ストーリー雑感
コミックス
収録巻
概要 あらすじ&コメント
第24巻

第25巻
ギリシア
12神編
凱旋した麟童を待っていた、石松の死という悲報…。そして、麟童
のコーチを引き継いだ志那虎もまた、自らの死期を悟って、影腹を
切る。一方、水面下では、麟童をアシストするドイツやフランスと、
ギリシア12神との熾烈な戦いが始まっていた。
果たしてゼウスの正体は!そして、竜童の謎と決着は!あと、8回
(コミックス1巻分?)で完結するみたいだが、大丈夫なのか〜?
第15巻

第24巻
ギリシア
大会編
スコルピオンとの決着もつけないまま、ギリシア大会に招かれる。
各国の強豪が集う中、石松の死、カイザーナックルや阿修羅一族
の復活など、見どころ満載のスゴイことになってきている。
個人戦のトーナメントで、麟童&伊織が参戦。嵐は不参加。
シャフト二世などのアメリカメンバーも、新たに顔見せした。
また、謎の新キャラ・竜童も登場し、風雲急の展開となる。
結局、宿敵テーセウスや強敵アポロンを破った麟童が優勝するの
だが、ギリシャ勢の内乱を発端として、ついに12神が動き出す。
第10巻

第14巻
ヨーロッパ
巡り編
スコルピオンへの挑戦権をめぐり、イタリア、フランス…と、かつて
先代が世界大会で戦ったヨーロッパ勢ライバルの二代目キャラと
戦うことになる。イタリアは麒童一人、フランスでは麟童&伊織の
コンビが中心。ドンやナポレオンなど、先代キャラも登場した。
大会とかじゃなく、ストリート・ファイトっぽい乱闘ばかりなのが特徴
かな?それゆえ、各キャラのボクサーとしての実力も測りにくい。
各国の親子ゲンカや兄弟ゲンカなどの内紛騒動を、ズバっと解決
していく、旅のヒーロー・快傑リンドウの活躍が見ものだ(笑)!
第5巻

第9巻
ドイツJr’
大会編
先代達から、ボクサーになるための許可をもらう過程で、麟童らは
ラスボス的な二代目・スコルピオンを目標に据えた、ドイツJr'大会
を戦い抜く。しかし、5人目が一菜(大笑)だったり、無敗のハズの
日本チームが負け試合をしたり、響が死んだりと、かなりパターン
破りな展開が多い。最終的に優勝はしたものの、まだまだ未熟な
二代目キャラたちの発展途上ぶりが見て取れる。
ギャラクティカのシステムが解明されたりしているのも興味深い。
スコルピオンやヘルガとの決着は、結局ついていないのだが…?
第1巻

第4巻
試練編 メインキャラである麟童、伊織、嵐、響の登場エピソードを交えて、
初代・日本Jr'メンバー達の後日談が描かれる。
ボクサーになる決意をした麟童は、偉大なる先代の足跡を追い、
その覚悟を問われる数々の試練に挑むことになるのであった。
全体的に、二代目キャラは初代キャラに及ばない…という感じ?
石松、志那虎、総帥…そして河井と、かつての黄金Jr'メンバーの
健在ぶりが懐かしい。一方で、剣崎や竜児、菊など、故意に所在
(生死すら?)があやふやにされているメンバーもいる。
キャラクター雑感
果たして、黄金の日本Jr’5人衆(二代目)は実現するのか?!
★定番の、5人組のメンツは揃うのかな〜?
車田作品と言えば5人組が定番なので、とりあえず二代目・日本Jr’5人のメンツが揃うのか
どうかというのが、私的な最大の関心事の一つです。
車田先生が、もう5人組という設定にこだわらなくなっている可能性もありますけど…。
河井系の響が死んじゃったので、一気にバランスがくずれてしまったのが痛いですねェ。
ただ、新キャラ・竜童の登場で、希望も出てきました♪
私的に確定してるのは、麟童、伊織、嵐、竜童の4人。
あと一人は、日本人と思われる阿修羅一族の無名あたりが怪しいトコロです。
阿修羅なら、河井がらみで河井系の末裔が残っている可能性も無きにしもあらず…。
顔も、響そっくりだったりして(笑)〜!
この辺の設定(河井の真の両親とか…)は、前作でも謎のままだったと思うので、意外な形で
明かされるかもしれません。旧作ファンは、期待するしかない!
…と思ったら、夢オチみたいな感じで期待を裏切られました。阿修羅一族って、悲しすぎる!
そして、最大の敵…ギリシア12神の復活は?!
★また、世界連合を結成して、12神と頂上決戦するのかな〜?
イカルスとか、先代の名をそのまま引き継いだキャラと、トリトン(ポセイドンの末裔?)みたく
まったく新しい名を持ったキャラが混在してるので、現時点では良くわからないギリシア勢。
特に、12神のはずのメデゥーサが、ポジション不詳のまま既に敗退しているのが困りモノ!
とりあえず、旧作のパンドラ、アポロン、テーセウスたちは確認できてますが、どうなるやら?
世界連合を結成するんなら、ヨーロッパ巡りも同志集めの布石だったと思えるんですけどね。
そういえば、やっとアメリカ勢も出たし、連合メンバーの候補選抜には不足しないハズ…。
スコルピオンとかネロとか、強そうなのはいっぱいいるぞ!
…とか思っていたら、正式な連合にはならず、影で麟童の援護をするような形になりました。
嵐VSクレウサ、ドイツ三巨頭VSプロメテウス、ラファエルVSアルテミスといった先代の因縁を
交えた戦いや、オリオンVSネロ、ペガサスVS伊織のような新規カードも組まれているみたい。
カサンドラは…なんじゃ、ありゃ(笑)〜?
主要キャラクター紹介
★日本勢(新キャラ)
 剣崎麟童…主人公。ドイツ大会でエミーナに負けているが、ポテンシャルは高いようだ。
  そのオナラは強力無比。某ペガサス聖闘士と、オナラ世界一決定戦をやってほしい(笑)。
 志那虎伊織…志那虎の実子で、本人も気づかないうちに剣士からボクサーに転向中?
  女性に弱いという欠点がある以外は負け知らずで、それなりに強い。
 河井響…こちらは意表をついて、河井本人ではなく河井(姉)の子供という設定。父は誰?
  ドイツ大会で、心臓の持病のせいもあって試合に勝利後、死亡。なんてこったい〜!
 影道嵐…父・総帥ゆずりの数々の秘拳を持つ、一匹狼タイプのキャラクター。母は誰?
  慢心からの連戦がたたり、ドイツ大会でゲッペルスに敗北。いいのか、ランラン〜?
 三条一菜…無敵の音痴ぶりで大活躍(笑)。天然ボケも暴走し、キャラが変わってしまった。
  三条家は前作にも出てた三条家と同一と思われるが、前作関連のキャラは出ていない?
 無名…阿修羅一族の刺客。登場時は、嵐と互角以上に戦える実力者かと期待したが…。
  阿修羅一族の謎が明かされると同時に、あっさりギリシア勢に負け、退場してしまう(泣)。
★日本勢(旧キャラ)
 高嶺竜児…剣崎と同時期に死んだと思われるが、竜童の登場でわけがわからなくなった?
 剣崎順…麟童の誕生前に、竜児との戦いのダメージによって死んでしまったようだが…?
 高嶺(剣崎)菊…麟童の生後まもなく剣崎家を追放されたようだが、その後の生死は…?
 香取石松…先代メンバーは全員、激戦のダメージで短命を予感している。彼もついに…!
 志那虎一城…一番の謎は、早くに死去してしまったらしい奥さんが誰だったのかだ(笑)!
 河井武士…独身のようで子孫は残していないが、志那虎同様、既に死を覚悟している。
 影道総帥…今でも元気そうで嬉しい(笑)♪ 志那虎同様、奥さんに関しては謎だらけだ?
★海外勢(強そうな新キャラたち)
 スコルピオン…ラスボス的な設定の実力者のハズだが、未だに本格的に戦っていない?
 ヘルガ…スコルピオン同様、まだ実力は未知数。モチロン、こちらも二代目の方です。
 ドイツ三巨頭…先代と名前が同じ。ベストコンディションの麟童たちなら勝てる相手だろう。
 エミーナ…一応、麟童に勝っている。実力的には、ほとんど互角のようだけど…。
 オスカー…すごく強いだろうと思ったら、響に負けるし、ネロにも負けた。ジーザスの甥。
 ネロ…イタリア編のラスボス。オスカーもあしらう実力者だが、結局、麟童に負けている。
 フランス三銃士…たぶん、ドイツ三巨頭あたりと同じくらいのレベルの中堅ドコロだと思う。
 ラファエル…フランス編のラスボス。オカルトが入ってるので、強いのか弱いのか不明?
 プリンス・シャフト…やっと出てきた、アメリカのボス。ギリシア大会で、テーセウスに敗北。
 ペニーレイン…アメリカのシャネルの二世らしい?麟童のオナラが苦手(笑)。
 イカルス…ギリシアのイカルス二世。本番はこれからかな?
 トリトン…名前からすると、ポセイドンがらみ…?こちらも、本番はこれからかな。
 ホルス…やたらと強いキャラだったが、結局は太陽神対決でアポロンに敗退。
 テーセウス…先代と同じく、アポロンに次ぐ実力者。予想通り、麟童と宿命の対決が実現。
 アポロン…メチャ強い。麟童も、試合には勝ったものの、実質は引き分けだと思っている。
★その他(先代のライバルたち)
 スコルピオン&ヘルガ…表舞台からは引退してるみたい?彼らもまた、死を予感している。
 ナポレオン…子孫たちの確執にあきれ果て、世捨て人のようになってしまっていた(笑)!
 ドン・ジュリアーノ…組織の跡目争いのどさくさの末、あわれ身内に暗殺されてしまう。
 パンドラ…二児の母親になった今も、カイザー・ナックルをめぐって暗躍中。旦那は誰?
 アポロン&テーセウス…次世代メンバー達の不穏な動きを見ても、もはや知らん顔(笑)!

リングにかけろ!コーナー

こちらは、最近のストーリーが旧ファンに
とって、やたらと嬉しい燃えまくる展開に
なってきた、スーパー・ジャンプ連載中の
「リングにかけろ!2」を特集するために
新設した専門ページです。
「1」のアニメの方も、続編企画が進行中
だったり、何かと話題豊富な「リンかけ」
ですが、コミック版の最新情報やコラム、
独断とシュミによるキャラクター紹介など、
色々とやっていきたいと思います♪
尚、このページも性質上、ネタバレ度が
高くなると思いますので、閲覧する際は
ご注意くださいね。

トップへもどる
2008年10月8日(水)
「リンかけ!2」最大の謎の正体は…なんだ、そりゃ(泣)〜?
最終章に入り、急ぎ足で進行中の「リンかけ!2」…。
竜童のコトはアレで良いとして、それじゃあ小菊はどうなるのか…が、自分的に一番の謎で
あったのですが、まさかあんなオチになるとは(泣)〜!
12神との決戦も、やっつけ仕事みたいになっちゃってるし、この先どうなるんだろ?
前作みたいに、宿命の対決を描く次の「プロ編」があるのかとか、「リンかけ!3(?)」に続く
のかとか、色々予想もしましたけど、車田先生的には、もう終わらせたいんでしょうかね。
「星矢」の方を優先するというのもアリでしょうが、今のモチベーションで大丈夫かしらん?
残るは、ゼウス一人ですが…先代とはデザインも雰囲気も全然違うみたい。
●ポセイドン…予想通り、竜童が相手に…。メイルストロームって、あんな技だったのか!
●ハーデス…スコルピオンが、前作の剣崎とほとんど同じようなコトをやってるだけ(泣)。
●ビーナス…ヘルガも、とりあえず12神を一人倒すという、ノルマだけは達成か(笑)?
●ヘルメス…メデゥーサの代わりの新人。精神攻撃(?)で、スコルピオンを追い込んだ。
2008年8月3日(日)
いよいよ、最終章がスタート!…って、8回で収集つくの〜?
一時休載していた「リンかけ!2」ですが、いよいよ8月から最終章の連載が再開!
しかし、車田先生のHPによると、最終章の連載は8回の予定だとか。
VSアポロン戦の長さとかを振り返ると、たった8回で収集がつくとは思えないんですけどね。
まだゼウスを含むギリシア12神の残存メンバーや、竜童、スコルピオンとの決着も残ってる
わけだし、急ぎすぎて変なコトにならなきゃいんですが…。
まさか、「リンかけ!3」に続くとか、「男坂」ENDみたいになるんじゃあるまいな(笑)?
チャンピオンの「冥王神話」の方なんかも、最近は放置状態なので、ちょっと心配です。
ところで、「星矢・エリシオン編」の方は無事完結したみたいだし、次のアニメは「影道編」?
2006年6月29日(木)
ギリシア大会編、いよいよクライマックスへ〜!
いよいよ佳境に突入した、ギリシアのスーパー・シード8人と、麟童たち世界中の勝ち残り組
ボクサー8人が激突するトーナメント戦…。
トーナメント表が全部埋まったので、ようやく方向性が見えてきた感じですね。
竜童や嵐のような、不確定要素の存在も気になりますが、やはり最後はアポロンVS麟童
いうことになるんでしょうかね?
ちなみに、二回戦に勝ち残っている組み合わせは、以下の通り…。
 ●麟童VSケルベロス
 ●テーセウスVSプリンス・シャフト
 ●伊織VSオルフェウス
 ●アポロンVSホルス

麟童が順当(?)に勝ち進めば、ケルベロス⇒テーセウス⇒アポロンと戦うことになるハズ!
伊織はオルフェウスには勝っても、アポロンには負けるという図式でしょうか?
ホルスは、やっぱり太陽神対決でアポロンに負けるんでしょうねェ…。
しかし、今回はギリシア勢の人選の基準が良くわかりません。
なんか、アポロンが“ギリシア軍・最強の男”ということになってるみたいだし…。
前作では、ギリシア12神から見れば、アポロンたち世界戦メンバーは2軍同然でしたよね。
でも、12神の2世キャラ・メデゥーサが、あっさりホルスに負けたりしてるし、どうなんだろ?
これでアポロンがホルスに勝ったら、12神の面目丸つぶれですよ〜!
もっとも、今のところはホルスも、絶対無敵っぽい感じなんですが…。
あの人たちのやってることって、もはやボクシングでも何でもないんですけどね。
ケルベロスなんていう、先代のいない新キャラも混ざってるし、組織構成がわからないなぁ。
車田先生のことだから、私なんぞの想像を絶するサプライズがあるとは思いますが…。
無名なんかは個人的に、ちょっと期待ハズレに終わっちゃいましたから心配です。
それにしても、2世キャラたちは、顔も技もほとんどが先代と同じなんですよね。
なんか車田先生、新規に考えるの面倒くさがってるような気が(笑)…?
2005年9月16日(金)
真の主役か?…二代目・竜児(?)“竜童”登場!

ギリシア編に突入して、カイザー・ナックルが出たり阿修羅が出たり、果ては竜童が登場と、
旧作ファンにとっては、目を離せない展開になってきている「リンかけ!2」。
車田先生のデビュー時からのリアルタイム・ファンとしては、特集を組まずにはいられない…
というわけで、とうとう専門ページを新設しちゃいました!
最初は、方向性が見えなくて困ってたけど、ようやく芯がしっかりしてきた感じですね。
やっぱり、ラストに“麒童VS竜童”という大一番を見据えて、展開していくのかな?
二代目(?)高嶺姉弟に無名、12神、カイザー…と、謎づくめの展開は、モロ私のツボです。
このあたりの、旧作ファン好みなエピソードを中心に特集していきますので、ネタバレを気に
しない人は、一緒に今後の展開を楽しんでいこうではありませんか〜♪

※麟童と竜童です。念のため(笑)…!