音楽サイト・全公開曲リスト
魔法少女リリカルなのは〜オリジナル・サウンドトラック〜
キングレコードより、2005年5月発売 / 41曲(73分31秒)収録
CDの大半は戦闘曲やサスペンス曲など、テンションが高い曲で占められており、「なのは」が
ただの“萌え”アニメじゃないことが、音楽メニューからもうかがえる。
「スターウォーズ」や「ハリポタ」のような洋画系の音楽ではなく、いかにも日本のアニメーション
的音楽であり、メロディーラインなどは一つの極致に到達していると思う。
とにかく、私が本編(DVD)を見る元となった、魅力あふれる名盤。
放映終了後にリリースされたので、楽曲も本編のドラマ進行に合わせた聴きやすい構成だ。
但し、第1話冒頭で使われたギターの情景曲やサスペンス系の汎用曲など、一部は未収録。
12話で、立ち直ったフェイトがなのはの加勢に現れるシーンに流れた、フェイトのテーマっぽい
挿入歌なんかは、他のCD(サウンド・ステージ?)に入っているのだろう。
スコア・タイトル 備考 TIME
OPテーマ・
innocent
starter
(TVサイズ)
本作・主題歌のTVサイズ。歌は、フェイト役の水樹奈々さん。
(本編中のフェイトの声とは、かなり雰囲気違うけど…)
オープニング・テーマとして、冒頭の“前回のあらすじ&今回の
見どころ”に続き、毎週使用された。リリカルで情熱的な名曲。
余談ですが、OPの“なのはVSフェイト”の対決図を見てたら、
何となく「メグちゃん」の“メグVSノン”を思い出してしまった。
1:48
宿命の檻、
運命の輪
「なのは」の序曲といった感じの、神秘的なファンタジー曲。
序盤は“前回のあらすじ”で使われたBGMとしてもお馴染み。
「リリカルなのは…始まります!」って感じかな?
12話でも、テスタロッサ親娘の最後の会話シーンで使用。
1:47
願い、
闇の中で
第1話の導入部で、ユーノVSモンスター(?)に使用された曲。
初期は、冒頭の“前回のあらすじ”とかにも使われた。
魔女っ子物では定番の、マジカル系・ミステリアスBGM。
他の使用例は、“ロストロギア”の解説シーンなど。
1:42
レイジングハート
セットアップ!
タイトル通りの変身曲。バンクの変身シーンには、毎回使用。
いかにも見せ場という感じの盛り上がりで、この手の作品には
絶対に欠かせられないタイプの曲でしょう。
ビジュアルにもピッタリ合っている「なのは」の代表曲の一つ。
ちなみに、変身シーンは普段着時のバンクなので、制服を着て
いる時などは、変身シーンがカットされている。
1:53
溢れるパワー・
無敵の勇気
軽快な戦闘曲。後半は話が重くなるので、この手の曲の需要
は減ってしまうのだが、前半のジュエル・シード封印の見せ場
などにはピッタリの、ヒロイックな“キメ!”の曲だ。
やっぱり「セラムン」の影響とか、受けているんだろうなぁ…。
2:05
黒き輝き フェイト優勢を感じさせる、ミディアム・テンポの戦闘曲。
彼女の初登場シーンに流れていた事からもわかるように、ライ
バル・フェイトの行動テーマとして作られたようだ。
1:04
銀の翼
〜アースラ〜
時空管理局の母艦・アースラのテーマ曲。いかにも…な感じの
勇壮な曲だが、アースラ自体が戦闘をする事はなかったので、
むしろ時空管理局のテーマという感じかな?
2:04
血の縛鎖 主に、時の庭園のプレシアの描写に使用されたサスペンス曲。
フェイトが過激な母の折檻を受ける場面や、彼女の秘められた
正体が明かされるシーンなどにも使われた。
2:36
絆、信じて 悲しみを奏でる心理描写のBGM。傷だらけのフェイトをアルフ
が気遣うシーンや、自らの生い立ちを知って絶望するフェイトの
描写などに使用された。
2:28
10 大丈夫だよ フェイト側に多用された、苦悩を現す大人っぽい悲哀曲。
フェイトとアルフの心の触れ合いを彷彿とさせる名曲だ。
12話の、フェイトが立ち直ろうとする場面でも使用。
1:39
11 この
広い世界に
初めてフェイトと出会った後、なのはが思い悩む場面で使用。
“次回予告”にも使われるようになるなど、なのはや少女たちの
心理描写曲として良く使われた。しみじみ系の正統BGM。
2:27
12 楽しい休日 後半はめっきり使われることのなくなった日常曲の一曲。
第1話では、なのはファミリーの紹介シーンにも流れた。
タイトル通りの使用例としては、第5話の温泉旅行があります。
1:52
13 ほのぼの…? 日常のほのぼの曲。学校やお茶会のシーンなどでお馴染み。
なのはがユーノの正体(?)を見て驚く場面にも使われていた。
1:24
14 のんびり
しましょ
第1話での、クラスメイトの紹介シーンが初出。
コミカル曲の中でも、使用例は少ない部類に入る。
1:34
15 走れ! ドタバタ・シーン用の追っかけ曲。本編中での使用例は少なく、
4話のユーノが猫に追われるシーンくらいしか思い出せない。
1:34
16 ええとですね コミカルシーン用の曲。4話で、巨大・子猫の出現に呆然とする
なのは達の描写や、リンディの甘党ぶりに唖然とするなのはの
描写などに使われた。
0:43
17 消せない過去、
戻らない時
シリアスな後半では、“前回のあらすじ”での使用も印象深い。
小三という設定を忘れさせてくれる、乙女チックな悲哀曲。
主に、なのはサイドの苦悩や迷いを表現している。
1:59
18 予兆 オーソドックスな作りのサスペンス曲。ジュエル・シードの発動
を予感させる場面や、時空管理局の軍がプレシア逮捕に迫る
シークエンスなど、全編を通じて使用例は多い。
1:44
19 雷光襲来 フェイトの魔力が高まっていき、なのはを圧する感じの戦闘曲。
当然、二人の最終決戦にも使われた。初出は第1話の思念体
襲撃シーン。ジュエル・シード発動シーンなどにも多用された。
なのはのピンチを描写する曲として、スタンダードなナンバー。
2:28
20 緊急事態 番組後半は、主にこの曲が“次回予告”に使われた。
まさに、スクランブル!という感じで、なのはの戦闘曲の中でも
かなり使用頻度が高い名曲。つくづく「なのは」は、魔女っ子物
とは思えないくらい、アクション系の曲が充実している。
2:12
21 嵐の中で 凶暴化したジュエル・シードが暴れまわる感じのパニック曲。
使用例は、第2話の犬型モンスター出現シーンや、第9話での
火の鳥型モンスターの封印シーンなど。
1:36
22 決断の時 互いの決意を胸に対峙する二人の魔導師…なのはとフェイト。
そんな感じの曲。重々しいプレッシャーを表現している。
二人の初対決シーンにも流れていた。静か目の戦闘曲。
1:45
23 ゆずれない
思い
タイトル通り、なのはVSフェイトの戦闘を彷彿とさせる戦闘曲。
ニュートラルな感じで、両者互角の攻防を繰り広げるイメージ。
二人の、2度目の対決シーンなどで使用された。
2:03
24 雲海を抜けて 番組も後半になると、OP冒頭の“前回のあらすじ”あたりにも、
この曲のようなテンション高いBGMが使われるようになる。
第2話における初封印を始め、トラック20と並んで多用された
「なのは」の代表的なアクション曲だ。
2:19
25 動き出す宿命 クロノの初登場シーンでの使用が印象深い。ぶつかり合った、
なのはとフェイトの間に割って入って名乗りを上げるクロノくん。
けっこう、オイシイ登場シーンだ(笑)♪
2:05
26 飛翔 使用例あったっけ?
アクション曲が豊富なので、使われない曲も出てくるなぁ…。
ピンチのなのはが、逆転するイメージのアクション曲かな?
1:45
27 撃ち抜いて、
夜も暗闇も
トラック29と並んでカッコイイ、ハイテンポな戦闘曲。
総力戦に突入!といった向きのBGMだが、使用例は多くない。
第9話で、フェイトと力を合わせて6個のジュエル・シードを封印
する場面で使用されたくらいかな?
2:06
28 想い、
あなたへ
ストリングス系の旋律が綺麗な、ヒロインっぽいアクション曲。
第3話では、なのはが遠距離魔法を使いこなし、優れた魔法の
素質を見せるシーンに使用された。
1:55
29 集え、星の輝き
〜スターライト・
ブレイカー〜
このCDでイチオシの名曲。タイトルの通り、なのはの必殺技の
テーマだが、技と同じく本編では11話に1度だけ使用された。
とにかく最高にカッコイイ曲で、鳥肌モノの燃える一曲。小三の
少女が、こんなイカス曲で戦うのは反則としか言えない(笑)。
ここは、まさに“シリーズ最大の戦闘&見せ場”と言えるだろう。
1:38
30 崩れゆく世界 まさしく、ラスボス戦の雰囲気が伝わってくるような曲。
最終決戦で、リンディが初めて実力を見せ、次元震を押さえる
シーンに使用。盛り上がる見せ場には、ピッタリだ♪
2:32
31 宿命の行く末 アルフがプレシアに叛乱するシーンや、クライマックスでの時の
庭園・崩落シーンなどに使用された。いかにもクライマックス用
の、運命の終焉を感じさせるようなテンション高い音楽。
2:04
32 やすらぎ 第9話で、なのはの父親のケガのワケが語られるシーンなどに
使用。最終話では、事件解決後、なのはが時空管理局の面々
と別れを惜しむ場面に使われた。
1:39
33 なまえを
よんで
いかにも女の子らしいリリカル曲。第3話ラストでは、なのはの
決意を表現。また最終話では、タイトル通り「なまえをよんで」、
真の友達になった二人の感動シーンに使用された。
1:54
34 君に
会いたく
なったなら
フェイトとの決戦前夜、家族と過ごす、なのはの描写に使用。
また最終話では、クロノの計らいで、フェイトと再会できることに
なったシーンでも流れた。
1:43
35 EDテーマ・
Little Wish
〜lyrical step〜
(TVサイズ)
本編のEDとして、毎回使用された副主題歌のTVサイズ。
こちらは、なのは役の田村ゆかりさんが歌唱している。元気の
良い曲で、なのは声で歌われているため、いかにも“なのはの
テーマ”という感じ。最終話では長尺版をラスト・シーンに使用。
1:50
36 なの! タイトル通り、サブタイトル用の短いブリッジ曲。
後半は本編のシリアス化により、あまり使われなくなったが…。
0:10
37 アイキャッチ1 Bパート開始時の、コミカルなアイキャッチ曲。
これも、本編のシリアス化により出番がなくなり、他のシリアス
曲を編集した曲が代用されるようになった。
0:06
38 アイキャッチ2 Aパート終了時の、リリカルなアイキャッチ曲。
こっちは、後半でも良く使われた。
0:07
39 リリカル
マジカル、
がんばります!
予告編用の楽しい音楽。本編中にも、お出かけ曲として使用♪
サブタイトルやアイキャッチ同様、後半ムードが合わなくなって
しまい、戦闘曲や心情描写曲が代用されるようになる。
2:05
40 杖ボイス
レイジングハート
ボーナストラック・その1。レイジングハートの音声集。デジタル
音声かと思っていたら、ちゃんと外人さんのキャストが…。
私は英語苦手なので、本編で聞き取るのが大変だった(笑)。
3:07
41 杖ボイス
バルディッシュ
ボーナストラック・その2。レイジングハート同様に、外人さんの
録り下ろしボイス。レイジングハート以上に聞き取り辛かった。
1:59

「リリカルなのは」のサントラCDに収録された全スコアを、解説付きリストにまとめてみました♪
なお、CDには解説記事がないので、私の私見による解説で補完しています。ご了承ください。

トップへもどる