プロフィール

みずほフィルハーモニーは、みずほフィナンシャルグループの社員および関係者を中心とするオーケストラです。

団長挨拶

※工事中です


指揮者のご紹介

時任 康文 先生

武蔵野音楽大学器楽科卒業後、東京音楽大学指揮科に学ぶ。
指揮を紙谷一衛、汐澤安彦、両氏に師事。
在学中より二期会、日生劇場、ヘネシーオペラシリーズのオペラ公演を中心に、音楽スタッフ、及び合唱指揮者として参加、小澤征爾氏、秋山和慶氏、若杉弘氏、佐藤功太郎氏、松井和彦氏、等のアシスタントを務めた。

1990年「東京の夏」音楽祭に於いて、カールマンのオペレッタ「チャールダッシュの女王」を指揮してデビュー。その後、数々のオペラ団体と共に、「フィガロの結婚」「ドン ジョヴァンニ」「コジ ファン トゥッテ」「魔笛」「愛の妙薬」「椿姫」「リゴレット」「運命の力」「シモン・ボッカネグラ」「蝶々夫人」「カルメン」「ヘンゼルとグレーテル」「夕鶴」「泣いた赤鬼」「メリー・ウイドー」等を指揮した。

オーケストラヘの客演も多く、東京交響楽団、東京フィルハーモ二-、日本フィルハーモニー、新日本フィルハーモニー、新星日本交響楽団、東京シティーフィル、名古屋フィルハーモニー、大阪センチュリー交響楽団、ニューフィル千葉、東京佼成ウインドオーケストラ、大阪市音楽団等を指揮し好評を博す。

平成8年文化庁派遣芸術家在外研修員としてイタリアに留学。イタリアオペラの巨匠ネッロ・サンティ氏のアシスタントとして、チューリッヒ歌劇場、アレーナ・ディ・ヴェローナ、メトロポリタン歌劇場、サンフランシスコ歌劇場等に同行、研鑽を積んだ。

2001年にはウズペキスタン、カザフスタンに於いて、團伊玖磨作曲オペラ「夕鶴」を指揮。2002年2月には、新国立劇場小劇場シリーズでカール・オルフのオペラ「賢い女」を指揮し好評を博した。2002年9月には東京オペラプロデュース公演のヴォーン・ウイリアムス作曲のオペラ「恋するサー・ジョン」の本邦初演を新国立劇場中劇場で指揮。2004年にはオッフェンバック作曲オペラ・ブーフ「天国と地獄」の原語(仏語)での日本初演を、また2005年7月にはマルシュナー作曲、オペラ「ヴァンパイア」(吸血鬼)を新国立劇場中劇場にて本邦初演を指揮した。
2007年1月には新国立劇場中劇場にてシャルパンティエのオペラ「ルイーズ」原語初演を指揮した。

現在、東京音楽大学、及び武蔵野音楽大学講師。二期会オペラ研修所講師。


小田野 宏之 先生

横浜生まれ。1980年東京芸術大学音楽学部指揮科卒業。1983年同大学大学院音楽研究科修了。
大学在学中、指揮法を金子登、渡邉暁雄、ピアノを水谷達夫、フルートを川崎優の各氏に師事。1983年より1985年まで、国際ロータリー財団奨学生としてウィーン国立音楽大学へ留学。指揮法を O.スウィトナー、ピアノを R.ハインツェ、オペラ伴奏法を H.ゲルツの各氏に師事し、研鑽を積む。

1982年第17回民音コンクール指揮の部第3位入賞、同時に「斎藤秀雄賞」受賞。
1984年オランダで行われた第1回キリル・コンドラシン国際指揮者コンクールに於いて第2位入賞。アムステルダムのコンセルトヘボウ大ホールに於いてオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団を指揮してヨーロッパにデビューを飾る。
留学中よりオランダ放送交響楽団、オランダ放送室内管弦楽団にたびたび客演し、演奏会のほか放送用の公開録画・録音を数多く指揮。また1986年2月には北オランダのフリスク管弦楽団定期演奏会に日本人として初めて登場し、成功を収めた。

国内では全国各地の主要オーケストラを指揮するほか、1985年より1988年まで牧阿佐美バレエ団指揮者として全ての公演を指揮する。また1991年には横浜でモーツァルトのオペラ コシ・ファン・トゥッテを指揮し、バレエ、オペラの分野でも高い評価を得ている。
吹奏楽では東京佼成ウインドオーケストラとの共演も多く、定期演奏会の指揮をはじめ、
特に邦人作品のCDは各方面より絶賛されている。
1989年大阪センチュリー交響楽団設立の際は、楽員オーディションの審査やオーケストラのトレーニングに尽力し、同交響楽団指揮者として1992年3月まで活動。
1995年より2002年まで広島交響楽団正指揮者をつとめ、定期演奏会をはじめさまざまな演奏会を数多く指揮し、広島交響楽団の発展に大きく寄与した。
2002年9月にはNHK交響楽団定期演奏会に合唱指揮者として参加、シャルル・デュトワ指揮によるシマノフスキーのスターバト・マーテルとオペラロジェ王の本邦初演を大成功に導いた。

上記の他これまでに札幌交響楽団、群馬交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団などに客演。その誠実な指揮ぶりと豊かな音楽性は高く評価されている。
大阪音楽大学特任教授及び東京芸術大学非常勤講師として、後進の指導にもあたっている。

みずほフィルとは、2002年1月の第3回から2005年1月の第7回まで、途中2003年7月の第九特別演奏会を含めた計6回の演奏会にご指導いただき、オーケストラとして音楽面の基礎作りに多大なご尽力をいただきました。それから4年、2009年7月の第16回定期演奏会に久々のご指導いただくこととなりました。


冨平 恭平 先生

東京生まれ。東京芸術大学音楽学部指揮科卒業。これまでに指揮を高関健、田中良和、小田野宏之、ピアノを安芸彊子、迫昭嘉、秦はるひの各氏に師事。

現在、群馬県の移動音楽教室にて群馬交響楽団を指揮している。また2003年には東京シティーフィルハーモニック管弦楽団を指揮。また数多くのアマチュアオーケストラでも演奏会を行っている。オペラでの活動が多く、東京二期会、新国立劇場、藤原歌劇団、錦織健プロデュース、日生劇場などでの公演で副指揮者、合唱指揮者、コレペティトゥア、ピアニスト、プロンプターなどオペラに関わるあらゆる仕事をつとめている。自身でも杉並区民オペラにて「こうもり」を指揮している。

今までに関わった主な作品は「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「コジ・ファン・トゥッテ」「後宮からの逃走」「魔笛」「皇帝ティトゥスの慈悲」「ルル(クーラウ)」「セヴィリアの理髪師」「愛の妙薬」「ルクレツィア・ボルジア」「カプレーティとモンテッキ」「パルジファル」「椿姫」「トロヴァトーレ」「仮面舞踏会」「運命の力」「ファルスタッフ」「ラ・ボエーム」「蝶々夫人」「こうもり」「カルメン」「アドリアーナ・ルクヴルール」「ヘンゼルとグレーテル」「小さな煙突掃除屋さん」「イェヌーファ」「ルル(ベルク)」「ペレアスとメリザンド」「ダフネ」「バラの騎士」「ナクソス島のアリアドネ」「夕鶴」「アラジンと魔法のランプ」「泣いた赤鬼」「不思議の国のアリス」「白鳥」「愛怨」など。古典派から現代物、イタリア・ドイツ・フランス・日本物など様々なオペラの制作に携わっている。2007年10月には急遽代役にてクーラウ作曲のオペラ「魔法の竪琴」の日本初演を指揮。

現在東京二期会専属音楽スタッフとしてオペラの制作に携わり、また東京藝術大学大学院オペラ科非常勤講師としてオペラの指導も行っている。


森口 真司 先生

大阪府出身。京都大学文学部を経て1995年東京藝術大学指揮科大学院修了。指揮法を田中良和、遠藤雅古、フランシス・トラヴィス、若杉弘、岩城宏之の各氏に師事する。大学院修了すぐプラハの春国際音楽コンクール指揮部門に於いて第3位受賞(1位なし)、同時にプラハの春国際音楽祭に出演しプラハ放送交響楽団を指揮、その模様は東京FMで放送された。以降、東京フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、札幌交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団など全国各地のオーケストラに客演。2002年より東京混声合唱団コンダクター・イン・レジデンスを務める。

また岩城宏之氏に認められ、2003年から2年間オーケストラ・アンサンブル金沢の専属指揮者を務めた。在任中は定期公演、オーストリア・ベルギー公演、七尾市定期公演、邦楽とのジョイントコンサート(石川県立音楽堂委嘱作品、多田栄一作曲「時の果てまで」初演)、テレビ金沢開局15周年記念演奏会等、数多くの重要な演奏会で成功を収め、堀米ゆず子、リディア・バイチュ(ヴァイオリン)、ルドヴィート・カンタ(チェロ)、崔岩光(ソプラノ)、森山良子、加藤登紀子、山本邦山(尺八 人間国宝)など多彩なソリストと共演した。

オペラ指揮者としてこれまで30を超す作品を100回近く指揮し、最近では大田区民オペラベッリーニ「ノルマ」(タイトルロール林康子氏)、モーツァルト劇場オッフェンバック「りんご娘」(日本初演)「シュフルーリ氏の音楽会」が各方面から絶賛されるなど充実した活動が続いている。また東京二期会を中心に若杉弘、飯守泰次郎、佐藤功太郎、クラウス・ペーター・フロール、エド・デ・ワールト、ペーター・コンヴィチュニー、宮本亜門ら著名な指揮者・演出家のもと、ヤナーチェク「イェヌーファ」ワーグナー「さまよえるオランダ人」モーツァルト「皇帝ティトゥスの慈悲」「魔笛」リヒャルト・シュトラウス「ダナエの愛」(日本初演)「ダフネ」(日本初演)など数多くの公演に合唱指揮者として参加、その手腕は極めて高く評価されている。

東京藝術大学、二期会オペラ研修所講師等を経て現在大分県立芸術文化短期大学准教授として後進の指導にもあたっている。

長田 雅人 先生

山梨県甲府市生まれ。東京音楽大学を経て、桐朋学園大学において指揮を学ぶ。指揮法を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、紙谷一衛、オラフ・コッホの各氏に、ピアノを森田桂子、佐瀬道子、霧生雅江、音楽理論を有馬礼子、ファゴットを霧生吉秀、菅原眸の各氏に師事。
在学中より東京室内歌劇場、NHK制作テレビオペラ、JMJ等において副指揮者として研鑚を積み、ボリショイ歌劇場日本公演、ウィーン国立歌劇場日本公演の日本側スタッフとしても参加した。
1990年よりウィーンに留学。ミュルツツーシュラーク(オーストリア)において開かれたマスタークラス『20世紀の音楽』に参加。R・シューマッヒャー氏に師事し、ミュルツタラーカンマーアンサンブルを指揮。ウィーンで開かれたマスターコースにおいてはK・エスタライヒャー教授に師事した。
1991年帰国以来、青少年音楽祭JMJマンドリンオーケストラ、東京室内歌劇場、仙台フィルハーモニー、札幌交響楽団を指揮。東京室内歌劇場においては、これまでに若杉弘氏のアシスタントを務めた他、「魔笛」、「ロング・クリスマス・ディナー」等の公演を指揮。また、なかにし礼氏による脚本、演出、三木稔氏作曲、オペラ「ワカヒメ」、「静と義経」の世界初演の副指揮者を務める。
1994年3月、フランスのドゥーエ市において開かれた「第8回若い音楽家のための国際コンクール・指揮部門(審査委員長/ジョルジュ・プレートル氏)」において入賞。
これまで札幌交響楽団、仙台フィルハーモニーをはじめ、熊本交響楽団、KTS(鹿児島テレビ)室内オーケストラ等、各地のオーケストラを指揮。また、1995年よりミュージカルの活動も加え、東宝制作ミュージカル「シー・ラヴズ・ミー」の日本初演以来1998年までの、帝国劇場、中日劇場、飛天、青山劇場の全公演を指揮。1999年3月、4月、東宝制作ミュージカル「南太平洋」青山劇場での全公演を指揮した。また、2001年3月、山梨県増穂町においてオペラ「智恵子抄」を指揮した。

2003年12月、ラトビア女性作曲家ルーツィア・ガルータ作曲、カンタータ「主よ、あなたの大地は燃えている」を品川教会にて日本初演(合唱・コリス・ゼメス)。2004年2月1日、作曲家伊福部昭氏文化功労者顕彰祝賀コンサートにおいて、芥川也寸志メモリアル オーケストラ・ニッポニカを指揮した。
1993年より世田谷フィルハーモニーの副指揮者を務め、1998年4月より音楽監督に就任。ショスタコーヴィチの全交響曲に取り組み、演奏会プログラムをショスタコーヴィチの作品で並べるオーケストラ・ダスビダーニャにおいては、1993年の第1回公演より全公演の指揮を務めている。そのほかに、相模女子大学管弦楽団指揮者、なごや歌劇団音楽監督、東京アカデミー合唱団指導者、昭和女子大学オープンカレッジ講師等を務める。