横浜市保土ヶ谷区の遺言なら司法書士・行政書士の水澤綜合法務事務所へ。

横浜市保土ヶ谷区の遺言なら司法書士・行政書士の水澤綜合法務事務所へ。

遺言

 遺言は「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」のどちらかが一般的です。

 自筆証書遺言は全てを自分で書くため、費用がかからないというメリットがありますが、書き方を間違えた場合に遺言の効果を生じない危険性と、亡くなった際に家庭裁判所での「検認」という手続きが必要になってきます。

 用紙は何でも構いません。全文、日付、氏名を自書し、押印さえすれば完成です。公正証書遺言は作成までに準備が必要ですので、応急的に書いておく分にはお勧めします。

 公正証書遺言は公証人に書いてもらうため、費用はかかりますが、書き方を間違えることはありませんし、検認も不要です。最終的には公正証書遺言を作成することをお勧めします。

必要書類は遺言者の印鑑証明書と、相続人に財産を渡す場合には相続人との関係がわかる戸籍謄本、相続人以外に財産を渡す場合にはその者の住民票の写し、財産の内容を判断できる資料等です。

遺言の内容は好きに書いていただいて構いませんが、「遺言に書いても法的には効果が生じないもの」、「遺言で書かないと法的に効果が生じないもの」、がありますのでご注意ください。また「遺留分」といって特定の相続人に残しておかないといけない財産もありますので、気を付ける必要があります。遺留分は無視しても遺言としては有効ですが、遺言作成の際には考慮をしておくべきかと思います。

 

 

 

 

 240-0064

 横浜市保土ヶ谷区峰岡町1-20-3ユーコート星川208号室

 水澤綜合法務事務所 司法書士・行政書士 水澤大輔

 電話:045-334-0007 FAX045-334-0008

 mailmail@mizusawa-office.com

 車庫証明・古物商・風営等:警察署手続き専門サイト

http://www.mizusawa-office.com/201705132056056_65ZPMKNR.jpg