システムについて
「第2次」と同じ感覚の小隊システムなので、前作の好きな人にはオススメでしょうね。
(ダイターン3だけでなく、ガンバスターやイデオンなど超大型ユニットが増えて編制が複雑…)
ただ、キャラ育成に「SP回復」がつけられないとか、あまりにも便利な要素には、バランス上の
問題があるのか、今回はリミッターがかけられたみたいなトコロが残念かな?
だから、SPの回復などには、マクロス系の歌技能が重宝します。
ボイスも新録を中心に増えて充実してますが、反撃時に“反撃不能”の要素がなくなったので、
「ダメだ!反撃できねェ〜!」みたいなセリフが聞けなくなっています(泣)。
小隊攻撃を受けた時の敵味方のセリフも、前作より聞くチャンスが減りましたし…。
この辺は、システムをスリムにしすぎた結果なので、良いと感じる人もいるでしょうけどね。
システムは総じて完成されており、戦況が見れたりするなど非常に親切かつ行き届いてます。
シナリオについて
全60話構成で、「α」シリーズの最後を飾る作品としては、だいたい妥当な長さのようです。
全編と後編に分かれてるマップも多いので、実質的にはかなりのボリュームがありますね。
ストーリーのメインは、新規参入の「SEED」「イデオン」「マクロス7」と「ガオガイガー」の後半&
OVA版あたりでしょうか。「バーチャロン」はユニットが出てるだけ…という感じです。
全ての主人公をクリアしてないので、シリーズ全体のストーリー的な収集がついたかどうかは、
今のところ疑問ですが…。「エヴァンゲリオン」については、いちおうオチがついた気がしますが
「ジャイアントロボ」は出てないので、結局BF団とかが謎のまま終わっちゃったのが残念です。
同じ「スパロボ」シリーズの「MX」なんかも、パラレル・ワールド的にストーリーにからんできてる
みたいなので、まだプレイしていない方は遊んでみてはいかがでしょうか。
隠し要素について
隠しユニットとかの入手方法が、意外とややこしい印象を受けますね。
白キュベレイやノイエジール、クインマンサなど、シリーズでもお馴染みのMS系隠しユニットが
多いようですが、特定パイロットの撃墜数合計の1ケタ目が0とか5とか、スゴイ複雑な条件!
知らないでプレイした場合、ほとんどサプライズ的な偶発要素なんじゃないでしょうか?
難しい条件をクリアすれば早いタイミングで入手できるけど、後でも入手の機会はあるみたい。
他にも、原作通りに特定のキャラで敵を倒せば成立する、パワーアップ・イベントもありますね。
イデのゲージは、「F」と同じように複雑な計算式が隠れているようで、HPが減ってピンチ状態
になったり、攻撃をくらいまくってると発動しちゃいます。今作は、ゲージをためすぎて暴走する
なんてことがないので、グンと使いやすくなっているのが嬉しいトコロ♪
そうなってからが、イデオンの本領発揮。ガンやソードで、一網打尽の快感を味わいましょう♪
オプションを見ないと気が付かないけど、サブシナリオなんてのもありますね。
せめて、ここで稼いだ資金ぐらいは本編にも反映されると、もっとプレイしがいがあったのに…。
あと、クリア後に新しいプレイモードが現れるらしいけど、改造不可とか、厳しくなってる〜?
そして、さらに、その後もあるとか(笑)…!
熟練度について
ベストED(?)を狙う人は、ほぼ全ての熟練度を獲得する必要があるので仕方ないけど、特に
こだわらない場合や1周目のプレイは、ノーマルやイージーの方がオススメ。ハードだと、敵が
強くなるのはともかく、気力がほとんど上がらなくなるので、ハデな必殺技が使えなくなるのだ。
おかげで、「スパロボ」本来の爽快感が失われ、弱い武器でちまちま攻撃せざるを得ないという
状況に陥り、ノーマルあたりとは全く違うゲーム感覚になってしまうでしょう。
もちろん、とにかく難しい方がイイ…という方は、ハードで頑張ってください(笑)。
私なんかは、熟練度をわざと取り逃しながら、ギリギリでハードにならないようプレイしてます。
●「○○を撤退させずに倒す!」
 熟練度獲得の代表例で、HPが減ると逃げるボス敵を、援護などを駆使して倒すわけです。
 この場合は、パーツや資金も獲得できるので、熟練度を獲得しておいた方が良いですね。
●「○ターン以内に、○○を達成する!」
 こちらも代表的な熟練度の条件例で、ターン制限内に敵を全滅させたり、指定ポイントに到達
 させるというパターンです。この場合は、わざと弱い敵を1体だけ残し、修理や補給をしながら
 ターンを経過させれば、熟練度を取らずにすみます。ハードになりそうな時は、こういう条件の
 マップで、あえて熟練度を取り逃すと良いでしょう。私も良くやってます(笑)。
エンディングについて
例によって、2種(ベストEDとノーマルED?)のファイナル・ステージがあるみたいですね。
熟練度と合計ターン数がからんでいるので、真のED(?)を見るのはかなり難しい気がします。
敵も強そうだし、昔の「第3次」や「α外伝」あたりと似たような感じかな?
あと、お決まりの「イデオンED」があるらしくて、2周目以降に特定の選択肢を選ぶと、みんなで
お星様になっちゃうみたいです(笑)。バッドEDっぽいけど、「イデオン」ファンは必見か〜?!
私も2周目以降で挑戦してみますね〜♪
ユニットやパイロットについて
今回、ダンクーガが強い。ガンバスターやライディーンも、もちろん使える。主人公やオリジナル
系も面目躍如の活躍を見せてくれるし、バンプレイオスなんかは準主役と言える大活躍だ!
総じて主役級が多いので、前回以上に、誰を小隊長やエースにするかで悩みますねェ…。
「第2次α」は、最終話で全小隊に詰め込めば全てのパイロットが出撃できたのだけど、今回は
とてもムリ!泣く泣く2軍行きとなるユニット&パイロットも、かなり多くなってしまうでしょう。
複数パイロット搭乗のスーパー系は、今回もSP的に重宝します。
終盤はスーパー系とリアル系の攻撃力の格差が顕著になるので、HPが10万以上あるような
ボス敵と戦う際は、もはやスーパー系に任せるしかありませんよねェ…。
イデオンは使いこなすのが大変だけど、ゲージがたまるまでのシークエンスがクセになりそう♪
「SEED」系のユニットも、かなり使える。乗り換え制限が多いのが残念だけどネ…。
前作同様、全体攻撃武器が便利なユニットは、終始活躍の機会が多いでしょう。
それから、戦艦(母艦)系が多すぎ!ソロシップとかエターナルとか新規参入が多く、最終的に
7隻ぐらいに増える。こりゃ、育てるのも大変だ〜!
ラスボスは例によってHPが50万もある。声もスゴイ(笑)が、倒すのはメチャクチャ疲れる。
あと、前回倒したはずの組織の敵が数多く再登場したりするのは、ちょっと意外でしたね。
それと…やっぱりシャア(クワトロ)は、前作でお亡くなりになったみたいです〜?
使えるパイロット&精神コマンド
綾波とかムウとか、イベントで消えるのかと思いましたが、今回は最後まで使えるので一安心。
一時的にしか使えないシナプスと戦死する金竜だけ、育てるのは注意しておきましょう。
MS系 ●アムロ&ジュドー
 NT系の攻撃役・小隊長。最終的にNTレベル9になるので、ν&Hi-νガンダム
 に乗せて、長射程のファンネルを撃ちまくろう。
●カミーユ、プル&プルツー
 カミーユは攻撃役としてサザビーあたりに乗せても良いが、「覚醒」を生かして
 スーパーロボットのフォローをさせた方が、終盤以降は役に立つでしょう。
 プルプルズも同様で、ダンクーガやイデオンの行動回数を増やすとイイぞ。
●エマ&キース&カツ
 「狙撃」や小隊長能力で射程が伸びるのが長所。キースなどは、ノイエジール
 に乗せて「狙撃」すれば、アムロも顔負けの射程12が実現する。
●トロワ&Wチーム
 攻撃役のエースは射程王のトロワ。「幸運」のゼクス、「加速」のデュオ&五飛
 など、私の場合、トロワ以外は小隊員として重宝してます。
●キラ&アスラン&ディアッカ
 NTほど当ててくれないので、SPが切れると使いづらくなるのが欠点。
 むしろディアッカなんかの方が、援護攻撃要員とかで重宝する。
 PS装甲を生かすためにも、援護防御をつけておこう。
●ムウ&カガリ&3人娘
 スカイグラスパーに乗れるのが、最大の長所。ストライクに乗せて援護防御を
 させても良い仕事をしてくれます。
マジンガー
●甲児
 唯一「ひらめき」を覚えるので、カイザーのメインパイロットとして信頼できる。
 鉄也の「不屈」では、敵のイヤな特殊攻撃に対処できないのであった(泣)。
●さやか&ジュン
 「祝福」「激励」のさやか、「応援」「期待」のジュンと、サポートに最適。
 ビューナスAあたりに乗せて、敵の全体攻撃にだけは気をつけておこう。
 ボスは普通のプレイでは、レベル80に育てるのなんてムリだ!
複座式
スーパー系
●グッドサンダー・チーム
 主力ユニットで「脱力」が使えるレミーの存在は頼もしい♪キリーの「狙撃」も
 マル!援護向けの機体なので、真吾には援護攻撃を修得させよう!
●獣戦機隊
 沙羅の「狙撃」、亮の「覚醒」が便利。アランも消費SPが少ないので優秀♪
 ゴーショーグン同様、長射程援護が得意なので、忍に援護攻撃を!
●ソルダートJ
 こちらも「狙撃」持ちの長射程タイプなので、援護攻撃をつけると便利。
 サブパイロットのルネがいると、色々な意味で強くなるぞ♪
●SRXチーム
 SPがたっぷり使えるのが魅力。これで「狙撃」があれば文句ないのだが…。
単座式
スーパー系
●洸
 念動力がSP回復しなくなったのが痛いが、避けて当てるパイロットになった。
●凱
 一人なのでSPがすぐなくなるのが欠点だが、攻撃力の高さは捨てがたい!
●万丈
 サイズによる攻撃力の高さは言うに及ばず、シールド防御も頼もしい限り! 
支援系 ●ミチル
 SP回復があるので、主に「祝福」を連発することになる。
●カトル
 ミチル同様、SP回復を生かした「祝福」係として重宝する。
●ファン・リー
 最初は「加速」係。後半は「期待」係となる。もちろん、修理もオマカセだ♪
●ヤマガタケ
 「加速」「激励」「鉄壁」と、ガオガイガー小隊にうってつけの小隊員。
●美和
 最初は「応援」係。後半は「期待」係となる。補給技能も修得させておこう。
主人公 ●クスハ&ブリット
 問題なく強いので、どちらもSPアップをつけておくと良い。
 ブリットには、援護攻撃も修得させておきたい。
 PPが余ったら、クスハは射撃を、ブリットは格闘を伸ばそう。
マクロス系 ●マックス
 戦艦の艦長としては、まさしく最強。バルキリー搭乗後も、前線で指揮官能力
 を生かせる。全体的に能力が高く、「狙撃」や「愛」も超便利だ!
●ガムリン
 「狙撃」があるので、射程の短いスーパー系小隊のサブ隊長にうってつけ!
その他 EVAチーム
 シンジは「覚醒」があるので、ボス戦にも便利。SPアップを修得させておこう。
 レイはボス戦において、「脱力」「感応」「絆」によるフォローで大活躍!
 アスカは攻撃役はもちろん、援護防御をつければ小隊員としても重宝する。

●フェイ

 SPによる支援も上手なバーチャロイド。「脱力」「祝福」による貢献度は高い。
●レーツェル
 コスト高のため小隊員には向いていないが、避けて当てる優良パイロット。
●ゼンガー
 一発屋なので、ボス戦には役に立つ。バランと戦わせると、大喜び(笑)!
戦艦 ●ラクス
 SP回復があるので、「脱力」や「祝福」の使用回数が増えるのがGOOD!
パイロット
育成方針
●ラーニング
 小隊員候補には、やはり一番に修得させたいトコロ。
●SPアップ
 今回はSP回復がつけられないので、小隊長、小隊員とも修得させたい。
●援護攻撃
 小隊長候補は持っていないことが多いので、優先して修得させよう。
 スーパー系の主役パイロットや、NT系・MSのエースパイロットなどに…。
 援護ができれば、撃墜数を増やしてエースにするのもラクになる。
 援護防御は小隊員だけ持っていれば良いだろう。
●戦意高揚&気力アップ(撃破)
 ハードあたりでプレイすると気力が上がらないので、これらでフォローを!
●地形適応
 地味に効果が高いので、各パイロットの得意な地形適応を“S”にしておこう。
 ユニットが“S”なら“A”のままでOK!宇宙マップが多いので、まずは宇宙を
 “S”にして、あとは飛行ユニットの場合は空を、地上ユニットは地上を“S”に
 すれば、命中&回避などに大きな効果を発揮する。
便利な
精神
コマンド
●主人公の誕生日(クスハ編)
 牡羊座(AB)…感応・ひらめき・狙撃・気合・熱血・愛
 自分の誕生日じゃないんですが、クスハ機は射程が長いので「狙撃」を優先。
 あと、本作では「不屈」より「ひらめき」が重要なので、この誕生日に決定!
 「幸運」や「覚醒」を覚える誕生日もあるので、お好みで選びましょう♪
●脱力
 敵の凶悪なマップ兵器や特殊能力は気力が必要な場合が多いので、本作も
 ボス戦で大活躍するコマンドです。レミー、モンシア、綾波レイ、フェイ、マリ、
 ビヒーダ、エキセドル、ラクス、マユラなどが覚えます。
●覚醒
 ターン短縮や、ボス戦の集中攻撃の際には必須となるコマンド。
 高レベルのNTパイロットや、一部のスーパー系パイロットが修得できる。
 ボス敵に一番に「覚醒」をかけて切り込んで、後続のメンバーに援護しまくる
 のが定石。なので、援護攻撃を修得させておくと手数が増えてGOOD!
●期待
 「脱力」「覚醒」といったボス攻略コマンドを何度も使えるようにするためには、
 これが不可欠。ファンリー、美和、カガリ、キース、ファなどが修得する。
●ひらめき・必中・直感・感応・直撃
 敵のイヤな特殊攻撃は確実に回避したいので、ひらめきが重要。逆に「不屈」
 は使いづらくなったので、凱やサンシローあたりは苦戦することが多い。
 回避の高い敵や、分身、シールド防御を使う敵には「必中」や「直撃」を!
 TP装甲のあるSEED系の敵などは、シールドされると全くダメージが入らなく
 なってしまうのだ。
●加速
 小隊員選びの際の、最も基本的な要素。MSパイロットやバーチャロイドなど
 が多く持っている。逆にマクロス系は持っていないので、かなり不利だ。
●絆
 イベントで味方のHPが強制的に半減したりするので、これがあると便利。
 注意すべきは、イデオンが回復しちゃうと、ガン&ソードが使えなくなるコト。
 二人のレイ(笑)や弁慶、大作、光竜などが使用できる。
●補給
 普通のプレイ時には、それほど使わないのだが、とにかく敵を倒しまくる必要
 があるマップでは需要が高くなる。小助、日吉、カツ、モンドなどが覚える。
●愛
 いろんな精神コマンドがまとめてかかるので便利。「勇気」より実用度が高い
 と思う。クスハや一矢、マックス、ミリア、ベス、マリュー、フォウなどが覚える。
 ボス戦や、資金の高いザコ小隊を一掃する際に使おう。
使えるユニット&強化パーツ
MS系は終盤で強いユニットが多数入手可能なので、改造資金はストックしておいた方が良い
かもしれません。Zガンダムあたりでも、終盤はキツくなる可能性大〜!
MS系 ●νガンダム(Hi-νガンダム)
 νガンダムをフル改造しておくと、終盤でHi-νもフル改造状態で入手可!
 隠しユニットですが、条件は厳しくないので、是非使いましょう。
 フル改造ボーナスでコストを1にすると、編制の幅も広がります♪
●ストライクガンダム&SEED系
 こちらもフリーダムなどのSEED系に恩恵があるので、早めにフル改造を!
 PS装甲が強いので、援護防御させるとほとんど無敵ですネ♪
 νと同じく、フル改造ボーナスでコスト1にすれば、編制がラクになります。
 ディアッカ&バスターなんかは、援護攻撃向きでかなり強いですヨ。
 スカイグラスパーは貴重な0.5コスト補給要員なので、レギュラー当確!
 コスト高のスーパ系のお供には欠かせません。
●ヘビーアームズ改&ウイング系
 今回も超射程の狙撃王。「狙撃」持ちのトロワなら、射程12が実現するので
 彼以外は、まったく乗せ替える気になれなかったりします。
 一部のボス敵を除いて、安全に射程外から狙い撃ちできますヨ〜♪
 ウイングゼロも、コストさえ合えばスーパー系の副隊長にピッタリです。
 デスサイズヘルは、ジャミング機能が便利なので、レギュラー度高し!
 サンドロック改あたりも、補給要員として需要が高いですね。アルトロンより、
 飛行可&移動力7のトーラス(MS)の方が、需要が高かったりして…。
●メタス&メガライダー
 修理&補給要員として、レギュラーの座を常にゲット!レベルUPもラクラク♪
マジンガー系 ●マジンカイザー
 「ひらめき」持ちの甲児を乗せましょう。「不屈」は、敵の特殊攻撃に弱いので
 鉄也の出番が減っていくのだった…。グレートも、終盤はイマイチ。
●ビューナスA
 飛行できる修理要員として需要が高いが、修理時に狙われると非常に危険。
複座式
スーパー系
●ダンクーガ&ファイナル・ダンクーガ
 爆発的攻撃力に加え、最終的に5人乗りになる。使わなきゃ損だ!
 ファイナル断空砲で援護しまくりたいので、援護攻撃を修得させよう。
●真・ゲッター
 ゲッターGも、ゲッターチェンジアタックが便利なので十分戦える。
 私は、乗り換え後は真しか使わなかったので、合体攻撃を見てないけど…。
 S−アダプターを付ければ、ゲッター3なんかも宇宙で戦えるのでオススメ!
●ゴーショーグン
 スーパー系の中でもトップクラスの長射程。「狙撃」との相性もバッチリだ♪
 援護攻撃を覚えさせて、ゴーフラッシャーを撃ちまくろう!
●ガンバスター
 なかなか2人乗りにならないが、ノリコだけでも十分戦える強さ!
 特に終盤のVS宇宙怪獣戦では頼りになるので、援護攻撃を付けよう。
●バンプレイオス
 テレキネシスミサイルが超便利。おかげで、常に撃墜王の座を争うほどだ♪
 アヤが加わると、最強ユニットの一つとして恥ずかしくない仕様になる。
●ボルテス&コンバトラー
 やはり、5人分のSPは魅力。合体攻撃があるので、並んで進軍させよう。
 ダイモスも並べると、さらにオトク(笑)♪
●キングジェイダー
 ルネをサブパイロットにすると、SPにも余裕ができてパワーアップする。
 遠距離に強いので、援護攻撃を覚えさせると鬼に金棒だ♪
 「鉄壁」があるので、凱よりもバリアの恩恵を大きく受けることができる。
●イデオン
 特殊なユニットだが、ゲージをためる過程がワクワクして非常に楽しめる。
 ゲージMAXになると、もう「キタキタキタ〜!」って感じ。しかも、激強〜♪
 「F」の時みたいに暴走の危険もないので、ファンは是非使いましょう。
 マップ兵器はともかく、通常のガン&ソードだけで十分強いゾ。
 ラスボス戦あたりでは、マップ兵器のガンが大活躍してくれることでしょう。
単座式
スーパー系
●ライディーン
 SP回復がなくなってしまったが、当てて避けるリアル寄りの能力になった。
 射程も長いので、ハロをつけるとイイ感じになる。マップ兵器も激強〜♪
●鋼鉄ジーグ
 「魂」のマッハドリルが強く、サイズ無視の小隊長能力もあるので、思ったより
 ダメージが期待できる。コストが低いので、組み合わせが自由なのもマル♪
●ダイターン3
 コストの問題はあるけど、2種類のサンアタックが使いやすい。
●シズラー黒
 コストが高いが、武装はどれも使いやすい。
 援護防御を修得させれば、イナーシャル・キャンセラーも生きてくる。
●ガオガイガー
 次々と進化していくが、基本的な使い方は同じ。マーグと組むのは既に常識。
 1発勝負のマップ兵器が、とにかく強力だ!
支援系
ユニット
●マイクサウンダース13世
 気力上げができる歌が便利で、レベルアップもラクラク♪補給能力まであると
 いうお役立ちユニット。戦闘もこなせるので、使わない手はない。
●コンバットフォース(ガイキング系)
 修理のスカイラー、補給のバゾラー、バリア防御のネッサーと、いずれも0.5
 コストの貴重な小隊員として、大型スーパー系のお供に欠かせない。
●ガルバー、ブルーガー、レディコマンド
 便利な0.5コストの修理屋さん。ダメージがたまりやすいスーパーロボットの
 お供に必須。コスト調整もラクなので、非常にありがたい存在だ。
●ビッグシューター
 こちらは、0.5コストの補給屋さん。ジーグとセット運用しよう。
主人公 ●真・龍虎王
 長距離射撃のクスハ、近距離格闘のブリットと、遠近共に強い。
マクロス系 ●ファイヤーボンバー
 歌が便利なので、気力上げやSP回復に大活躍!しかも、歌うと小隊全員に
 大量の経験値が入るので、レベルアップもラクラクだ♪
 バサラ&ミレーユは歌、レイは修理&補給、シビルは0.5コストの穴埋めと、
 全員がレギュラーとして使える。
●バルキリー各種
 とにかく数が多いので、編制に迷う…というか困る。射程の短いスーパー系と
 組ませて、遠くから狙い撃ちする際のサブ小隊長としてなら使えますが…。
 合体攻撃の使いやすいイサム&ガルド、マックス&ミリアは必ずコンビで!
その他 ●EVA
 どれもコストが高いので、コストダウンのフォローがあれば編制がラクになる。
 初号機のポジトロンライフルが便利。これで、シンジの撃墜数を稼ごう!
●バーチャロイド
 原作(ゲーム?)は良く知らないんだけど、ユニットとしては非常に優秀。
 コストといい、全員の「加速」といい、空を飛べないこと以外は文句ナシ♪
 回避も高いし、レギュラーとして十分過ぎるほど役に立つ。
●ダイゼンガー&アウセンザイター
 一撃の強いダイゼンガー、全体攻撃の便利なアウセンザイターともに、コスト
 2というのが問題。合体攻撃のために組ませるのがベストだが、コストダウン
 が必須となる。とにかく、コストダウンが幾つあっても足りないよ〜!
隠し
ユニット
●MS系
 Hi-νは言うまでもなく、コスト1のサザビーが編制しやすくてオススメ。
 ノイエジールはキースあたりに最適なので、コウの撃墜数を稼いでおこう。
 白キュベレイはコスト1.5がネックだが、プルプルズの撃墜数を調節すれば
 OK。2周目では、クイン・マンサの方を狙ってみようかな?
 ZZ系では、とりあえずゲーマルクが良いのでは?フォウあたりを乗せて…。
 これらは撃墜数合計の末尾が0とか5とか、結構細かい条件がありますが、
 注意したいのはルート分岐で分かれた際、合流時に自動的に撃墜数が3機
 ほど増えてることがある点。せっかく調節した撃墜数が変わってしまうので、
 入手直前までに急いで再調整しましょう(泣)。
●ストライクルージュ・IWSP&デュエル(イザーク)
 ルージュをメインに使ってないので、あまり違いがわからないけど、エールの
 方がイイという話も多い。地形適応や射程がアップするので、悪くはない。
 デュエルは、コスト的に編制しにくい。バスターやストライクだけで十分かも?
●マクロス系
 デストロイド・モンスターは射程が長いが、コスト1.5がネックかな?
 エメラルド・フォース用のバルキリーは、射程が短くなったりするので、あまり
 強いとは思えない。乗り換える必要はないかも…?
●EVA初号機・F型装備
 合体攻撃不可になるけど、性能も武装も大幅にパワーアップ。全体攻撃より
 単体の大ダメージを優先したい時は、こちらに換装すると良いだろう。
 空の敵にも強くなるし、入手して損はないゾ〜♪
戦艦 ●マクロス7
 サブパイロットも多く、戦艦の中では最強クラス。特にマックス艦長だと、戦艦
 なのに敵の攻撃を避けて、クリティカル出しまくる。
●ラー・カイラム
 核が装備されるまでは貧弱なので、じっと我慢。
●アーク・エンジェル&ソロシップ
 全体攻撃はケズリ役にピッタリ。たまには、「愛」を使ってトドメをさすと良い。
●エターナル
 主砲による援護に向いている。ビームなので、特にPS装甲を持った敵とかに
 有効なのが良い。ラクスは意外と当ててくれるしネ♪
●大空魔竜
 ガイキングが近くにいないと、お互いにかなり弱くなるので注意!
 合体攻撃は強力で、ボス戦でも非常に頼りになる。
オススメ
強化パーツ
●ハロ
 今回も使えるパーツのナンバーワン!νやZZなどの主力ガンダム、運動性や
 射程も優れたライディーンや真・龍虎王などに最適です。
●ピンクハロ、バイオ・コンピュータ、カスタムOSなど
 ハロが足りないので、ヘビーアームズなどの主力リアル系に装備させておく。
 SEED系やバルキリー、ジーグなんかにも良いと思う。
●高性能レーダー&リニアシート
 長射程が好きな私には、非常にありがたいパーツ。本作の敵の射程は、長い
 ザコで7〜8くらいなので、射程8のユニットに付けて射程を9にするのが一番
 効果的だと思います。ダンクーガや初号機あたりが、オススメでしょうか。
●高性能照準器など、命中アップ系
 命中の低いスーパー系パイロットに。特に、マジンガーなどの1人乗りユニット
 は、SPの節約のためにも優先的に装備させておこう。
●メガブースター&ブースター
 小隊の移動力調整に必須!小隊の移動力は、7あれば合格。8なら言うこと
 なしというところかな。6だと、ボス敵のふところに飛び込むのに厳しいかも?
●補助GSライド&大型(メガ)ジェネレーター
 EN消費の大きいスーパー系に。特に、ダンクーガやゴーショーグンあたりに
 装備させておけば、長射程の援護攻撃も撃ち放題だ!
●超合金Zなど、アーマー系
 HPの低い戦闘機系に付けておけば、ボス敵の全体攻撃にも耐えられる。
●コストダウン
 ガンバスター、イデオン、ダイターン、キングジェイダーなどの大型サイズに。
 EVAや1.5コストの強めのユニットに付けて、小隊員を充実させる手もある。
●ミンメイのディスク
 今回はSP回復がないので、これでフォローを!「祝福」「脱力」「覚醒」などを
 使えるパイロットの機体に、戦略に合わせて付けておこう。
●戦技マニュアル
 ラーニングを持っていないパイロットを、小隊員として育てたい時に便利。
オススメ小隊・編制例
基本的な
編制例
●ワントップ&支援型
 ダイターン3などのコスト高のスーパー系を小隊長に置き、あとは修理&補給
 などの支援系ユニットで固める小隊編制。スーパー系をメインに使う人向き。
●ツートップ&支援型
 近距離に強いスーパー系と、遠距離に強いリアル系のツートップ編制。
 あとは修理&補給ユニットで埋める。臨機応変に、2人で交替しながら戦える
 ので、バランスが良く、EN&弾切れにもなりにくい。長期戦にオススメ。
 コストの低いマジンガー系とガンダムの組み合わせなどが編制しやすい。
地上では
飛行適性が
問題
宇宙では関係ないのですが、地上では飛行部隊を編制する際に適性が問題に
なり、編制の自由度にかなり制限がかかります。
ここで重宝するのが、バルキリーやリ・ガズィといった飛行ユニット。
飛行ユニットが足らない場合は、トーラスやメタスをMAに変形させればOK!
ミノフスキー・クラフトもフル活用して、一つでも多く飛行部隊を増やしましょう。
海上や荒地での戦いなど、地形による諸問題も解決できます。
コスト3以上の
スーパー系
には
コストダウン
私の場合、とにかく1小隊に4ユニット詰め込むのが基本方針だったりします。
(コスト5にピッタリ収まるようにするのが、意外と大変ですが…)
そうすれば、敵の全体攻撃の威力も拡散してバリア系の効果も上がりますし、
何よりも多くのパイロットに経験値とPPを獲得させられます。
小隊員の身の安全という課題はありますが、とりあえずそういうことで…。
コスト4のガンバスターはコストダウン必須!ダイターンやイデオンなどコスト3
のユニットも、コストダウンの需要が高いといえます。
なお、自動編制もなかなか利口ですが、私なんかはほとんど使っていません。
ガンバスター
小隊
●ガンバスター(3)+ジーグ(1)+ビッグシューター(0.5)+レディコマンド(0.5)
 ガンバスターには、当然コストダウンを付けます。回避重視で斬り込む際には
 ジーグに小隊長チェンジ!補給と修理もできて、バランス良いと思いますよ♪
 ジーグは加速も使えるし、美和とのコンビはもはや常識でしょう。
イデオン
小隊
●イデオン(2)+バルキリー(1)+バーチャロイド(1)+リ・ガズィ(1)
 イデオンはコストダウンを使用。ガン&ソードの使用条件の事もあって、HPを
 減らしておく必要があるため、修理ユニットはいない方が良いでしょう。
 補給も不要なので、回避の優れたバルキリーや「加速」のあるバーチャロン、
 移動力増強のためのリ・ガズィあたりと組ませて使いました。
コンバトラー
小隊
●コンバトラー(2.5)+メガライダー(1)+ブルーガー(0.5)+バルキリー(1)
 ワントップ型の代表格。補給&修理ユニットをお供に、遠距離戦に備えるべく
 バルキリーも組み込んだ。ボルテスやゴーショーグンも同じ感じ。
ダンクーガ
小隊
●ダンクーガ(2)+ビューナスA(1)+マイク(1)+キュベレイMkU(1)
 コスト2のスーパー系は、編制のバリエーションも多い。
 修理&補給に加え、EN切れのリリーフ用に中堅ドコロのMSを配置した。
 ライディーンやガイキング、ダイモスなんかが、同じパターンかな?
ダイターン
小隊
●ダイターン(3)+スカイラー(0.5)+Sグラスパー(0.5)+バルキリー(1)
 コストダウンを使わない場合、こうなります。0.5コストの修理&補給要員に
 加えて、遠距離戦に対応したバルキリーなどのリアル系をプラス。
GGG
小隊
●ガオガイガー(2)+ゴルディマーグ(1.5)+バゾラー(0.5)+百式(1)
 Gハンマーのためにコンビが決まってしまうので、編制の自由がきかない。
 バゾラーは低コストの地上用・補給要員。しかも「激励」「鉄壁」が使えるという
 GGG専用のような理想の小隊員だ。ガオガイガーは長距離戦が苦手なので
 待ち伏せ戦法の時のために百式と組ませよう。最適のパイロットは、「狙撃」
 と「鉄壁」のあるエマ。射程10のメガ・バズーカ・ランチャーを撃ちまくろう!
ガンダム
小隊
●νガンダム(1.5)+ZZ(1.5)+バーチャロイド(1)+サンドロック改(1)
 2大ガンダムのツートップ。遠くからの全体攻撃時はν、移動時の全体攻撃は
 ZZと、どちらにも対応可!あとは、加速の使えるバーチャロイドと補給要員。
 回避メインなので修理ユニットはいらないでしょう。
ウイング
小隊
●ヘビーアームズ(1.5)+デスサイズ(1.5)+バーチャロイド(1)+EVA(1)
 上のガンダム小隊と同じようなコンセプト。私の場合、W系のエースはヒイロ
 ではなく、トロワになっていますので(笑)…。なぜか敵に狙われやすいので、
 EVAにコストダウンを付けて、ATフィールドで守ってもらいました。
SEED
小隊
●フリーダム(1.5)+ジャスティス(1.5)+ルージュ(1.5)+Sグラスパー(0.5)
 SEEDユニットを詰め込んだ原作派チーム。避ける小隊なので、修理不要。
 EN消費が激しいので、補給は必須ですけどね。
 ただ、ストライク系はPS装甲の援護防御が強固なので、各小隊に散らばった
 方が、戦略的価値は高いと思います。
EVA
小隊
●EVA初号機(2)+ジェガン(1)+光竜(1)+闇竜(1)
 EVA以外は何でもいいのだが、ATフィールドに守られたいのなら、「鉄壁」を
 使えるメンバーがベスト。ユニゾンキックに賭けるなら、コストダウンを付けた
 弐号機を加えよう。
SRX
小隊
●バンプレイオス(2.5)+トーラス(1)+Sグラスパー(0.5)+R・GUN(1)
 終盤の合体攻撃用にR・GUNと組ませ、あとは補給ユニットを。リュウセイは
 避けるので、修理はいらないでしょう。
主人公
小隊
●真・龍虎王(2)+メガライダー(1)+メタス(1)+バルキリー(1)
 とりあえず、クスハ編の後半のケースですね。
 回避や防御面に優れているので、修理要員はいらないかも…。
システム攻略
バリア ●味方のバリアは弱体化…?!
 前作のブレン系のような、便利な広域バリアがなくなったので、今回は小隊の
 全体攻撃に対する耐性に気を配る必要がある。
 特にボス敵の攻撃力が前作よりも上がっているので、「ひらめき」を使えない
 小隊員が危険にさらされるケースが多いのだ。
 ATフィールドですら、今までより効果が下がっているので安心できない。
 本作の小隊員選びにおいては、「ひらめき」持ちかどうかが大きなポイント!
 「不屈」では敵のイヤらしい特殊攻撃をかわせないのだ。SP吸収やら、気力
 ダウンやら、今回は嫌な特殊攻撃が多いので、「ひらめき」の重要度は高い。
●敵のバリアは強力になった!
 広域バリア持ちの敵小隊に援護防御をされると、小隊員の攻撃などはまるで
 通用しなくなる。「直撃」や、バリア貫通効果のある全体攻撃を使うしかない。 
命中&回避
の判定
●敵の小隊攻撃や小隊長能力に注意!
 今回は、かなりヤラセ判定(?)が多く、敵の5%とか10%の低確率攻撃が
 やたらと当たってくる(泣)!特にノーセーブでやると、アムロやカミーユでも、
 敵の連続マグレ当たりをくらって、あっさり落とされたりする(怒)。
 どんなに運動性を上げても、小隊攻撃の命中補正(20%)があるおかげで、
 完全に0%にするには、「ひらめき」や「集中」等が必要だ。
 敵が、小隊長能力で“命中○%UP”とかを持ってると、「かくらん」しても無駄
 なので、とにかくマグレ当たりには注意が必要!
 逆に、こっちの攻撃は99%でもマジで外れるので、標示されてる命中&回避
 の数字は、いつも以上にアテにならなくなっていると言えるだろう。
 昔(「EX」あたり?)、100%の攻撃が外れるのを見たことがある(バグ?)。
マップ兵器 ●ディバリウムのおかげで…!!
 自分で使うとわかりますが、マップ兵器が強力になっていますね。
 全体攻撃と違って、相手が複数でも威力が落ちないのがポイントです。
 ただ、得られる経験値は、かなり少なくなってしまいますが…。
 逆に言うと、敵のマップ兵器も、より凶悪になっているというコト!
 私なんかも、いきなり敵増援で出てきたディバリウムのマップ兵器をくらって、
 4小隊ほど、まとめて消されてしまいました(泣)!
 コイツのマップ兵器は、ジュドーやイサムでも避けきれないほど命中が高く、
 おまけにクリティカルしまくりで、5000ダメージを均等に与えてくるのです。
 「脱力」で封じられるケースも多いので、今回も「脱力」持ちは重宝しますね。
●使いやすい、オススメ・マップ兵器
 自軍のマップ兵器で使いやすいのは、ダントツでテレキネシスミサイル!
 移動後に使えて、敵味方を判別してくれるスグレモノだ。
 範囲の大きさと威力では、イデオン。Gクラッシャーやゴッドボイスも強烈。
 「覚醒」持ちを小隊員にすれば、使いやすさも大幅にアップ♪
敵の
行動パターン
戦艦や修理&補給ユニットは狙われやすいです!あとは、コンバトラーなどの
運動性の低いユニット、νガンダムのような運動性の高いユニットもターゲットに
なりやすいかな。イデオンも良く狙われるので、ゲージ上げに利用しましょう。
私の場合、なぜかトロワのヘビーアームズが良く狙われた記憶がありますね。
主人公とか、特定のユニットが狙われるケースも多いです。こういった場合は、
あまりマップ兵器も使ってこないので助かりますが、通常は複数の小隊が射程
内に固まるとマップ兵器を撃ってきますので、ユニットの配置に注意しましょう。
シナリオ攻略
復活する敵で
荒稼ぎ
時々、イベントの関係で、倒しても無限に復活する敵が存在します。
こういう敵を何度も倒して、資金や経験値、PPや撃墜数を稼ぎましょう♪
ボス級の強敵が多いですが、以下にオススメのケースを挙げておきます。
●第47話「ヒトの見た夢」…ドミニオン
 HPの高い強敵だが、フレイのイベント前なら何度でも復活する。
 ゼンガーの合体攻撃などを利用して、倒しまくろう。
●第51話「終わらない明日へ」…デュエル&プロヴィデンス
 それぞれ、イベントが起こるまで何度でも復活する。
 プロヴィデンスは強敵だが、何度も倒しているうちにEN&弾切れになるので
 やがてPS装甲も無力化するだろう。「必中」や「感応」等がないと厳しいので、
 SPは温存しておきたい。イデオンソードが使えるとラクなので、イデゲージを
 上げて、コスモには援護攻撃を覚えさせておこう。
●第52話「世界の中心でアイを叫んだけもの」…EVA量産型
 前編の量産型は、何度でも復活する。あまり戦いやすい相手とは言えないが
 頑張れば、前編&後編合わせて100機以上撃墜することもできますヨ。
●第53話「出航!銀河殴りこみ艦隊!」…宇宙怪獣
 7ターンの間、無限に増殖する宇宙怪獣を退治するマップ。
 テレキネシスミサイルやホーミングレーザーを補給で撃ちまくれば、500以上
 の敵を撃墜できる。おかげでリュウセイが、あっと言う間に撃墜王に…!
難関の
シナリオ
●第48話「失われた者たちへの鎮魂歌」
 ムゲ帝王との最終決戦だが、終盤ではダリウスや闇の帝王などの大ボスが
 再生怪人のごとく大挙して現れる。単体でも手強い彼らを同時に相手にする
 ことになるので、全編を通してもかなり厳しいマップだ。
 しかも、序盤にもいきなり味方が敵になるイベントがあるので、デンジャラス!
 自軍のユニットやパイロットが敵に回って、しかも最強武器を容赦なく撃って
 くるので、武器を改造しているとかなりヤバイ。
 私なんかもダンクーガが敵に回って、ファイナル断空砲の一発でEVAが撃墜
 されました(怒)!文句なしに、本作の“イヤなイベント大賞”に決定〜!
 対策としては、イベントの直前にあらかじめ小隊長を修理ユニットなどの弱い
 ユニットにチェンジしておくことぐらいかな?
 まるで、「ドラクエ」でメダパニくらった混乱勇者にマダンテ使われた気分…。
要注意ユニット&強敵対策
ザコでも
イヤな敵
●マクロス7系のザコ
 バロータ兵の乗るザコメカだが、コイツが移動後に撃ってくるスピリチア吸収
 ビームは、気力ダウンのイヤな特殊効果を持つ。命中が高いので、リアル系
 でも回避しづらく、連続でくらうと気力がヘロヘロになってしまうのだ(泣)。
●ゴーストX−9
 攻撃は大したことないが、とにかく回避の鬼なので「必中」を消費させられる。
インチキな
ボス敵
●ムゲ・ゾルバドス
 ENも気力も要らない上に、精神禁止とかバリア貫通なんていう特殊効果まで
 持つインチキ武器をガンガン撃ってくる。こういうEN切れとか「脱力」が効果
 のない、弱点ナシのインチキボスは、ただの力押し勝負になってしまうので、
 正直言って攻略的な面白みがない。ただ、疲れるだけだ。
お楽しみ要素
特殊な
対戦セリフを
楽しもう♪
原作がらみのライバルや声優ネタで、面白い対決セリフを聞くことができます。
以下に、私の見つけたオススメの対決を幾つか挙げておきますね♪
●ドミニオンVSガオガイガー
 明らかに声優ネタ。ドミニオンはナタルとアズラエルの掛け合いが素晴らしく、
 数少ない敵サイドの掛け合いが楽しめる。
 ガオガイガーと戦うと、「あのライオンロボを何とかしろよ!」や「あのライオン
 ロボ、何となく気に入りませんねェ!」などの名(迷)セリフを言う。必聴!
 他にも、敵の掛け合いとして、遊星主(ピア・デケム)などがある。
●SEED系ガンダムVSウイングゼロ(ヒイロ)
 バスターやデュエルとヒイロが戦うと、「攻撃目標○○○○、破壊する!」など
 といった、相手指定型のカッコイイ特殊対戦セリフが聞ける。
●ガンダム系VS鋼鉄ジーグ
 前作でもあった声優ネタ。「いくぞガンダム!鋼鉄ジーグが相手だ!」(笑)。
●VS宇宙怪獣
 ノリコ達はもちろん、洸や凱、甲児なんかもいつもと違うセリフをしゃべる。
 相手の宇宙怪獣は吠えるだけなので、ちょっとツマラナイが…。
●オリジナル系
 主人公やリュウセイ、ヴィレッタ、ゼンガーたちは、オリジナル系の敵に対して
 特殊セリフが多い。バランやキャリコなど、名前のあるパイロットと戦わせると
 お互いを名指しで攻撃したりするので、ドラマチックな戦闘が楽しめるゾ♪
●仲良しコンビの援護
 原作の仲間同士や、声優ネタで、援護(攻撃&防御)の特殊セリフがある。
 ウイングガンダム系やマジンガー系など、同チーム内で頻繁に発生する。
 特に新録のSEED系が賑やかで、キラはアムロたちにもご指名で援護♪
 マリューなどは、EVAを名指しで援護してくれるゾ(声優ネタ)!
●エツィーラ
 楽しそうに戦うオバ…オネイサン(笑)。相手がフォッカーとかだと「ムサイ男と
 戦うのはイヤ!」とか言って、少年相手だと「坊や、お姉さんが遊んでアゲル」
 とか言う。なんとなく、あのサフィーネを思い出させるノリだ♪
BGM ●戦闘BGMを、お気に入りの曲にコーディネイト♪
 本作では、各ユニットの戦闘曲を、自分の好きな曲にチェンジできる。
 一部のボス戦以外なら有効なので、いろいろ試してみよう。
 私は、ガオガイガーに“ファイナル・フュージョン”の曲をアテてました♪
●お気に入りの曲&気になる曲
 ジーグの曲が、ED用の“宙のテーマ”になったのが、カッコ良かったです。
 ライディーンとかも、“おれは洸だ”にしてくれないかなぁ…。
 ゲッターの曲も、そろそろ変えた方がいいんじゃない?
 SEED系のOPアレンジは華やかすぎて、戦闘には向いてない気がしました。
 一番インパクトあったのは、やっぱり“バラン・ドバンの歌(?)”…カナ(笑)?
グラフィック ●オープニングCG
 旧作と比べると、格段に長くて見ごたえがあり、ドラマも感じさせます。
 本編クライマックスの一部という感じかな?
●戦闘アニメ
 「第2次α」の流用が基本ですが、新参入組はもちろん、続投メンバーのカット
 インや戦闘アニメにも新作が多く見られます。特に、トドメをさした場合に勝利
 のポーズ(?)みたいなのが追加されているパターンが面白いですね。
 ジーグ(マッハドリル)やライディーン(ゴッドバード・ゴッドボイス)など、必殺技
 で倒した時に多いみたいなので、色々な武器を使って探してみましょう♪
トップへもどる
第3次・ス−パーロボット大戦α
2006年5月29日(月)
1周目“クスハ編”をクリア!2周目は、クォヴレーで挑戦だァ〜!
遅まきながら、攻略本を見ながらの「第3次α」…1周目プレイを終了しました。
モチロン、今回も“クスハ編”から始めました。シリーズ主人公としては最多出演だし、たぶん
「α」シリーズの顔といえる主人公キャラではないでしょうか?
2人分のSP、変形機能…と、4人の主人公の中でも一番使いやすいと思いますし…。
1周目は引継ぎボーナスもないので、まずはクスハで始めるのが私的にはオススメですネ♪
今回も全60話構成と長く、4人の主人公を全てプレイするとなると、かなり先は長いですが、
まずは1回クリアした時点のプレイ感覚などを、第一報としてお届けしたいと思います。
また、別の主人公やルートをクリアしたら、感想等を更新しますので、よろしくお願いします。