2006年5月29日(月)
最新のシリーズ情報&プレイ状況

「T」と「U」が、PSPでも発売されましたが、リメイクというよりは純粋な移植みたいですね。
私はPSP持ってないし、期待してたボイスも入ってないようなので、今回はパスしてます。
なお、最新作「幻想水滸伝X」については、専門ページを特設しています。
とりあえず1周目のクリアを終えましたので、プレイ記事などは、そちらにUPしています♪
           
最新作「幻想水滸伝X」の専門ページはこちら!
次は、EDを含めて1周目でやらなかったコトを、2周目でやってみようと思ってます。
1周目は完全な攻略本を入手してからプレイしたので、初回から108星・コンプリートも達成
できたし、隠し要素もほぼ消化できました。
だから2周目の方では、あえて108星を集めずに、バッド・エンディングを見たいと思います。
今回も、108星・コンプリートの成否で、エンディングが分岐するのが大きな特徴です。
私の場合は逆になってますが、初回プレイでは、あえてバッド・エンド(108星集めに失敗)を
見てから、2回目のプレイで、ベスト・エンディング(108星集めに成功)を見る…というのが、
正しい楽しみ方なのではないかと思ってます。本作は、「U」と同じ感じの多彩な分岐が存在
しますので、全てのEDを順番(バッド⇒ベスト)に見ていただくことをオススメしたいですね。
だから1回目は、前もって知識を仕込まずに、気楽にプレイした方がいいのかもしれません。
なお、ウチはいわゆる攻略専門サイトじゃないので、細かなデータの類は出していませんし、
プレイするタイミングもかなり遅いので、“こういうプレイをしてるユーザーもいるんだなぁ…”と
いう感じで、参考程度に見てもらえたら幸いです。他の攻略サイトや攻略本で、既に周知の
事実となっている内容がほとんどですので、フライング的な「ネタバレ」はないと思いますが、
ある程度突っ込んだ記述もありますので、「ネタバレ」が嫌いな方は、ご注意くださいね。

RPGの中でも、「幻想水滸伝」シリーズは、
個人的に、お気に入り・タイトルの一つです。
現在、本編・5作以外に、外伝等もいくつか
発表されており、今後のシリーズ発展も
見込めるので、特別に独立コーナーを
設けました!他のコーナーと同じく、
私のプレイ状況や攻略記事、
最新情報等をアップしていきます♪

トップへもどる
スーパーロボット大戦・コーナー

これまでにクリアしたシリーズの報告です。概要や、おススメ・キャラ等を紹介します。
「幻想水滸伝X」の専門ページはこちら!
幻想水滸伝(W)
概要
「V」に続くPS2作品で、グラフィックに力を入れているが、オープニング画までもがアニメじゃ
なく、ポリゴンキャラになってしまった。ポリゴンの人物画にイマイチ抵抗がある私なんかには
ちょっと苦しい気がする。シナリオ等の雰囲気は、主人公の比重が大きかった「V」に較べ、
第1作の原点に戻った感じで自由度が上がった。反面、主人公の個性のなさ(?)が気になる
面も…!システム的には、ボイスの挿入と戦闘メンバーの減少が大きな変更点かな。私個人
は音声が好きなので、前者は大歓迎だけど、後者はいただけない。戦闘がスムーズになった
とはいえ、最終的に50人を越える大所帯の本作において、6人でも少ないくらいのパーティー
人数が、4人に減ったというのはキビシイ…!入れ替えて育てるのが、非常に面倒なのだ。
●「幻想水滸伝W・公式ガイド/コンプリートエディション」…コナミメディアエンタテインメント刊
 攻略本については、コレを参照しました。隠し要素も含め、ほぼ完全に網羅されています♪
行き詰ったと
思ったら…
時々、何の指示もなく、次に何をすべきかわからなくなる時がありますが、
そういう時は仲間の人数が規定よりも少ないことが多いので、色々な場所
へ行って仲間集めをしましょう。海図に次の目的地が提示されることもある
ので、チェックを忘れずに!特定の人物に話しかけると、どんどんイベント
が進むケースが多いので、場の空気を読んで、セーブしておくと便利です。
作戦室へ入る時や、甲板に出る時も、イベント発生率が高いので要注意!
終盤は展開が
早いので
気をつけて…
終盤、オベルを奪回すると、ほぼ108星が揃いますが、そうなるとラストの
追い込みが早いのが「幻水」の世界。うまく自由時間を活用して、やり残し
がないようにしましょう!別働隊を決めてしまうと、ほとんど自由がきかなく
なってしまいます。2周目を狙う人は、最後の戦闘に参加しないキャラから
高級な装備品(引き継ぎ可のものだけ)を外しておくことをオススメします。
装備したままの防具や紋章は、2周目への引き継ぎができませんので…。
パーティー・編制方針
主人公は外せないので、残る3人の選抜がプレイヤーの仕事となる。今回は、イベントで強引
について来るケースが少ないが、3人協力攻撃のメンバーを入れたりすると、もうそれだけで
決定されてしまうので、“弱いけど好き”…といった、マスコット的な存在を入れるような余裕が
ないのだ。よって、以下のようなパターン等が考えられる。
@RPG・基本タイプ…主人公+戦士型+魔法攻撃役+魔法回復役
  それぞれ役割をきっちり分担して、チームとして機能させる、スタンダードな編制タイプ。
  ボス戦向きだが、回復役とかが倒れると、いきなりピンチになってしまうかも…?
Aオール・万能型タイプ…主人公+万能型×3人
  主人公と同じ万能型を、ズラリと揃えた編制。直接攻撃も魔法も両方得意なので、どんな
  敵にも対応できる。誰かが戦闘不能になっても、それほど困らないのが強み。
B協力攻撃・重視タイプ…主人公+協力攻撃メンバー(2〜3人)
  主人公以外は、協力攻撃が使えるメンバー優先で編成する。2人協力の場合は、残りの
  一人を弱点補強の方向で決めよう。キカやスノウにすれば、主人公の協力攻撃も使える
  ので、協力攻撃をダブルで組み込める。
  3人協力の場合は、もうそれだけでメンバーが決まってしまうので、融通がきかない。
C魔法・特化型タイプ…主人公+魔法使い×3人
  早いレベルでLV4の魔法が使えるような、魔法のエキスパートを集めたパーティー。
  魔力がきれると大ピンチだが、光もさもさなどの強敵撃破には必須の精鋭部隊だ。
D直接攻撃・特化型タイプ…主人公+戦士型×3人
  正直、魔法なしでは中盤以降は厳しいので、あまり実用的とは言えません…ハイ!
E愛情&こだわり・優先タイプ…主人公+プレイヤーのヒイキ・キャラ×3人
  戦闘能力やバランスなんて気にせず、とにかく自分の好きなキャラ優先で編制する。
  強いパーティーが組めるか、涙ナミダの弱小パーティーになるかは、アナタしだい(笑)!
万能型
(主人公)
主人公に代表されるように、直接攻撃も魔法も無難にこなし、すばやさや
技も水準以上な、オールマイティーなキャラクターたち。
すばやさの面では主人公が一つの目安となるので、彼よりもすばやく行動
できるキャラクターは、速さに関して優秀だと言えるだろう。
レベル40あたりで、LV4魔法を使えるようになれば言うことなし!
●リタ…参入が早く、序盤は魔法使いとしても頼りになる。
●ミレイ…なぜか忍者よりもすばやく、魔法もイケてる万能キャラ。
●ケイト…忍者らしく先制攻撃が得意!意外に魔力も成長する。
●セルマ…主人公に似たパラメータを持つ、バランス型の代表格。
●フレア…参入が遅いが、欠点の少ないオールマイティー・キャラ。
●アメリア…HPが高めで、攻防とも死角が少ない美女部隊の一人。
戦士型
戦士型は武器による攻撃力の強さが命!ただし、技が低いと命中せず、
無意味になってしまうので、技の高さが重要。すばやさも高いと申し分ない
だろう。魔法は期待できないので、あとは装備で防御を固めるべし。
●キカ…主人公との協力攻撃、隼の紋章も備えた、エース候補の一人。
●ハーヴェイ…戦士としての必須能力を完備した、戦士型のお手本!
●リノ…戦士型で、イベント参加も多い中心人物なので、鍛えておこう。
魔法使い
文字通り、魔力(魔法使用回数)の高さに命をかけるキャラクターたち。
打たれ弱く、行動が遅いという欠点があるが、合体魔法は素晴らしい♪
レベル60までに、LV4魔法を2回使えるようになれば、優秀だと言える。
●テッド…目立った弱点がない最強の魔法使い。ソウルイーターも激強!
●ジーン…仲間になるのが早めで、今回は強い。雷鳴の紋章をつけよう。
●ウェンデル…参入が遅いが、すばやさが高くて直接攻撃もイケる。
協力攻撃
優先型
個々の能力よりも、協力攻撃を使うことで、その本領を発揮するメンバー。
編制上の制約が問題点だが、バランスに優れた組み合わせも多いので、
色々と試してみて、自分のプレイスタイルと合うチームを見つけよう。
バーサーカー攻撃(ダリオ&ゴー)
 最強の全体攻撃!使ってみて、初めてわかる強さ。失敗もあるらしいが、
 私が使った時は全部成功してしまった。失敗も見たかったのに…(笑)。
 必ず、すばやいゴーに使わせること。怒りの紋章をつければ、もう無敵♪
●美女攻撃(キカ&ジーン&アメリアorグレッチェン)
 おなじみの美女トリオ攻撃。全体攻撃なので使いやすい上、パーティーの
 バランスも良好。キカは主人公とも協力できるので、かなりオススメ♪
 いきなりショータイム音楽が入り、違うゲームの世界になっちゃうぞ(笑)。
●美少女攻撃(ミレイ&ビッキー&リタ)
 美女攻撃の少女版。やはり上の大人版より威力は低いが、全体攻撃で
 バランスも悪くない。使う時は、すばやいミレイを先頭にして先制しよう!
 まるで「セーラームーン」のキメBGMのような音楽も、懐かしくてイイな♪
●真・友情攻撃(主人公&スノウ)
 単体攻撃としては最強!HPが数千の強敵相手でも、十分通用する。
 スノウの能力はイマイチだが、協力攻撃で本領発揮する典型的な例だ。
●麗しの友情攻撃(ラインバッハ&シャルルマーニュ)
 おなじみのナルシー協力攻撃。音声が入ったことで、さらに笑えるように
 なった(笑)。実用度はともかく、一度は見てみよう♪(赤いバラの紋章も)
弱点が目立つ
困ったちゃんな
人たち(笑)
番外で、使っていて弱点が浮き彫りになる、困ったちゃんたちを紹介(笑)。
●オルナン…寝てる(笑)ので、「全員攻撃」も「協力攻撃」も使えない!
 今回はステータス異常回避の防具がないので、赤フンを装備させよう。
●ミツバ…技が低いので、空振りが多い!当たれば強いのだが…。
 必ず当たるセルマとの協力攻撃に、活路を見出すと良いだろう。
 他にもヘルガなど、重そうな武器を持ってる者は、大体一発屋が多い。
●ビッキー…魔力は高いのだが、とにかく打たれ弱く、すばやさも最低クラ
 スなので、敵の攻撃が集中すると、魔法を出す前に倒されてしまう(泣)。 
サポート
メンバー
本隊をサポートする5人目の仲間。序盤は回復が優先なので、医者のユウ
あたりがオススメ。後半になって、キャラや防具が強化され、回復の心配が
なくなってくれば、アイテムを落とす確率を上げるオスカルなどが役立つ。
さかみはらのオススメキャラ&編制例
本作では4人編制になったので、私もかなり選抜には悩みました。とりあえず、最終決戦では
本隊4人に別働隊4人が必須なので、最低でも8人は鍛えておく必要があります。
また、海戦で白兵戦にもつれこんだ時のためにも、鍛えた戦闘員は多い方が安心でしょう。
船パーティーは3チーム(総勢12人)組めるので、これも利用して育てると良いと思います。
とりあえず参考までに、私の愛用したパーティー・メンバーを記しておきますネ!
序盤 ●主人公+ケネス+ジュエル+チープー(1周目)
●主人公+タル+ポーラ+チープー(2周目)
最初は、騎士団の仲間2人とチープーしかいない。騎士団4人組の中では
タルとジュエルが戦士型、ケネスは万能型、ポーラが魔法使い型なので、
選ぶなら、タル+ポーラやジュエル+ケネスのように、バランスが偏らない
選択がオススメ!その後、早目に仲間にできるメンバーの中では、リタが
使いやすい。ジーン達が加わるまでは、優秀な魔法使いが少ないのだ。
中盤@ ●主人公+キカ+リタ+ジーン
キカが加わると、さっそく主人公との協力攻撃目当てでレギュラーに抜擢。
魔法のエキスパート・ジーンも加えて、女性キャラ・メインという、さかみはら
のパーティー編制の方向性が、そろそろ見えてきた感じ(笑)♪
だって、「幻水」シリーズって男性陣より女性陣の方が強い気がしません?
中盤A ●主人公+キカ+テッド+ジーン
イベントを早目にこなし、テッド君をゲット!やはり、噂通りの強さだ。
魔法使いとして、彼以上の逸材はいない。すばやくて、直接攻撃もイケる!
女性パーティーの夢(笑)を打ち破るほどの、実用度の高さにウットリ〜♪
終盤 ●主人公+キカ+テッド+ミレイ
最強の魔法使い・テッドが加わり、戦力に余裕ができたので、万能タイプで
すばやさの際立つミレイを入れてみた。あらためて、その強さを実感!
最終決戦 ●本隊…主人公+テッド+ミレイ+ウェンデル
●別働隊…キカ+アメリア+ジーン+フレア
2隊必要になったので、別働隊には美女攻撃のメンバーを抜擢。残る一人
は、最終戦直前に合流したフレアを加え、クレイ戦に挑んだ。
本隊には、キカの穴埋めとして、すばやさと直接攻撃もイケる魔法使いの
隠し玉・ウェンデルを選抜。ラスボス戦に向かった。
海戦用 ●艦長…主人公、キカ、ハルト
主人公とキカは、艦長当確!あとは、射程が伸びるハルトなども便利だ。
●紋章砲…ジーン、ビッキー、テッド、マキシン、コンラッド

海戦では、魔法使いは紋章砲手専任みたいなもの。レベルは関係ない。
宿している紋章の属性が、そのまま適用されるので、偏った紋章の付け方
をしていると困るハズ。各キャラに、バランス良く属性魔法を宿しておこう。
●戦闘員…ハーヴェイ、リノ、フレア、ラインバッハ
白兵戦では、魔法やアイテムは使えないので、直接攻撃に強く、部下数も
多いキャラがベスト。強力な全体攻撃の協力攻撃が使えれば、なお良し!
白兵戦は実際の装備やレベルが反映されるので、鍛えておかないと戦力
にならない。特に武器LVを上げておかないと、ほとんど役に立たないぞ。
真の主人公は
リノ国王?
自己主張の少ない主人公に代わって、イベントを進めてくれるのがリノだ。
本作では、エンディングでも目立ちまくり、普通は主人公がいるはずのポジ
ションに彼がいるのだ。パーティーに強制参加する場合も、だいたいこの人
が出しゃばってくる(笑)ので、装備や武器も優先して鍛えてあげよう。
後述する裏ネタ話のことを考えれば、こうした言動も納得がいくのだが…。
今回の
オレンジ娘は?
「幻水」シリーズにおける、私の一つのジンクスとして、“オレンジ色の服装
の女の子は、なぜか強いコが多い”というのがあります(笑)。“オレンジ”と
いうのは、このシリーズの部隊名とかのキーワード(?)にもなってるので、
制作スタッフが確信犯なのかもしれませんね(笑)。
たとえば、「T」のロッテ、「U」のワカバ、「V」のエミリーなどがそうです。
ロッテとかは微妙ですが、ワカバやエミリーの強さは、使った人ならわかる
と思います。それで、ズバリ、今回の“オレンジ娘”は誰なのかな〜と…!
ミツバなんかが怪しいところですが、あいにく彼女は赤だし、命中率も低い
などの欠点があります。今回はいないのカナ〜?と思ってたところ、最後の
最後で見つけました。そう、ウェンデル!…オレンジ色だし、育ててみると、
ラフな格好からは想像できない魔法の名手になりました。すばやさや直接
攻撃にも対応可な彼女は、見込み通りの“オレンジ娘”!私のラスト・パー
ティーの一員として活躍してくれました。皆さんも、使ってみてはいかが?
ネコボルトの
実力は…?
今回のマスコット的存在のネコボルト3人組。ネコ好きの人などは使わずにはいられないハズ(笑)?チープーなんかは序盤からの仲間だし、イベント映像にも良く出るので愛着があるよね。協力攻撃が攻撃になってない(笑)ので、やや使いづらい感は否めませんが、すばやさや技の高さは1級品!天狗セットなどで弱点の耐久力を補えば、大活躍してくれる…かも?
レベル上げについて
キャラの育成は、全キャラをこまめにレベルアップさせておいた方がいいです。なぜなら、ある
程度レベルを上げないと、魔法が何回使えるかとか、紋章をいくつ装備できるかとか、キャラ
の持つ特性が見えてこないからです。育てれば、化けるキャラとかも見つかりますしね〜♪
レベル上げをする時は、協力攻撃ができるメンバーで行うのがオススメです。今回は、特定の
メンバーで10回ほど戦闘をこなさないと、協力攻撃そのものを覚えてくれませんから…。
レベル上げと、協力攻撃の修得を同時に行うのが効率的な育成というわけです。
その際、主人公に烈火の紋章をつければ、残りのメンバーは安全にレベルアップできます。
ついでにスピードリングで速度も上げ、強力な全体攻撃魔法で敵を先制&全滅させましょう。
「幻水」シリーズは、得られる経験値のレベル補正が高く、上手くやれば一度の戦闘で一気に
10レベルくらい上がりますから、数回の戦闘で、いつの間にかレベルが逆転してる…なんて
ことも珍しくありませんよね。「一閃」が使えるなら、さらに簡単にレベル上げできます。
ゴーと
何度も戦おう!
ゴーを仲間にする際、彼と戦闘して勝つ必要があるのだが、勝利後の選択
で仲間にしない方を選ぶと、仲間にするまで、連続で何回でも戦闘が続く。
ゴーはLV50くらいなので、かなりの経験値が稼げるのだ。余裕があれば、
戦闘を何回か継続して、レベルアップを図ると良い。
船パーティーに
チェンジ!
海上での戦闘では、船パーティーとチェンジできるので、基本パーティーで
敵を全滅寸前にしてから弱いパーティーと交替させる。経験値は戦闘終了
時のメンバーに入るので、低レベルのキャラも、かなり安全に育てられる。
全員攻撃も
忘れずに!
本作では、何回か戦闘をこなすと画面下のゲージがたまり、「全員攻撃」の
コマンドが使えるようになる。これは、1ターンだけ主人公が一方的に敵に
対して全体攻撃を仕掛け、主人公のHPまで回復してくれる便利ワザだ。
バカな私は、最初、このシステムがあることに気づきませんでした(泣笑)。
訓練所は
インチキ?
訓練所では、いつも一緒に戦っている仲間達を相手に稽古することになる
のだが、なぜか敵に回ると妙に強くなっているのだ!特に5回戦に出てくる
連中は、HPが1000くらいあるし、「震える大地」でこっちを瞬殺してくれる。
こちらも、合体魔法や全体魔法を、先制で叩き込むしかないだろう。
それゆえ、魔法使いが強敵となるが、ビッキーとかは遅いので怖くない。
すばやいテッドなんかは、間違っても相手にしたくないものだ(笑)!
海戦用の
戦闘員を
鍛えよう!
魔法使いは紋章砲の担当になるのでレベルは関係ないが、白兵戦を行う
戦闘員はレベルや装備が重要なので鍛えておくべし!船の改造に必要な
海の紋章片は入手数が少ないので、最初は装甲に使って、5個たまったら
射程を伸ばすのがオススメ。2周目なんかは、キャラの武器や装備が強い
はずなので、紋章砲の撃ち合いより白兵戦にもちこんだ方が簡単かも…。
なるべく早目に仲間にしたいキャラクター
以下のキャラは、戦力的&システム的に大変便利なので、優先的に早く仲間に迎えましょう。
●ルネ…この娘がいないと宝探しができない。メッセージボトルは気づかない事があるので、
 早く見つけて、宝探しにいこう!烈火、雷鳴、流水、大地といった上級紋章をゲットできる。
●ビッキー…シリーズ恒例のテレポート係。移動が一気に楽になるので、優先的にエスコート
 したい。この娘がいないと、交易所巡りとかが非常に面倒なのだ!
●マオ&ナオ…キノコやミントを育ててくれる。裏戦争(笑)もあるので、早目に見つけよう♪
●テッド…パーティー強化のVIP。仲間集めを優先すれば、中盤で仲間になってくれるハズ。
●シラミネ…この人がいないと引き網漁ができない。運が良ければ、レアアイテムも掛かる。
●アドリアンヌ…鍛冶屋さん。彼女がいて、ゴールデンハンマーがあれば、中盤でもいきなり
 武器の最大強化が可能となる!2周目のために、資金もためておきましょう♪
便利な装備・アイテム
防具 セット装備するとボーナスのつく、シリーズものがオススメ。英雄や海賊王、
守護セットなどは、強力だけど揃えるのが大変。2周目には持ち越せないと
いう点もマイナス要因かな。
●天狗セット…合成素材が揃えやすいのが魅力。装備できるキャラクター
 も多いので、大量に作って2周目に持ち越そう。プレイが楽になるぞ!
 ネコボルトも装備できるので、チープー達を使いたい人は、是非どうぞ♪
●ボンテージセット…女性用の強力装備。女性キャラは多いので、集めて
 損はないハズ!一部は、掘り出し物でもゲット可能。素材は、やや入手が
 難しいので、貴重な「カエルの革」を無駄遣いしないように気をつけよう。
●ビーナスセット…ボンテージセットと同じ感じで、役に立つ。やはり素材が
 貴重品なので、「黒蝶貝」は大切に取っておこう。
●ユニコーンセット…こちらは、少女専用装備。装備できるキャラは少ない
 ので、そんなに数を揃える必要はない。プラチナは大切に使おう。
●夢幻はおり…素材が入手しやすく、装備可能キャラも多いのが魅力。
アクセサリー 店で売ってるものもあるし、人魚が作ってくれるものもある。素材に余裕が
あれば、どんどん作って装備させてあげよう。
●スピードリング…すばやさを大きく上げてくれる、戦略上、非常に重要な
 アイテム。店でも買えるので、資金に余裕があれば、数を揃えよう。
 主人公などが、全体魔法で敵を先制するためには必須装備と言える!
●パールリング…真珠だけで作れるので簡単。女性用にどうぞ♪
●毛皮のマント…素材の入手が簡単で、装備できるキャラも多い。
●ガードリング…店で買える、最も入手が簡単なアクセサリー。
●雷のアミュレット…命中率が上がるので、直接攻撃専門のキャラに!
交易品 ゲームの進行には関係ないけれど、素材の入手に関わるので、こまめに
利用することをオススメします。情報屋からネタを聞いて、安い時に大量に
仕入れておくようにネ。売却は、買った時より高ければ問題なし!
●織物や鉱石…何回か売買をしないと、取引品のレベルが上がらない!
 質の悪い⇒普通の⇒上質な…とレベルが上がっていくので、見かけたら
 こまめに売買しよう。特に、上質な織物や鉱石は、天狗セットなどの高級
 防具を作る際に、必ず必要になるぞ。安い時に、買い込んでおくこと。
●真珠…パールリングを作るのに必要なので、安い時に買っておこう。
素材 主に敵が戦闘後に落とす。中には、滅多に落とさない貴重品も多いので、
お目当てのお宝をゲットするまで根気よく戦う必要がある。その場合、サポ
ートメンバーにはオスカルなどを入れて、アイテム入手確率を上げよう。
●黒蝶貝…ミドルポート周辺に出没する大陸貝が、稀に落とす貴重品。
 高級アイテムの合成に必要なので、いくつあっても足らないほどだ。
 引き網にかかることもあるが、確率は高くないだろう。
●カエルの革…無人島のまだらガエルなどが落とす、黒蝶貝と同様のレア
 アイテム。こちらも高級品の合成に必要で、極めて需要が高い。
●巨大蟹の甲羅…無人島周辺に出る、メタルクラブなどの蟹系が落とす。
 オウガセットなどの素材になるが、やはり入手の機会が少ない貴重品。
●プラチナ…ダイヤは福引でも手に入るので、むしろこっちの方が貴重!
 やはり高級防具の素材として需要が高いので、無駄遣いは厳禁だ。
 ノアとのカードゲームの賞品にもあるが、なかなか思うように勝てない。
●絹…こちらも、プラチナクラスの貴重品。高級服の合成等には必須だ。
強敵撃破について
大陸貝 前述の黒蝶貝を落とす、レアな敵。何度も戦いたいが、倒すのが大変!
HPが5000以上で、図体からは想像できないすばやさで先制されてしまう。
特に、眠り攻撃が厄介だ。しかも、直接攻撃が届かず、飛び道具か魔法で
ないとダメージが与えられないのもイヤ。合体魔法で、触手もろとも一気に
倒してしまいたい。レベルが60近くなれば、「一閃」で簡単に倒せてしまう。
古代ガニ 無人島のヌシ。巨大蟹の甲羅を落とすので、何度でも戦いたいところだが、
HPは10000以上!苦戦は必至だ。スノウがいれば、主人公との協力攻撃
で2000近いダメージを与えられるので、かなり楽になる。
こけゴリラ
(無人島の敵)
無人島に出る、HP2000クラスの強敵。前述の絹を落とすので、戦う価値は
ある。カエルの革を落とすまだらガエルと、2体セットで出てくることも多い。
同じく無人島に出没するカズラークイーンも絹を落とすが、こっちもHP3000
という難敵。パーティー・レベルが上がれば、「一閃」も効くんだけどね。
普通に戦う場合は、やはりスノウとの協力攻撃があった方がいいだろう。
光もさもさ 宝箱に潜む、恐るべき強敵。誰もが、最初に戦った時に全滅するか、逃走
したのではないだろうか?オベル遺跡には、ゴールデンハンマーが入った
宝箱に隠れており、初対決時のレベル(LV30程度)では、普通に戦っても
勝ち目はないだろう。1周目では、素直に後半(LV40程度)になってから、
戦った方がいいだろう。2周目では、強力な防具やアイテムを引き継ぐこと
で、前半に倒すのも可能になる。やりこみ派は、ぜひ挑戦をオススメする!
見返りもスゴイから…(笑)。それで、私の場合の攻略法は、以下の通り♪
●1周目の場合(レベル40程度)
 後半に入って、魔法使いも増え、LV4の魔法が使えるようになったハズ。
 すばやさに自信があれば、合体魔法を2〜3発当てれば倒せるだろう。
 (テッドを仲間にすれば、ソウルイーターも使えるので、かなり楽になる)
 光もさもさもすばやいので、先制されると厳しくなる。一撃で2000ダメージ
 の単体魔法を使うので、どんなキャラクターでも直撃すればイチコロだ!
 合体魔法の一方がやられると、魔法がキャンセルされるので苦しくなる。
 大地の紋章があれば、“守りの天蓋”をかけておくと、安全度が高まるぞ。
 全体魔法なら、1発くらいは耐えられるので、2ターン目で決着をつける。
 相手の行動しだいで難度が変わるので、失敗しても再チャレンジしよう!
●2周目の場合(レベル30程度)
 強力な防具や上級紋章を、1周目から引き継いでいることが前提となる。
 まず、スピードリングや忍セットを装備して、光もさもさよりすばやいキャラ
 を最低でも一人用意(速・160以上が必須)!オススメは主人公かな。
 LV3の魔法を1回使うのがやっとのハズなので、流水の紋章を装備。
 まずは、LV3の“静かなる湖”で先制して、敵の魔法を封じるのだ!
 光もさもさは魔法が怖いので、魔法さえ封じれば直接攻撃の応酬となり、
 お互いのダメージが読みやすい。こっちも回復魔法が使えないので回復
 は特効薬などを使おう。装備さえ良ければ、一撃は耐えられるハズだ。
 “静かなる湖”は3ターンで効果が切れるので、直前にキノコでMPを補給
 しながら繰り返しこの魔法を使い、あとはひたすら直接攻撃だ!
 なお、すばやいキャラはアイテム係として、ダメージを受けたキャラをすぐ
 回復させること。この時点では武器が弱く、直接攻撃の威力も少ないため
 長期戦になるが、誰かが倒されるイレギュラーさえなければ、ギリギリで
 何とか倒せるハズ。注意点は、光もさもさの混乱攻撃とクリティカルかな。
 運悪く誰かが混乱したりすると、同士討ちになって全滅しちゃうかも…!
ミニゲームについて
オマケ要素だが、レアアイテムのコンプリートのためには避けて通れないものもある。
頭を使ったり運がからんだりするものはともかく、鮮やかなコントローラーさばきが要求される
ようなアクション的なゲームは、私のような苦手プレイヤーにはクリア困難だ(泣)!
ねずみ捕り 特盛コースになると、もう私なんぞにはムリだ!英雄の靴は永遠の夢か?
コマ ねずみ捕り同様、運動神経がない私には難しすぎ。1〜2回なら勝てても、
10連勝とか20連勝なんて絶対ムリ!宝の地図も、夢と消えるか…(泣)。
リタポン 比較的、楽に勝たせてくれる。麻雀知らない私でも勝てるのでオススメ♪
カードゲーム ノアの戦略は確かな上、運もからむので、なかなか勝たせてくれない!
賞品はプラチナなどが欲しいところなので、何度か挑戦すると良いだろう。
引き網 こちらは、もう運まかせ。しんくのマントとか海賊王の靴とか、レアアイテム
がかかるらしいけど、私は結局ゲットできませんでした。粘るしかないか?
宝探し 実用的なアイテムがいっぱい入手できるので、ルネを仲間にしたらさっそく
挑戦しよう。わかりにくい地形の地図は、たいてい「山塊の島」である場合
が多いので、地図を表示したまま歩き回って、反応が出るのを待とう!
福引 1等の海賊王の冠を狙って、即チャレンジだ!意外と当たりやすいので、
福引券が50枚もあれば、1回くらいは1等が出てくれる…ハズ。
懺悔室 キャラの知られざる背後関係とかがわかるので、ぜひ全員聞いてみよう。
パーティーが主人公一人の状態でいかないとダメなのが面倒だけど…。
隠し要素&裏ネタについて
こちらは、「ネタバレ」OKの方や、すでに1回クリアした方用のナイショ話・コーナーです。
隠し要素や裏ネタを知りたくない人は、ここから先は見ない方がいいかも…です。
ラスボス戦 クレイがボス戦の相手となる別働隊の方にも、それなりに戦えるメンバーを
編制しないといけないが、別働隊に入れたキャラは本隊に編制できない。
テッドなどの主力メンバーは、本隊用に残しておくといいだろう。
ラスボス戦で注意すべきは、いつもは重宝するはずの“守りの天蓋”が仇と
なってしまう点。敵は非魔法属性の全体攻撃も使えるので、ヘタに“天蓋”
を使うと、無意味になるばかりか、自分達の回復魔法を無効化してしまい、
逆に大ピンチになるのだ!今回のラスボス戦に関しては、奇をてらわずに
素直に流水の紋章などで回復しながら、地道に戦う方が無難だろう。
エンディング ●ベスト・エンディング
108星コンプリート状態で迎えるED。一見すると、なんとなくバッドEDかと
思ってしまうほど説明がないが、どう解釈するかはプレイヤーしだいだろう。
最大の謎は、海で拾われたとされる、本作・主人公の出生の秘密…?
これに、オベル王妃のイメージ映像やリノの昔話を重ね合わせると、主人
公は行方不明とされる、リノの息子なのではないかという仮説が成り立つ。
それなら、リノが初対面のはずの主人公に、いきなり重大な役を任せたり、
あげくリーダーに祭り上げた理由もわかる。血縁者の絆が、知らず知らず
のうちにそうさせたのであろう。また、ブランドの放った罰の紋章が、なぜか
主人公にだけは効かなかった(王妃の守護?)ことにも説明がつくのだ。
ただ、姉に当たるはずのフレアの態度がそっけない(かばう対象にもなって
いない)など、否定要素もあるので、すべては想像の域を脱しない。
なお、ラマダも生還したので、本作では戦死者は出なかったようだ。
せっかくボイスが入ったのだから、EDでは108星に一言ずつしゃべらせる
くらいの芸が欲しい!「V」もそうだが、EDが妙に淡白になってしまった。
「U」のベスト・エンディングのような感動は、もう味わえないのか…?
●バッド・エンディング
108星をコンプリートせずに迎えるED。こっちでも、ラマダは死ななかった
みたい。結局、上との違いは主人公が目覚めることなく、死んでしまったの
では…と思わせてることかな?こっちも、はっきりしないラストだなぁ…。
「あしたのジョー」エンディングと見るべきか(笑)!
●無人島・エンディング
あくまでも無人島で暮らすことを選んだ場合、ここへ辿り着く。
ゲーム・オーバーのあと、無人島での暮らしが無限に続く、秘境ライフED。
確か「U」でも、同じようなシチュエーションがあったが、見かたによっては、
これはこれで面白く、幸せな結末なのかもしれない(笑)。
●いきなりゲーム・オーバー
ある選択で、あくまでも罰の紋章の使用を拒否すると、このED(?)になる
のだが、単なるゲーム・オーバーなので、あえて見る必要はないだろう。
●気になる人たち…
アルド…テッドを追い、不慮の事故…とあるが、ソウルイーターのせいか?
ミレイ…将軍職に就いたとある。やはり、スタッフのヒイキキャラだったか?
クレイ…エレノアともども行方不明?続編か外伝でも作る伏線だろうか?
キノコミント
戦争
キノコかミント、片方を連続で3回収穫すると発生する裏戦争(笑)。
「T」と同じ戦争システムで、旧作ファンには懐かしいオマケ要素だ。
魔法レベルが低い序盤はミントが便利だが、中盤以降は高レベル魔法の
需要の方が圧倒的に高くなるので、キノコの方がオススメと言える。
たくさん作って、2周目に持ち越すと良いだろう。
戦争に勝つとミックスハーブが入手できるので、何回も戦争を起こそう!
その他(雑記)
キャストを見たところ、思ったより多くの声優さんが出演してた。基本的に一人一役のようで、
たまに2〜3役を掛け持ちしてる人がいる程度のようだ。似たような声が多かったので、もっと
4〜5役掛け持ちしてるかと思ったが…。掛け声だけでは、良くわからないものだなぁ…。
何にせよ、音声の充実は嬉しい。人によっては、自分のイメージが壊れるから嫌う向きもある
だろうけどね。ちなみに、主人公用には2種選べるので、1周目と2周目で変えてみました♪
主人公名は、データの引き継ぎをすると変更できないので、愛着のある名前を付けましょう。

ビッキーなど、「幻想水滸伝・シリーズ」キャラのCGはコチラ!
ビッキーなど、「幻想水滸伝・シリーズ」キャラのブロック崩し・ゲームはコチラ!