これまでにクリアしたシリーズの報告です。概要や、おススメ・キャラ等を紹介します。
新作「Gジェネレーション・スピリッツ」は、専門ページで特集していますので、そちらでどうぞ♪
「Gジェネレーション・スピリッツ」専門ページはこちら!
Gジェネレーション・ゼロ
概要 PS版タイトルで、私の「Gジェネ」シリーズ・初プレイ作品です!
後発の「F」が、「ゼロ」の要素を、ほとんどリメイクしながら包括してるので、
現在では、あまりプレイする意味はないかもしれませんね。
「F」ほど時間はかからないので、お試しプレイには良いかもしれません。
お話は、「ガンダム」から「Vガンダム」までの世界観を再現してます。
使えるキャラ マーク、エリスといったニュータイプ。また、グループレベルを上げたいので、ゼノンやニキなど、指揮値の高いキャラが重宝する。魅力値の高いゲストも必須。通信・操舵・整備のエキスパートも育てたい。
使えるユニット 素材としては、ガンダムやザクなどの初期登場ユニットが優秀。実戦では、
ZZやHiν、V2といった後期主役メカが強力。また、サイコガンダムなどの敵MAも自軍で使えるようになると心強いだろう。EN消費のないシャイニング・ガンダムなどのMFが、本作では反則的に使えるゾ。
攻略方針 1周目はステージ選択もなく、シナリオ通りに進めていくことになる。
 ●ガンダムなどの主役ユニットをエースに育てて、自軍に生産登録。
 ●敵ユニットを捕獲して設計素材に使ったり、育てて上位機種を開発。
 ●志願兵(オリキャラ)を育てたり、原作キャラをレンタルして戦力を補強。
…という、シリーズの基本姿勢は、今でも変わらない。
2周目以降はステージの選択が可能になり、やり込みマニアの楽しみとして
プロフィールモード100%を目指して埋めていくのダ!
Gジェネレーション・F
概要 PS版タイトルで、シリーズの中でも圧倒的なボリュームを有しており、1番のオススメ!PS2版に較べて、戦闘アニメやロード時間などの不満は残るが、それを補って余りあるほどの内容がある。「ガンダム」から「ターンエー」序盤までのガンダム・ワールドを、メディアを問わず包括したコンテンツは圧巻!
どの作品から始めてもOKなので、年代順にやるも良し、好きな作品を選択するも良し…で、何回やっても違うプレイスタイルが楽しめて、自由度が高いのがポイント。ガンダム・ファイトなどのオマケ要素もたっぷりで、やりこみ度満点!BGMもサントラ数枚分の容量で、各作品の主要曲を堪能できるぞ♪
使えるキャラ 前作キャラに加えて新メンバーも加わり、かなりの大所帯になった。
基本的に前作の傾向を継承しており、前回と運用方針はほとんど同じ。
 ●マーク、エリスといったニュータイプは、今回もエースとして使える。新規
  メンバーのカチュアも、NTレベルが高く、ゲストにもオススメ!
 ●ゼノンやニキも、指揮値の高い艦長候補として相変わらず優秀。新しい
  メンバーでは、オグマやユリウスも同じ傾向のキャラに育てたい。
 ●通信は、パイロットとしては使いづらいラ・ミラやフェイ、パティあたり。
 ●操舵も、パイロット適性の低いハルト、ハワード、ウッヒがオススメ!
 ●整備は、やはり他では役立たずのライル、ダイス、バイスあたりを…。
 ●レイチェル、シスなどの美少女系(?)は、強化するとNTレベルが高いと
  いう傾向があり、一気に化ける。育ったら、即、強化だ(笑)!
さかみはらのグループ(×2チーム)編制例
 ●艦長…ニキ●リーダー…マーク、オグマ
 ●通信…ラ・ミラ、操舵…ウッヒ、整備…ダイス、ゲスト…エターナ
 ●パイロットA…クレア、カチュア、シス、レイチェル、エリス
 ●パイロットB…ユリウス、ラナロウ、サエン、シェルド、エルフリーデ

ブリッジ要員は能力優先、パイロットはカットインが見れるメンバーで構成。
Aはニュータイプ&強化済・美少女戦隊(笑)、Bはイケメン戦隊(?)…カナ。
他にもヤザンモドキやラカンモドキなど(笑)大勢いるので、お好みでどうぞ。
使えるユニット 前作と同じ傾向で、主役メカや敵MAが強い。種類が激増したのも特徴だ!
MF系は前作と違い、EN消費アリになってしまったのが残念。
 ●ZZやHiν、V2、クロスボーンなど、後期作品の主役メカは、どれも強力。
 ●WゼロカスタムやΞガンダムなどの新規ユニットは、飛行もできて便利。
 ●水中戦もあるので、F90やレオパルドのような換装用MSが役に立つ。
  ライジングガンダムやノーベルガンダムも、水中で活躍できてイイ感じ!
 ●戦艦は万能型がオススメ。ラーカイラム級やザムス・ガルあたりが、搭載
  数も多いので使いやすい。宇宙用では、グランシャリオが搭載数が多くて
  優秀。水中用は、マッドアングラーさえあれば問題なし。
なお、量産型など、開発すると逆に弱くなるケースも多いので、プロフィール埋めを狙う場合以外は、注意が必要となります。
フェニックス・ガンダムは、最高の設計素材だ!(クリア後にコードをゲット)
攻略方針 ユニット数が多いわりに、保有枠が限られているので、取捨選択が肝要!
いらなくなって解体したユニットが、実は大物の設計に必要だったりするので注意しよう(ボールとか…)。育てる時は、援護を使うのがコツ。2機まとめて経験値が入るぞ。特にリーダーが戦艦援護を使うと、戦艦クルーもまとめてレベルUPできます!攻撃の際は、弱いパイロットで攻撃を仕掛け、本命のエースに援護をさせると、敵を倒しやすい。EWAC機能付ユニットがいると、命中も上がって便利。MDやGビット系は、自軍で使うとオバカな行動ばかりするので役に立たない。各シリーズ別の特徴は、以下の通り…♪
機動戦士
ガンダム
ストーリー順にやりたい人は、ここから始めるのが王道。ザクや水中用MS、MAなど、基本的な機体が多く捕獲できて、設計にも有利なのだ。ただ後半は、敵の数が激増するので、自軍もある程度育ってないと厳しいのも事実。
第08MS小隊 シナリオは短い方なので、最初にやっても問題なし。敵も味方も弱く、難度は低い方なので、ゲームのシステムに慣れるのには、ちょうどイイかも…。
アプサラスVは使えるユニットなので、自軍戦力に加えたい機体の一つだ。
戦慄のブルー 独立した開発系統なので、エース登録を狙う!「ガンダム」と同じような敵が捕獲できるので、まずはシナリオの短いこっちからやるのもアリだろう。
MAのような強敵は出てこないので、自軍が弱くても何とかなるレベルだ。
コロニーの
落ちた地で…
味方がガンダムじゃなくジムに乗ってるので、ほとんど頼りにならない(笑)。
急いでやっても特に良い事はないので、自軍だけでクリアできる戦力を保有してから、ゆっくりプレイすればいいだろう。敵は弱いので、ザク系やジム系など、弱いユニットを育てたい時にプレイするのがオススメ!
ポケットの中の
戦争
原作を反映してか、味方がほとんど活躍しない。…なので、自軍だけで対応できる戦力を持ってからプレイしよう。エース登録も捕獲も、特に魅力なし!
アレックスはガンダムから開発できるので、急いでやる必要はないだろう。
スターダスト
メモリー
ガンダム強奪や、コロニー落としなど、ゲーム向き要素が多い秀作。GPシリーズは独立系統なので、エース登録を忘れずに。敵も味方もMA系が強い。
混戦になるので、ある程度、自軍が育ってからの方がプレイはラクでしょう!
機動戦士
Zガンダム
カミーユ、クワトロ、アムロ…と、味方はオールスターで強いが、敵もシロッコやハマーンなど、シリーズ最強クラスがウヨウヨ。サイコガンダムなどのボスユニットも出るので、自軍戦力が整ってからプレイした方が良いでしょうね。
ゲームオーバー覚悟で高難度プレイを望む方は、最初にやってみては…?
GUNDAM
SENTINEL
味方が大所帯なのは楽だが、作戦目的が難しいマップが多いので、自軍が人手不足の内はプレイしない方がいいかも?エース登録や捕獲は魅力的。
Ex-Sガンダムやゾディ・アックは強力なので、是非自軍で保有しよう!
機動戦士
ガンダムZZ
Zと同じく、敵が強い。パイロットは強化人間揃いだし、ファンネルの嵐で襲ってくるので、難度の高さはシリーズ屈指!やはり、後回しにした方が得策。
サイコミュ系ユニットが多く、捕獲・開発すれば、どれも即戦力になるだろう。
逆襲のシャア シナリオは短いし、ラーカイラムやνガンダムがゲットできるので、早目にプレイしたいところだけど、敵もニュータイプが多くて強力なので、油断できない。自軍が育ってない場合、アムロだけが頼りだ(笑)!
閃光の
ハサウェイ
難度は低いので、Ξガンダムのエース登録のために、早目にプレイしたい!
小説版のせいか、イベントやストーリーが充実していて、見ていて楽しめる。
ハサの最後は、ガンダム主人公とは思えないくらい悲惨だが…。
機動戦士
ガンダムF90
エース登録が難しく、捕獲チャンスも少ない…と、収穫の少ないシリーズだ。
イヤなトラップとかも多いので、後回しにした方が良いでしょう!
F90は換装システムがあり、特に水中戦用などは非常に重宝するだろう。
シルエット
フォーミュラ91
実は、最初にやるのに一番のオススメ!私も、コレを最初にプレイしました。
優秀な主役級ユニットが複数エース登録でき、捕獲ユニットも魅力的。無料
支給される戦艦もクラップで使えるし、エイジャックスも生産可能と、良いコト
づくめ。シナリオも短めだし、大した強敵もいないので自軍が弱くても平気♪
機動戦士
ガンダムF91
味方が少なく、強い敵がウヨウヨ…。しかも、ラフレシアは本作最凶の敵なので、まともにやっても勝ち目なし。ある程度、味方が育ってからプレイしよう。
ザムス・ガルは、自軍母艦として生産したい戦艦の一つ!
クロスボーン
ガンダム
敵は強めだけど、味方も強くバランス的に面白いので、中級プレイヤーは、最初に挑戦してみてはいかが?クロスボーン系は、どれも強いので、エース登録を有効に使おう。捕獲できる機種も多く、マザーバンガードも生産可能になるぞ。オリジナルBGMも、カッコ良くてイカス〜♪
機動戦士
Vガンダム
ザンスカール軍のMSは高性能で、ザコといえどもシリーズ屈指の手強さ!
捕獲ユニットが魅力的なので、戦力に自信があれば、早目にプレイしたい。
V2は、アサルトバスターになると、マップ兵器だらけで使いづらくなるので要注意!アドラステアやジャンヌダルク、リーンホースJr.など、戦艦も魅力的。
機動武闘伝
Gガンダム
捕獲できるMSが少ないのが問題点。シャッフル同盟も、設計や開発が面倒なので、エース登録を狙いたい。イベントが多いので、クリア自体はそんなに難しくはないハズ…。MFの必殺技系は、MPが低いと、まるで役に立たない
ので、ゴッドガンダムより、ヘブンズソードとかの方が使いやすい気がする。
新機動戦記
ガンダムW
味方のガンダム5機が強いのでオススメだが、後半は射撃無効のビルゴが
出てくるので厄介。自軍が弱くても、ヒイロ達が何とかしてくれると思うが…。
エース登録や捕獲の点でも魅力的なので、頑張って早期クリアしよう!
デュアル
ストーリー
G-ユニット
こちらも、敵にビルゴがゾロゾロ出てくる。また、捕獲が全くできないというのも問題なので、後回しでもOKかな?ただし、早目にやっておくと、搭載数の多い宇宙用戦艦・グランシャリオが生産可能になり、編制がラクになる。
エンドレス
ワルツ
最初にプレイするのにオススメの一つ。ヒイロ達が強いので、自軍が弱くても全く問題なくクリアできる。WゼロカスタムやトールギスVなど、いきなり強力なMSをエース登録できるのも魅力。ステージも、たった2つしかないしネ♪
機動新世紀
ガンダムX
特にクセのある敵はいないので、序盤にやってもそんなに苦労しないハズ。
エース登録や捕獲は魅力的なので、敵のマップ兵器にだけ気をつけよう!
Gファルコンとの各種合体形態が、最終的に一番強い気がします。
ターンエー
ガンダム
全クリアしたあとに出現するサービスステージ!オマケ程度の内容なので、
ターンエーのエース登録と、珍しい敵ユニットの捕獲に勤しむべし♪
Gジェネレーション・NEO
概要 PS2になって、戦闘グラフィックが3D化して格段に進化、美しくなった。
ただ、そちらに容量くいすぎたのか、シナリオのボリュームやキャラ&ユニット数などが激減!やりこみ度は低下している。本作は「スパロボ」的発想で、各シリーズの話やキャラの、一大コラボレーションを楽しむことができる。
戦闘ボイスも増えたが、聞く機会が少なく、ザコ敵は全く無言なのが寂しい。
使えるキャラ 今回は、アムロなどの原作キャラ達がシナリオが進むにつれて仲間になっていく。旧作同様、オリキャラもいるが、能力的に主力となるのはアムロ達だ!
アムロ、クワトロ、カミーユといったシリーズ主役級が、エース候補だろう。
他にもフォウやプルなど、ニュータイプ&強化人間は頼りになるぞ♪
リミットブロック制になったので、覚醒値が高くブロックの多いキャラが強い。
使えるユニット 機動性の高いV2アサルトバスターは、2回行動チームを作るのに不可欠!
HiνやZZなど、旧作で強かった主役級ユニットは、今回も相変わらず強い。
マスターガンダムやノイエジールなど、敵のボス級ユニットも強力だぞ!
攻略方針 シナリオは、ほぼ一本道で本作独自のストーリーに沿って進めていく。設計のシステムが、少々ややこしくなったのが気になるかな。ボス敵は、いきなりスペシャルアタックを使ってくるので、注意が必要だ。機動性を重視した2回行動可能チームを編制するのが、終盤の強敵対策のキモとなる!今回は、敵側も援護攻撃を使ってくるので、集中攻撃をくらうとエースでも危ないぞ。
行動不能にされる電撃攻撃なども、当たったらヤバイので、注意すること。
ガンダムファイトで勝ち進み、強力なエンブレムを入手するのを忘れずに!
Gジェネレーション・SEED
概要 NEOのシステムやグラフォックを踏襲し、新作「SEED」にスポットを当てた!
タイトル通り、「SEED」に関してはフルボイスでシナリオ、キャラ、ユニットが多く出ており、原作の雰囲気を楽しめる。他作品もジェネレーション・モードでプレイできるが、10ステージしかなく、「F」の一部分を再現しただけという感じ。面白かったのは、「スターダスト・メモリー」のステージ。いつもは、コウ達と一緒にガトーのコロニー落としを阻止するのだが、今回はガトーと共にコウ達を倒し、見事地球にコロニーを落とすのが使命だ!ジーク・ジオン(笑)♪
使えるキャラ 最初は、NEOで登場したオリキャラだけしかいない。「SEED」や、各作品のステージをクリアすれば、レンタルできるキャラが増えていく。やはり、アムロ達の方がオリキャラより強いので、早目にレンタルしよう。今回、特にオススメなのがウッソとキンケドゥ!レベルが上がると指揮値が上がり、すさまじい強さになる。ハマーンやシロッコ、東方不敗などのボス敵も、レンタルすると頼もしい味方になる。また、ガロードや京田四郎などは行動値が高いので、2回行動チームを作るのに貢献してくれるぞ。レンタルには制約がないので3人のアムロや3人のシャアなど、恐ろしいチームも作ることができる(笑)!
使えるユニット NEOと同じ傾向だが、新参入の「SEED」系も使いやすい。フリーダムとか、ミーティアなんかが、射程も長くてイイ感じ♪ 対ビルゴ用に、リグ・コンティオやガンダム・アクエリアスがいれば、意外と役に立ってくれるハズ。
接近戦しかできないユニットは、援護では全く役立たずなのが残念!
攻略方針 敵のスペシャル・アタックを、いかに凌ぐかが最大の課題!反撃を受けないマップ兵器を上手く使おう。特にガンダム・ファイトに出てくるドモンや東方不敗は、シャレにならない強さなので、ハロやV2のマップ兵器を活用したい。
あとは、武器とキャラの、リミットブロックの相性を合わせるのがコツ!
なお本作では、ソフトリセットでやり直ししても、命中&回避の結果が変わらないらしい。武器を変えたり、別の敵を狙ったりして、行動を変えると結果も変わる。最後の手段として、アニメをOFFにしてみるのも有効のようだ。
MOBILE・SUIT GUNDAM
原作をストーリーに沿って楽しめる、古典的シューティング・ゲーム!PS版・初期のタイトルで
Ver.2とかもやりましたが、基本的にシューティングは苦手な私でも、何とかクリアできました。
サーベルの斬り合いは全くやらず、ひたすらライフル撃ちまくり!目標をセンターにロックして発射ボタン…と、まるでおサルなシンジ状態(笑)でした。格闘は運動神経がないとダメだけど射撃は何とかなる?…という、のび太理論(笑)を裏付ける結果となりました。
2008年4月26日(土)
最新のガンダム・ゲーム情報&プレイ状況

現在は、PS2「Gジェネレ−ション・スピリッツ」の全クリアが最新状況です。
報告が遅れましたが、かなりやり応えがあって、時間がかかっちゃったんですよね。
その代わり、隠し要素も含めて、ほとんどのコンテンツを遊び尽くしたつもりです。
詳細は、専門ページを新設して攻略記事の特集をしてありますので、そちらをご覧ください♪
      ⇒「Gジェネレーション・スピリッツ」の専門ページはこちら!

私の所有ハードはPS1とPS2なので、「Gジェネ」シリーズは「ゼロ」から始めて、「F」「ネオ」
「SEED」…とプレイしていますが、各タイトルの概要は以下にまとめた通りです。
最新作の「スピリッツ」は「F」を踏襲したリメイク的な作品で、前半の宇宙世紀作品で構成。
もちろん、「MSIGLOO」などの新しいガンダム作品も加わっています。
戦闘グラフィックは、ポリゴン的だった「ネオ」や「SEED」と違い、「F」と同じような感じかな?
ディスク1枚に詰め込んだ分、ストーリー的にはちょっと短くなっていて、名場面集的な印象を
受けますが、システム的ストレスは減っていて、かなりプレイしやすくなっていると思います。
なにより、フルボイスというのが素晴らしいので、「F」が好きだった人にはオススメですヨ♪

ロボ系・ゲームの中でも、「ガンダム」シリーズは
種類が豊富で、「スパロボ」フリークの私にとって
お気に入りタイトルの宝庫と言えるジャンルです。
そこで、新しく独立コーナー化し、プレイ状況や、
攻略記事、最新情報等をアップしていきます♪
なお、本コーナーでは「Gジェネ」シリーズなど、
ガンダム・オンリー作品をメインに特集しており、
同系の「スパロボ」については、ここでは割愛を
してますので、専門ページの方をご覧ください!

スーパーロボット大戦・コーナー
トップへもどる