トップへもどる

こちらは、「聖闘士星矢」の新作・アニメとして発表された
「冥王ハーデス・冥界編〜前章〜」の続編(後半)である
「冥王ハーデス・冥界編〜後章〜」に関する話題を集めた
新設・専門コーナーです。
今後、「冥界編〜後章〜」に関する最新ニュースやコラム、
TV放映情報、各話の見どころなどを、ダイジェストにして
ご紹介していきます。
いずれも、さかみはらの個人的な見解や情報解析により
更新していきますので、特にネタバレや情報の新鮮度に
ご注意の上、お楽しみくださいマセ♪
 
続編「冥王ハーデス・エリシオン編」専門ページはこちら!

アニメ・放映情報
放映期間/ 2006年12月15日〜2007年3月1日
サブタイトル 概要&あらすじ
第1話 神罰!
グレイテスト・
エクリップス
倒れたと思われたアイアコスは再び一輝に襲いかかるも、立ち上がる
たびに強さを増すというフェニックスの不死身ぶりを発揮した一輝は、
幻魔拳と鳳翼天翔でアイアコスを撃破!残る三巨頭とも臨戦態勢に
入るが、一輝との対面を所望したハーデスの命令を受けたパンドラに
よって、コキュートスのハーデスの玉座までテレポートさせられる。
ハーデスと化した瞬と再会し狼狽する一輝に、パンドラは昔の記憶を
甦らせることで、幼い頃の三人の出会いの一幕を思い出させた。
赤子の瞬をハーデスの器として迎えに来たパンドラ…それに抵抗して
気絶しながらも瞬を手放さなかった一輝。そしてパンドラは、ハーデス
と瞬を繋ぎ止める鎖となるペンダントを残して、その場を退いたのだ。
その運命の通りに瞬はハーデスになったと慶ぶパンドラだが、一輝が
それを認めるハズがない。瞬を取り戻そうとペンダントを撃ち砕いて、
ハーデスとなった瞬に詰め寄る。しかし、一輝の実力行使すらも跳ね
除けたハーデスは、地上を永遠の日食で閉ざし、太陽の光を失くした
死の世界へと変える「グレイテスト・エクリップス」が進行中だと語る。
そして、ハーデスが一輝に向けトドメの一撃を放とうとしたその瞬間、
瞬の魂が浮かび上がり、ハーデスの動きを封じ込めるのだった!
ほぼ原作通りの展開だけど、一輝のパンドラに対する暴行シーンとか
が、ちょっとだけソフトな描写になっているかも(笑)…?
第2話 一輝!
慟哭の拳
瞬の魂が甦り、ハーデスの動きを止めた。やはり瞬は、自らを犠牲に
してもハーデスを討つべく、あえてハーデスを受け入れていたのだ!
今こそハーデスを倒す千載一遇の機会!自分の体ごと、ハーデスの
魂を撃つように懇願する瞬に対し、涙ながらに必殺の拳を放つ一輝。
だが、一輝の拳は瞬の体の寸前で止められていた。ハーデスを倒し、
地上を救うための僅かな望みは、兄弟の情の前に消え果てたのか?
ついに完全覚醒を果たしたハーデスの一撃の前に力尽きた一輝は、
星矢やムウたち同様、氷地獄に落とされてしまうのだった。
ただ一人意識を保っていた星矢は、バレンタインとの勝負にアテナの
聖衣を賭けることで氷地獄を脱するが、凍える体で満足に戦えない。
一方、完全覚醒したハーデスの前にはシャカとアテナが姿を見せる!
緑色の瞬の髪はハーデス憑依によって赤黒くなり、さらに完全覚醒で
漆黒になるという、3段階のカラー演出がなされましたね。
ところで、氷地獄の聖闘士の亡者たちが何千億もいるとは、いったい
過去において聖戦は何回行われたというのだ(笑)〜?
第3話 女神!
その命を
かけて
バレンタインの必殺技を幾度となく受けながらも、星矢の闘志は未だ
衰えない。アテナの聖衣を沙織に届けたい一心から燃え上がる星矢
の小宇宙は、やがて究極にまで高まりバレンタインを討ち倒した。
一方、ハーデスと刺し違える覚悟をしていたシャカを止めたアテナは、
ハーデスに跪いて「グレイテスト・エクリップス」の中止を嘆願する。
アテナもまた、地上を救うために我が身を差し出す覚悟だったのだ。
そしてハーデスは、アテナとシャカを穿つべく槍をかざすが、その刃を
アテナは素手で受け止める。「グレイテスト・エクリップス」の断念を見
届けるまで、自らの命を渡すことはできないと叫ぶアテナ!その時、
彼女の手から流れ滴る女神の血に触れたハーデスが、突如として悶
絶を始めた。アテナの血によって、消えたと思われた瞬の魂が甦り、
ハーデスを拒絶したのだ。苦悶に耐えかねて瞬の肉体から抜け出た
ハーデスの魂はアテナに襲いかかるが、手にした槍でコレを迎え撃つ
アテナ!閃光に包まれて消えた神々の決着は、果たして…?
主役の星矢を目立たせる貴重なシーンなので、VSバレンタイン戦は
原作よりも長くなってます。マスクが割れて、素顔もめでたく初公開♪
その後のパンドラも、実況放送役(?)として出番が増えてますね。
第4話 絶望!
嘆きの壁
氷地獄を脱した星矢は、正気を取り戻した瞬と合流。ハーデスの玉座
の奥にそびえる巨大な壁を発見する。先行していたシャカの話では、
アテナもハーデスも、この「嘆きの壁」を通って、エリシオンと思われる
地へ向かったらしい。何とか壁を突破しようと試みる星矢だが、シャカ
ですら傷一つつけられなかったこの壁になす術もなく、人間の力では
どうにもならないと思い知らされるだけだった。「嘆きの壁」は、神のみ
が通り抜けられる、人間にとってはまさしく絶望の壁であったのだ。
シャカは「嘆きの壁」を破壊するには“太陽の光”が必要だということを
思い出し、自らの小宇宙を爆発させて“太陽の光”を創り出そうと一計
する。だが、シャカの命が砕けようとした瞬間、それを童虎が止めた。
そして、そこにアテナの小宇宙によって救われたムウたち黄金聖闘士
も氷地獄から生還し、星矢やシャカ達に加勢すべく到着した。
童虎の話では、太陽の軌跡である黄道に位置する黄金・十二星座の
聖衣の力を合わせれば、“太陽の光”をも創り出せるという。
今、嘆きの壁を砕くべく、黄金聖闘士達がライブラの武器を手にする。
復活した黄金聖闘士三人のバトルは、ミロがスカーレット・ニードルで
冥闘士を倒すなど、原作よりも丁寧に描かれていましたね。
一般人代表で、美穂ちゃんとかが日食の説明をしてるのもGOOD♪
そして、星華姉さん&魔鈴さんも、チョコっと顔見せサービスだ!
第5話 集結!
黄金聖闘士
嘆きの壁を打ち砕くべく、ライブラの武器を手にした童虎・シャカ・ミロ・
ムウ・アイオリアの五人は嘆きの壁に同時攻撃を仕掛けるが、それで
すらも壁には全くダメージを与えることができなかった。
再び絶望に苛まれる聖闘士たち…。そして、今度は星矢がライブラの
武器で壁に挑もうとするが、それを制して射手座の黄金聖衣が出現。
さらに、カミュたち死んだはずの黄金聖衣までもが続々と加勢に参じ、
冥界に全ての黄金聖衣が勢揃いする。全てを悟ったカノンは、兄サガ
に双子座の黄金聖衣を返すべく聖衣を脱ぎ捨て、宿敵ラダマンティス
と最後の決着に臨んだ。そして、聖衣のない状態で苦戦を強いられる
中、ラダマンティスもろとも、必殺のギャラクシアン・エクスプロージョン
の爆発に身を投じ、光芒の中に消えていくのであった…。
やがて、12の黄金聖衣が結集した嘆きの壁に、紫龍と氷河も合流。
彼らの目前で共鳴し、光輝く黄金聖衣が、今こそ奇跡を起こす!
聖衣を脱いだカノンがラダマンティスに苦戦する場面が増えてました。
やはり、聖衣を脱ぐと強くなる某ドラゴンさんは例外なのでしょう(笑)。
黄金聖闘士との会話や見せ場を増やすために、原作よりも一足早く
紫龍&氷河が星矢達と合流しているのも、アニメらしい演出ですね♪
第6話 さらば!
黄金の
聖闘士
射手座を始めとする主を失った7つの黄金聖衣が閃光を放ったその
瞬間、なんと星矢たちの目前に死んだはずの黄金聖闘士が復活!
「ア…アイオロス兄さん!」
「アイオリア…今まで、よくアテナのために戦ってくれた!
 さすがは我が弟…誇りに思うぞ!」

アイオロスが…カミュ・シュラ・アルデバランが…そしてアフロディーテ
にデスマスク・サガを加え、全ての黄金聖闘士がここに勢揃いした!
懐かしく語り合う兄弟…朋友…師弟…かつて拳を交えた戦友もいる。
コレですよ、コレ!原作に欠けてた部分を見事に補足してくれました。
童虎の話では、12人の黄金聖闘士はアイオロスの矢に全小宇宙を
結集し、必ずや嘆きの壁を撃破してみせるという。だが、その代償に
彼ら12人の体も衝撃波に巻き込まれ、消滅してしまうらしいのだ。
そして、壁の先にあるエリシオンへ行けるのは、アテナの血の加護を
受けている星矢たちのみ。後のことは、若き青銅たちに託された。
お互いの覚悟を交し合い、最後の別れを告げる星座の兄弟たち…。
そして、壁から離れた星矢たちの前には、最後の三巨頭・ミーノスが
立ちはだかる。ここで、ミーノスが青銅4人を翻弄し、その強さを見せ
付けるシーンが追加されています。もっとも、すぐに嘆きの壁・撃破の
衝撃波をくらい、原作通り吹っ飛んで退場してしまいますが(笑)…。
奇跡は起こった…。壁は破壊され、エリシオンへの血路は開かれた。
12人の聖闘士たちも、その黄金聖衣だけを残して散っていった。
単身、エリシオンへと向かったアテナに「アテナの聖衣」を届けるべく、
星矢たち4人は、今まさに嘆きの壁の中へ飛び込もうと駆け抜ける。
一輝もまた、氷地獄を抜け出し、星矢たちの後を追おうとしていたが、
その背を見つめるパンドラの胸中を、過ぎ去りし日々が去来する!
…というトコロで、今回のシリーズは終了。ミーノスVS氷河、紫龍VS
シルフィード達3人、パンドラの過去を明かされる一輝…といった部分
は、次回のシリーズ(エリシオン編?)までオアズケって感じですね。
吸血甕に閉じ込められてピンチのアテナも、ちょっとだけ出てました。
この回はアニメのオリジナル満載で、まさに「後章」最大の見せ場♪
ただ、黄金の追加セリフなどのオリジナル要素が、特定のキャラ達に
偏りすぎてるのが残念。デスマスクとか、アレでは呼ばれた声優さん
が気の毒というものですヨ。サガなんかも、妙に無視されてるし〜!
せめて、アルデバランやアフロディーテと同じ風な感じで、全員均等に
再会シーンや名セリフ回想を与えてあげて欲しかったです。
カミュと氷河なんて、いくらなんでも再会しすぎでしょう(笑)!

冥王ハーデス・冥界編〜後章〜
2007年6月28日(木)
ついに「エリシオン編(仮)」が、企画スタート?!

車田公式サイトによると、さっそく「エリシオン編(仮)」の企画が動き始めたようですね〜♪
やはり、氷河VSミーノス、紫龍VSシルフィード達・三人組あたりから始まるみたいです。
例の今秋予定の新企画って、コレのことなのかなぁ…?
とにかく詳細が決まったら、また専用ページを作って特集するので、どうぞご期待ください!

2007年6月22日(金)
ようやく、DVDを鑑賞できました!
またまた遅くなりましたが、例によって「後章」もレンタルDVDでまとめて鑑賞できましたので、
アラスジや所感などをレポートにしてお届けします。
作画はキレイだとは思いますが、バトルシーンとかが原作以上に一本調子になって、マンネリ
化してしまっているのは困りモノ。この辺は、アクション作品の演出上の限界なのかな?
星矢たちの変な走り方のおかげで、シリアスなシーンが台無しになっている感もありました。
アニメ版のオリジナル要素は、特に終盤の黄金集結シーンに多く見られます。
アイオリア&アイオロスの会話などは、当時から渇望していたものだけに大感激でしたね♪
年齢的にアイオリアの方が全然年上なのに…とか、ヤボなことは言いっこナシ(笑)〜!
黄金の声優さんが全員いるのに、セリフや出番に妙な偏りがあるのは、スタッフの趣味かな。
音楽的に気になったのは、新曲がないかわりに「天界編」からもBGMが流用されてたコト。
続編のはずの「天界編」から逆流用されるのは妙な気分ですが、選曲的には悪くないかも。
ところで、悪霊バージョンのハーデスの声って、やたらとゴツイですねェ…。
本体も同じだと、さすがに違和感あるんじゃ…。なにしろ、口紅さしちゃう人ですから(笑)!
瞬や一輝の声もだいぶ慣れてきたけど、アテナや紫龍は未だに違和感が残ります。
やっぱり、昔ながらのファンにとっては、初代キャストと声質が違いすぎるのがネック!
シャイナなんかは、けっこう似ている人を使ってくれているのでイイんですケドね…。
昔に出てた「ハーデス編」イメージCD・ドラマのオリジナル声優さんの演技と比べると、やはり
物足りなさは否めません。クライマックスの「…さらば…黄金の聖闘士たちよ!」とかね。
あと、スーパージャンプに“今秋、車田作品の新メディア展開が?”とかいう記事がありました
ケド、順番からして「リンかけ」か「星矢」のDVD続編か…それとも、全く予想外のタイトルか?
2006年12月19日(火)
さて、次のお楽しみは「エリシオン編」…かな?
ついに「冥界編〜後章〜」の放映がスタートしたようですが、レンタルDVDに頼っている金欠
な私が鑑賞できるのは、まだまだ先になりそうです(泣)。とりあえずavexの情報誌「Pam!」
に、サブタイトル等の情報が出てましたので、そちらをUPしておきますね。
キャストに、アルデバラン&アイオロス(旧作と同じ声優さん)を含む黄金全員が出てたけど、
原作にはなかったオリジナルのセリフをしゃべってくれるんでしょうか?
せっかく黄金12人が揃う貴重なシーンなのだから、一言ずつメッセージが欲しいトコロ…♪
原作では、星矢たちとの会話等もなく、あっという間に壁と玉砕しちゃいましたからね(泣)。
特にアイオロスは、弟・アイオリアもいるんだし、色々と話してくれてもいいんじゃないかな。
ところで、次は「エリシオン編」…もしくは「完結編」とか「最終章」になるんでしょうか?
アニメ版では、「ポセイドン編」ラストでジュリアンがソレントと共に旅に出たりするエピソードが
なかったので、ポセイドンの加勢シーンとかも、どういう見せ方になるのか興味ありますね。
そして、その後は…いよいよ「天界編」へと続いてくれることを期待しています!
まさか、ラストでハーデスが星矢を見た瞬間、「この男は…まさか…あのテンマ?」とか言って
回想シーンに入り、連載中の「冥王神話」にジョイントする…なんてコトはないよね(笑)?
2006年10月28日(土)
いよいよ、12月より放映開始!全6話で、キーワードは“さらば、黄金聖闘士”だ(笑)!
12月、来春1月、2月に、それぞれ2話ずつ、全6話の「後章」がスカパーで放映されます。
DVDも、「前章」と同じように、来春あたり全3巻で発売されるのでしょうね。
個人的には、なぜかOPで姿の見えないバレンタイン君の扱いが気になるトコロ(笑)…。
やはり、嘆きの壁での黄金聖闘士12人の集結&訣別がウリになるようで、話数から見ても、
原作の終章にあたる「エリシオン編」は、別シリーズになるものと思われます。
OPや「前章」ラストの聖華登場なんかを見ると、「エリシオン編」も既に準備中なのかな〜♪
今日ようやく、この「前章」全6話をレンタルDVDで一括鑑賞することができたので、「前章」の
専門ページに、アラスジや私の所感をまとめた鑑賞レポートをUPしております。
「後章」を見るにあたって、参考にしていただけたら幸いです♪
2006年8月12日(土)
ステキな声を、ありがとうございました。

既にご存知の方も多いと思いますが、声優の鈴置洋孝さんがお亡くなりになったそうです。
本来、「冥界編」のページで触れるべきではないのでしょうが、多くのファンにとっては、今でも
私同様、紫龍=鈴置さんだと思うので、この場を借りてご冥福をお祈りしたいと思います。
「星矢」に限らず、「ガンダム」のブライトや「ダイターン」の万丈など、昔のアニメファンにとって
忘れられない名優の一人であり、今後の「スパロボ」の声がどうなるのかも、とても心配です。
例のキャスト変更の一件を別にしても、もはや「天界編」などで鈴置さんの紫龍を見る機会が
無くなったのかと思うと、本当に残念でなりません。
私は、TVゲームなんかでも、ボイス(特にオリジナル・キャストとか…)付きが大好きなので、
声優の皆さんのご健勝を願わずにはいられません。
子供の頃に見てたアニメの声優さんは、そのぶん高齢になっているわけですが、今も現役で
頑張っている方も多いので、これからも体に気をつけて、活躍していただきたいものです。

2006年7月17日(月)
意外と早いペースで、「冥界編〜後章〜」も放映決定〜ッ♪

完全版に続いて、スーパー・ジャンプでも、今冬の放映予定が正式に告知されましたね。
「リンかけ」のアニメと交互にやってるようだけど、意外と早く来たのは嬉しいところです♪
例の声優変更などで、ファン側の反応が2分していただけに、今後の動向が心配でしたケド、
続編があっさり決まったってことは、制作側の満足の行く数字が出たんでしょうかね?
もっとも私自身、実はまだ「前章」すら鑑賞していないので、早くレンタル屋に行かねば〜!
全6話分まとめて見たら、「前章」の専門ページの方に詳細をUPする予定です。
こっちは「後章」専用のページになりますので、そっちと併せてチェックしておいてくださいね。
もうすぐ、週刊少年チャンピオンで、待望の新作漫画「冥王神話」もスタートするし、しばらくは
「星矢」関連のページの更新が忙しくなりそうです。
車田先生の公式サイトにも、「冥王神話」の新作原稿が、続々とUPしてきているぞ!
それにしても、スーパー・ジャンプのハシラのキャッチ・コピーには笑っちゃいましたヨ。
“車田正美先生の作品が読めるのは、スーパー・ジャンプだけだといいぜ!
最後の5文字は、明らかにチャンピオンの「冥王神話」を意識したものだと思われますね。
もともと、「冥王神話」そのものに、“ジャンプで打ち切りされなきゃ、こういうエピソードも描きた
かったんだゼ!”的な、原作者のメッセージがこめられているような気がしてなりません。
車田先生、秋田と集英社の間で、変なコトにならなきゃいいけど(笑)…。