トップへもどる
長いインターバルをおいて、最新版・TVスペシャルとして復活した「必殺」!
色々な意味で若返って、TVシリーズ化しそうな予感も…?
新たな仕事人が勢揃い!…そして、主水も帰ってきた!
どうやら、どの世に
生まれても…
コイツだけは 許せねェ!
…ってな輩が
おりますもので…
概要 新生「必殺」スペシャル・第1弾!…とでも言っておけば良いのかなぁ(笑)?
一つの事件に絡んで、新生・仕事人グループが結成される様を描いた1作。
主水はともかく、他のキャラクターはTVシリーズ化を前提にしたような出し方
だったと思うので、近いうちにTVシリーズとして復活するかもネ…。
良くも悪くも、現在の技術や役者気質で「必殺」を作るとこうなる…というのが
わかりますね。ちょうど、「ウルトラマン」や「仮面ライダー」などの有名トレンド
作品が、当世風のシリーズで現在も続いているのと似ている感じがします。
タイトルは同じでも中身は違うということを、十分理解して臨みましょう(笑)!
そういえば、今回の主水はゲスト的な扱いなので、「ウルトラマンメビウス」で
初期のウルトラ兄弟がゲスト出演したのと同じような印象を受けましたね♪
新シリーズを作るとしたら「メビウス」みたいに毎回、昔の懐かしい仕事人が
ゲストの助っ人として登場する…なんてのはどうかしらん(笑)?
見どころ 旧作ファンにとっては、何よりも中村主水の復活が気になるトコロでしょう。
映画「主水死す」で死んだはずの主水が、どうやって生還するのかが楽しみ
だったんですが、その件には全く触れられておらず、“なかったコト”のように
なっています(「さらばヤマト」みたいなもんか?)。「激突!」や「黄金の血」の
後日談あたりになるんでしょうかね。私的には「主水死す」で大ケガを負った
主水が記憶喪失とかになって、裏稼業の事を全て忘れてしまっていたのが、
今回の仕事をキッカケに復活する…なんていう、マンガ的な展開を期待して
いたのですケド…。まぁ、個人的にも「主水死す」はパラレル扱いで仕方ない
と思いますから、あまり気にしない方が良いでしょうね。
“主水健在”が確認できただけでも、本作の意義はあったと言えましょう。
私はジャニーズとかは無縁の世界なので、キャスト面での思い入れはありま
せんが、そっち系のファンの人は喜んでいるのでは…?
ストーリー的なサプライズ等も、コレといって見られないので、結局のところ、
新旧・ムコ殿の共演というのが、本作の一番の見ドコロだったと思います。
あと、殺しのシーンの特殊効果にはCGを使っているようですが、時代劇では
あまり効果的とは言えないような気がしました。
音楽 OPやEDを含めて、ほとんど旧作の流用なので、音楽的には「必殺」っぽさ
十分だったと思います。平尾氏の言ってた新曲も、小五郎ら新キャラクター
のキャラ・テーマ的に顔を出しましたが、あまり印象には残りませんでした。
キャラクター ●渡辺小五郎
往年の主水と同じく、太刀で敵を斬り倒すスゴ腕の仕事人。
第2の主水…というか、主水のパロディー的なキャラクターなんでしょうか?
主演だけあって、3人組の中では一番安心して見れました。
●涼次
絵筆に染み込ませた毒薬を使った殺し技を使う仕事人。
この人は、表稼業も殺し技も、珍しいわりに説明がないのでわかりにくい。
出自的には、忍者だったり女忍者が追ってきたりと、組紐屋の竜にソックリ。
ワザとやってるのかもしれないけど、演技が不自然で、どうも馴染めない。
●源太
今回の事件を契機に、新たに仕事人になった。表稼業はカラクリ師。
キャラクター的には、なんとなく“弱気の秀さん”って感じ(笑)。
殺し技は、唐十郎や影太郎みたいな伸縮性のカラクリ刺殺武器。
●玉櫛
涼次を負ってきた女忍者。流しの助っ人仕事人になるみたい。
彼女の設定も、将来のTVシリーズ化を前提にしているような気がしますね。
●お菊
元締と言うよりは、依頼人との交渉役かな。特に違和感はなかったです。
●中村主水
たぶん、今回だけのゲストなのでしょう。仕事人も、歳には勝てない(泣)!
旧作ファンを呼び戻すという役目は、十二分に果たしてくれたと思います♪
私見 ちょうど今、再放送で初期作品も見ていたりするので、新旧「必殺」の違いが
はっきりとわかっちゃいますね。もちろん、私は旧シリーズの方が好きだし、
それだけに新しい「必殺」は、最初から別物として楽しむ覚悟だったんです。
前述の「ウルトラマン」とかもそうですが、最近の作品は若いイケメン俳優を
前面に出したオシャレな作りになっているので、そのぶん、人間臭さというか
リアリズムに欠けてしまうんですよね。まぁ、これもご時勢というものでしょう。
同じイケメンでも、沖雅也の市松みたいなダンディズムを知っている者には、
物足りなさや違和感を感じさせられてしまうだけなんです。表面的カッコ良さ
だけでなく、内から滲み出る人間味とか迫力とかが昔はあったと思います。
時代劇特有の持ち味は、もう再放送とかで味わうしかないのかな〜。
今回の話も、主水が出てなかったら、旧ファンには物足りなかったのでは?
旧作を知らない年齢層が見る新しい「必殺」としては、それなりに完成された
作品かもしれませんが、評価はどうだったんだろう?
放映日 2007年7月7日
〜必殺仕事人・2007〜