工学系研究科 2014年]: 人工市場シミュレーションを用いた金融市場の規制・制度の分析., 詳細ページ, 東京大学学術機関リポジトリ, paper(.pdf), slideshare, slide(.pdf).

修士論文 [東京大学大学院理学系研究科 2002年]: New wave heating process of heavy ions in multi-component plasmas, paper(.pdf).

卒業研究 [気象大学校 2000年]: 電離圏磁気圏結合系における電磁流体波動伝搬の数値シミュレーション.



-- 学術賞 --

- 2008年度 人工知能学会ファイナンスにおける人工知能応用研究会  優秀論文賞

- 2010年度 人工知能学会研究会優秀賞(共著)

- 2012年度 人工知能学会研究会優秀賞

- 3rd place award for the 2014 CIFEr Best Paper on IEEE Conference Computational Intelligence for Financial Engineering and Economics 2014, 賞状



-- 査読付原著論文 --

- Mizuta, T., Kosugi, S., Kusumoto, T., Matsumoto, T., Izumi, Effects of Dark Pools on Financial Markets' Efficiency and Price-Discovery Function: An Investigation by Multi-Agent Simulations, Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol. 12, Issue 2, pp.375-394, 2015.

- 草田裕紀, 水田孝信, 早川聡, 和泉潔, 保有資産を考慮したマーケットメイク戦略が取引所間競争に与える影 響:人工市場アプローチによる分析, 人工知能学会論文誌, Vol. 30, No. 5, pp.675-682, 2015.

- Mizuta, T., Kosugi, S., Kusumoto, T., Matsumoto, T., Izumi, K., Yagi, I., Yoshimura, S., Effects of Price Regulations and Dark Pools on Financial Market Stability: An Investigation by Multi-Agent Simulations, Intelligent Systems in Accounting, Finance and Management, Vol. 23, Issue 1-2, pp.97-120, 2016 (first published online: 2015).

- 水田孝信, 和泉潔, 八木勲, 吉村忍, 人工市場を用いた値幅制限・空売り規制・アップティックルールの検証と最適な制度の設計, 電気学会論文誌 論文誌C, Vol. 133, No.9, pp.1694-1700, 2013.
-->(英訳版) Mizuta, T., Izumi, K., Yagi, I., Yoshimura, S., Investigation of Price Variation Limits, Short Selling Regulation, and Uptick Rules and Their Optimal Design by Artificial Market Simulations, Electronics and Communications in Japan, Vol.98, Issue 7, pp.13-21, July, 2015.

- Mizuta, T., Izumi, K., Yagi, I., Yoshimura, S., Design of Financial Market Regulations against Large PriceFluctuations using by Artificial Market Simulations, Journal of Mathematical Finance, Scientific Research Publishing, Vol.3, No. 2A, pp.15-22, 2013.

- Wang, C., Izumi, K., Mizuta, T., and Yoshimura, S., Investigating the Impact of Trading Frequencies of Market Makers: a Multi-agent Simulation Approach, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.6, No. 3, pp.216-220, 2013.

- 曹治平, 古幡征史,水田孝信, 売買コストを考慮した市場急変に対応する日本株式運用モデル, ジャフィー・ジャーナル(日本金融・証券計量・工学学会和文ジャーナル), Vol. 12, 2013.

- 水田孝信, 八木勲, 和泉潔, 現実の価格決定メカニズムを考慮した人工市場の設定評価手法の開発, 人工知能学会論文誌, Vol. 27, No. 6, pp.320-327, 2012.

- 八木勲, 水田孝信, 和泉潔, 人工市場を用いた市場暴落後における反発メカニズムの分析, 情報処理学会論文誌, Vol. 53, No. 11, pp.2388-2398, 2012.

- Furuhata, M., Mizuta T., So J., Paired Evaluators Method to Track Concept Drift: An Application in Finance, Advances in Chance Discovery, Studies in Computational Intelligence, 2013, Volume 423, pp.127-141, 2013.

- 八木勲, 水田孝信, 和泉潔, 人工市場を利用した空売り規制が与える株式市場への影響分析 , 人工知能学会論文誌, Vol. 26, No. 1, pp.208-216, 2011.

- Yagi, I., Mizuta, T., Izumi, K., A Study on the Market Impact of Short-Selling Regulation Using Artificial Markets, ADVANCES IN PRACTICAL MULTI-AGENT SYSTEMS Studies in Computational Intelligence, Volume, Vol. 325, pp.217-231, 2011.

- Yagi, I., Mizuta, T., Izumi, K., A Study on the Effectiveness of Short-selling Regulation using Artificial Markets, Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol.7, No.1, pp.113-132, 2010.

- 水田孝信, 小林悟, 加藤徳史, 下妻友成, 精密で複雑なクオンツファンドは優れているか?, 証券アナリストジャーナル, 10月号, pp.72-81, 2008.

- - -

- Mizuta, T. and M. Hoshino, New Non-stochastic Acceleration in Multi-component Plasmas, COSPAR COLLOQUIA SERIES., Vol. 16, Frontiers in Magnetospheric Plasma Physics, pp.261-264, 2005.

- Fujita, S., H. Nakata, M. Itonaga, A. Yoshikawa, and T. Mizuta, A numerical simulation of the Pi2 pulsations associated with the substorm current wedge, J. Geophys. Res., Vol. 107, No. A3, SMP 2, Mar, 2002.

- Mizuta, T. and M. Hoshino, Preferential acceleration of heavy ions in multi-component plasmas, Geophys. Res. Lett., Vol. 28, No 16, pp.3099-3102, Aug 15, 2001.

- Fujita, S., T. Mizuta, M. Itonaga, A. Yoshikawa, and H. Nakata, Propagation property of transient MHD impulses in the magnetosphere - ionosphere system: The 2D model of the Pi2 pulsation, Geophys. Res. Lett., Vol. 28, No 11, pp.2161-2164, Jun 1, 2001.



-- 査読付国際会議論文 --

- Mizuta, T., Noritake, Y., Hayakawa, S., Izumi, K., Affecting Market Efficiency by Increasing Speed of Order Matching Systems on Financial Exchanges -- Investigation using Agent Based Model, IEEE Symposium Series on Computational Intelligence, Computational Intelligence for Financial Engineering and Economics (CIFEr), December 6-9, 2016, Athens.

- Yagi, I., Mizuta, T., Analysis of the Impact of Leveraged ETF Rebalancing Trades on the Underlying Asset Market Using Artificial Market Simulation, 12th Artificial Economics Conference, September 20-21, 2016, Rome, slideshare, slide(.pdf), paper(.pdf).

- Mizuta, T., Kosugi, S., Kusumoto, T., Matsumoto, W., Izumi, K., Yoshimura, S., Do Dark Pools Stabilize Markets and Reduce Market Impacts? -- Investigations using Multi-Agent Simulations --, IEEE, Computational Intelligence for Financial Engineering and Economics (CIFEr), pp.71-76, March 27-28, 2014, London, slideshare, slide(.pdf).

- Mizuta, T., Izumi, K., Yagi, I., Yoshimura, S., Regulations' Effectiveness for Market Turbulence by Large Erroneous Orders using Multi Agent Simulation, IEEE, Computational Intelligence for Financial Engineering and Economics (CIFEr), pp.138-143, March 27-28, 2014, London, slideshare, slide(.pdf).

- Mizuta, T., Hayakawa, S., Izumi, K., Yoshimura, S., Simulation Study on Effects of Tick Size Difference in Stock Markets Competition, The 8th International Workshop on Agent-based Approach in Economic and Social Complex Systems (AESCS 2013), September 11-13, 2013, Tokyo, paper(.pdf), slide(slideshare), slide(.pdf).

- Mizuta, T., Izumi, K., Yoshimura, S., Price Variation Limits and Financial Market Bubbles: Artificial Market Simulations with Agents' Learning Process, IEEE Symposium Series on Computational Intelligence, Computational Intelligence for Financial Engineering and Economics (CIFEr), pp.1-7, April 16-19, 2013, Singapore, slideshare, slide(.pdf).

- Yagi, I., Mizuta, T., Izumi, K., A study on the Reversal Mechanism for Large Stock Price Declines Using Artificial Market, IEEE Computational Intelligence for Financial Engineering and Economics (CIFEr), pp. 1-7, March 29-30, 2012, New York.

- Yagi, I., Mizuta, T., Izumi, K., A Study on the Effectiveness of Short-Selling Regulation in View of Regulation Period Using Artificial Markets, IEEE/ACIS 9th International Conference, Computer and Information Science (ICIS), pp. 169-174, August 18-20, 2010, Yamagata.

- Furuhata, M., Mizuta T., So J., Paired Evaluators Method to Track Concept Drift: An Application for Hedge Funds Operations, 5th International Workshop on Chance Discovery (IWCD10) , December 14, 2010, Sydney.

- - -

- COSPAR Colloquium Frontiers of Magnetospheric Plasma Physics, July 24-26, 2002, Kanagawa.



-- ワーキング・ペーパー --

- 水田孝信, 和泉潔, 人工市場シミュレーションを用いたバッチオークションの分析, JPXワーキング・ペーパー, Vol. 17, 日本取引所グループ, 2016, 本文(.pdf), 要約版(slideshare), 要約版(.pdf).
-->(英訳版) Mizuta, T., Izumi, K., Investigation of Frequent Batch Auctions using Agent Based Model, JPX Working Paper , Vol. 17, Japan Exchange Group, 2016, Summary(slideshare), Summary(.pdf).

- 水田孝信, ARCHモデルのミクロ的基礎付けの試み, SSRN Working Paper Series, 2016, paper(.pdf).
-->(英訳版) Mizuta, T., Micro-Foundation of ARCH Model, SSRN Working Paper Series, 2016, paper(.pdf).

- Mizuta, T., A Brief Review of recent Artificial Market Simulation (Multi-Agent Simulation) Studies for Financial Market Regulations and/or Rules, SSRN Working Paper Series, 2016, paper(.pdf).

- 水田孝信, 則武誉人, 早川聡,和泉潔, 人工市場シミュレーションを用いた取引システムの高速化が価格形成に与える影響の分析, JPXワーキング・ペーパー, Vol. 9, 日本取引所グループ, 2015, 本文(.pdf), 要約版(slideshare), 要約版(.pdf).
-->(英訳版) Mizuta, T., Noritake, Y., Hayakawa, S., Izumi, K., Impacts of Speedup of Market System on Price Formations using Artificial Market Simulations, JPX Working Paper , Vol. 9, Japan Exchange Group, 2015, Summary(slideshare), Summary(.pdf), paper(.pdf).

- 草田裕紀, 水田孝信, 早川聡,和泉潔, 保有資産を考慮したマーケットメイク戦略が市場間競争に与える影響:人工市場アプローチによる分析, JPXワーキング・ペーパー, Vol. 8, 日本取引所グループ, 2015, 本文(.pdf), 要約版(slideshare), 要約版(.pdf).

- 草田裕紀, 水田孝信, 早川聡,和泉潔, 吉村忍, 人工市場シミュレーションを用いたマーケットメイカーのスプレッドが市場出来高に与える影響の分析, JPXワーキング・ペーパー, Vol. 5, 日本取引所グループ, 2014, 本文(.pdf)

- 水田孝信, 早川聡,和泉潔, 吉村忍, 人工市場シミュレーションを用いた取引市場間におけるティックサイズと取引量の関係性分析, JPXワーキング・ペーパー, Vol. 2, 日本取引所グループ, 2013, 本文(.pdf)
-->(英訳版) Mizuta, T., Hayakawa, S., Izumi, K., Yoshimura, S., Investigation of Relationship between Tick Size and Trading Volume of Markets using Artificial Market Simulations, JPX Working Paper , Vol. 2, Japan Exchange Group, 2013, Summary(slideshare), Summary(.pdf), paper(.pdf).

- Mizuta, T., Kudo, I., Kobayashi, Y., A Portfolio of Japanese Equities Weighted by YKS Patent Values, SSRN Working Paper, 2009.



-- 国内学会 --

- 人工知能学会 金融情報学研究会, 10/8, 2016, 東京, ARCHモデルのミクロ的基礎付けの試み, slideshare, slide(.pdf), 本文(.pdf)

- 日本金融・証券計量・工学学会大会, 8/8-9, 2016, 東京.

- 人工知能学会 金融情報学研究会, 3/28, 2016, 東京, ダーク・プールが市場効率性と価格発見メカニズムに与える影響 〜人工市場モデルと数式モデルを用いたメカニズムの分析〜, slideshare, slide(.pdf), 本文(.pdf)

- 進化経済学会東京大会, 3/26-27, 2016, 東京, 人工市場シミュレーションを用いた金融規制・制度の研究の動向, ポスターslideshare, ポスター(.pdf), チラシslideshare, チラシ(.pdf)

- 日本金融・証券計量・工学学会大会, 1/24-25, 2016, 東京.

- 人工知能学会 金融情報学研究会, 9/26, 2015, 東京, 人工市場シミュレーションを用いた取引システムの高速化が価格形成に与える影響の分析, slideshare, slide(.pdf), 本文(.pdf)

- 日本金融・証券計量・工学学会大会, 8/7-8, 2015, 東京.

- 日本金融・証券計量・工学学会大会, 1/23-24, 2015, 東京.

- 人工知能学会 金融情報学研究会, 1/21, 2015, 東京, 人工市場シミュレーションを用いた ダーク・プールによる市場効率化の分析, slideshare, slide(.pdf), 本文(.pdf)

- 人工知能学会 金融情報学研究会, 10/11, 2014, 東京, 国際会議 IEEE CIFEr 2014 参加報告, slideshare, slide(.pdf), 本文(.pdf)

- 人工知能学会 金融情報学研究会, 1/22, 2014, 東京, ダーク・プールは金融市場を安定化しマーケット・インパクトを低減させるか?〜人工市場シミュレーションを用いた検証〜.

- 日本金融・証券計量・工学学会大会, 1/10-11, 2014, 東京.

- 人工知能学会 金融情報学研究会, 10/12, 2013, 東京, 人工市場を用いた大規模誤発注による市場混乱を防ぐ制度・規制の検証 〜 トリガー式アップティック・ルールを中心に 〜, slideshare, slide(.pdf), 本文(.pdf)

- 日本金融・証券計量・工学学会大会, 8/4-5, 2013, 東京, 人工市場シミュレーションを用いた取引市場間におけるティックサイズと取引量の関係性分析, slideshare, slide(.pdf)

- 人工知能学会全国大会, 6/4-7, 2013, 富山, 人工市場を用いた大規模誤発注が価格変動に与える影響の分析, slideshare, slide(.pdf)

- 日本金融・証券計量・工学学会大会, 1/25-26, 2013, 東京.

- 行動経済学会, 12/8-9, 2012, 東京, 金融危機を誘発する学習過程を実装した人工市場における値幅制限と空売り規制の分析.

- 人工知能学会ファイナンス研究会, 11/17, 2012, 神奈川, 人工市場を用いた値幅制限・空売り規制・アップティックルールの検証.

- 人工知能学会全国大会, 6/12-15, 2012, 山口, 人工市場における学習プロセスの必要性検証.

- 人工知能学会ファイナンス研究会, 1/28, 2012, 東京, 市場暴落後の反発時における投資家の振る舞いと人工市場への示唆.

- 行動経済学会, 12/10-11, 2011, 兵庫, 株式市場急落後の反発に関する分析 −シミュレーション研究との比較−.

- 日本金融・証券計量・工学学会大会, 10/14-15, 2011, 東京.

- 人工知能学会ファイナンス研究会, 10/1, 2011, 東京, 株式市場急落後の反発に関する分析 〜シミュレーション研究との比較〜.

- 人工知能学会ファイナンス研究会, 1/23, 2010, 東京, 取引所の高速化について.

- 日本金融・証券計量・工学学会大会, 12/23-24, 2009, 東京.

- 日本金融・証券計量・工学学会大会, 7/29-30, 2009, 東京.

- 人工知能学会ファイナンス研究会, 1/25, 2009, 東京, なぜ株価学習モデルは似たような銘柄を選んでしまうのか?.

- 人工知能学会ファイナンス研究会, 9/13, 2008, 東京, 実市場データをもとにポートフォリオ運用を行うエージェントを用いた人工市場による株価予測.

- 情報処理学会数理モデルと問題解決研究会, 5/16, 2008, 京都.

- 人工知能学会知識ベースシステム研究会, 3/28-29, 2008, 東京.

- - -

- 日本天文学会年会, 3/22-24, 2004, 名古屋.

- 2002年プラズマ科学のフロンティア研究会, 10/9-11, 2002, 岐阜, プラズマ波動による新しい非統計的加速, ポスター(.pdf).

- 地球惑星科学関連2002年合同学会, 5/27-31, 2002, 東京.

- 地球電磁気・地球惑星圏学会総会, 11/22-25, 2001, 福岡.

- STEシミュレーション研究会, 10/22-23, 2001, 福井.

- 地球惑星科学関連2001年合同学会, 6/4-8, 2001, 東京.

- SGEPSS波動分科会・福井勉強会, 3/19, 2001, 福井.

- 地球電磁気・地球惑星圏学会総会, 11/20-22, 2000, 東京.



-- 共著書籍・執筆記事 --

- 「41 レバレッジ型ETF 市場変動を増幅させる仕組み」, 週刊エコノミスト 2015年11月3日特大号, 毎日新聞出版, 2015.

- 「10.自律のための『就職支援』をおこなう若者就職支援協会」(共著), ミッションから見たNPO, 文眞堂, 2012.

- 「金融市場における最新情報技術:1. 金融の役割と情報化の進展 -市場の高速化と課題-」, 情報処理53巻9号, 892 - 897, 情報処理学会, 2012.

- 「躍動する太陽」, 穹+(きゅうぷらす), No.6,ヤマギワ発刊, 2001.



-- 大学・大学院での講義 --

- 東京大学工学部システム創成学科: 金融市場の数理と情報, 10/19, 2016, 人工市場を用いた金融市場の制度・規制の設計(ゲスト講師), slideshare, slide(.pdf).

- 東京大学工学部システム創成学科: 金融市場の数理と情報, 10/5, 2016, 金融の役割と機関投資家の株式投資実務(ゲスト講師), slideshare, slide(.pdf), 補足資料(その会社はいくらなのか?)slideshare, 補足資料slide(.pdf).

- 東京大学公共政策大学院: 経済物理学, 8/5, 2016, 金融ビッグデータと人工知能III 人工市場による市場制度の設計, slideshare, slide(.pdf).

- 東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻: 金融レジリエンス情報学, 4/7, 2016, 金融の役割と機関投資家の株式投資実務(ゲスト講師).

- 東京大学工学部システム創成学科: 金融市場の数理と情報, 10/7, 2015, 金融の役割と機関投資家の株式投資実務(ゲスト講師).

- 東京大学公共政策大学院: 経済物理学, 7/28, 2015, 金融ビッグデータと人工知能III 人工市場による市場制度の設計.

- 東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻: 金融レジリエンス情報学, 12/18, 2014, 人工市場を用いた金融市場の制度・規制の設計(ゲスト講師).

- 東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻: 金融レジリエンス情報学, 10/9, 2014, 金融の役割と機関投資家の株式投資実務(ゲスト講師).

- 東京大学公共政策大学院: 経済物理学, 7/25, 2014, 金融ビッグデータと人工知能III 人工市場による市場制度の設計.

- 東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻: 金融レジリエンス情報学, 12/12, 2013, 人工市場を用いた金融市場の制度・規制の設計(ゲスト講師).

- 東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻: 金融レジリエンス情報学, 10/10, 2013, 金融の役割と機関投資家の株式投資実務(ゲスト講師).



-- 招待講演 --

- ACM SIGMOD 日本支部 第26回先端的データベースとWeb技術動向講演会(ACM SIGMOD 日本支部第63回支部大会), 10/29, 2016, 東京, 証券取引所の高速化にともなう情報技術の導入, slideshare, slide(.pdf).

- 大手金融機関: 機関投資家向けセミナー, 7/13, 2016, 東京, テーマセミナー 人工知能が変える投資の世界〜その  人工知能はすでにここまで身近になっている, slideshare, slide(.pdf).

- 日本銀行 金融研究所: 6/21, 2016, 東京, 人工市場シミュレーションによる 制度変更とシステミックリスクの分析(和泉潔教授との共同講演).

- 東京都中小企業診断士協会城北支部 産学官連携研究会, 6/14, 2014, 東京, 東京証券取引所と東京大学(工学系)の共同研究事例の紹介, slideshare, slide(.pdf).

- 金融庁 金融研究センター: 金曜ランチョン, 3/22, 2013, 東京, 金融ビッグデータと人工知能技術〜金融商品取引市場の安定化・効率化に向けた「経工連携」の挑戦〜(和泉潔准教授講演の補足講演).

- 人工知能学会ファイナンス研究会, 3/19, 2013, 東京, 人工市場シミュレーションを用いた取引市場間におけるティックサイズと取引量の関係性分析, slideshare, slide(.pdf)

- 東京大学: 第3回 オープンゼミ(金融実務者による講演), 1/16, 2013, 東京, 最先端の金融技術と社会的意義.

- 日本中小企業・ベンチャービジネスコンソーシアム:第30回定例部会, 11/10, 2012, 東京, NPO法人若者就職支援協会の活動事例報告(共同講演), slideshare, slide(.pdf).

- 宝印刷,野村総合研究所: e-Disclosureセミナー 〜機関投資家に対する効果的なIR活動について〜, 12/20-22, 2011, 1/27, 2012, 東京・大阪・名古屋, 機関投資家の実務.

- 明治大学リバティアカデミー: NPO法人の経営学, 12/6, 2011, 6/26, 2012, 6/25, 2013, 東京, 監事業務について.

- CapitalIQ, Northfield: 第7回クオンツ・ネットワークフォーラム, 4/21, 2011, 東京, 人工知能を用いたファイナンス研究の現状紹介 〜特に社会シミュレーションを中心として〜, slideshare.

- 東京大学: オープンゼミ(金融実務者による講演), 2/21, 2011, 東京, 理数工系出身者が求められる金融の世界 〜 人工知能技術を中心に 〜, slideshare.

- 東京証券取引所: 金融工学研究会(社内限定勉強会), 1/17, 2011, 東京.

- SBIジャパンネクスト証券,トムソン・ロイター: 第3回証券特別セミナー<PTS清算照合と市場最新動向>, 8/5, 2010, 東京, 日本のバイサイドにおける最良執行環境.

- アイフィスジャパン, 工藤一郎国際特許事務所: 経営者向け企業価値向上セミナー, 3/17, 2010, 東京, 無形資産評価と株式投資.

- 工藤一郎国際特許事務所: YKSセミナー, 10/23, 2009, 東京, YKS手法を用いた新しい株式投資手法.

- 人工知能学会ファイナンス研究会, 9/12, 2009, 東京, 機関投資家が人工知能に期待すること(共同講演).



-- 取材記事 --

- 日本経済新聞, 2015/2/27朝刊, 株式の私設取引、売買シェア低下 東証の刻み値縮小が響く 差別化難しく投資家離れ.

- 週刊ダイヤモンド, 2014/9/16,東証の心臓部に潜む 個人を狙う“猛獣”の正体.

- ロイター, 2014/7/22,東京株式市場・大引け=反発、企業決算への期待でマインド改善.

- ロイター, 2014/7/8,〔焦点〕超高速取引の厳しい「台所事情」、利幅少なく競争も激化.

- 日経ヴェリタス, 2010/9/5, 金融市場を科学する(上)投資家の直感 物理学で読み解く.

- 知財情報&戦略システム第15号, Intellectual Investment 知財投資.



-- 勉強会発表 --

- 思想哲学研究会中小企業診断士協会東京支部中央支会), 1/25, 2015, 「効率的市場仮説という不毛な議論」.

- 思想哲学研究会中小企業診断士協会東京支部中央支会), 9/1, 2013, 「カネとは何か」.

- 思想哲学研究会中小企業診断士協会東京支部中央支会), 8/26, 2012, "いま"の知の巨人たち.

- 思想哲学研究会中小企業診断士協会東京支部中央支会), 7/31, 2011, カール・ポパー.

- 思想哲学研究会中小企業診断士協会東京支部中央支会), 2/20, 2011, カール・ロジャーズ.

- コンピュータ研究会中小企業診断士協会東京支部), 8/16, 2010, 資産運用業界の紹介, slideshare.

- 思想哲学研究会中小企業診断士協会東京支部中央支会), 6/27, 2010, 投機家ジョージ・ソロスと哲学.

- TokyoR, 4/24, 2010, Value at Riskの紹介, slideshare.